キャンディ (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キャンディ』(Candy)は、マックスウェル・ケントンとメイソン・ホッフェンバーグが書いた小説で、1958年パリのオリンピア・プレス (Olympia Press) より出版された。マックスウェル・ケントンというのはテリー・サザーン(「博士の異常な愛情」「イージー・ライダー」などの脚本家)の変名であり、ゴア・ヴィダルの『マイラ』と並んで1960年代の奇書といわれている。

この小説はヴォルテールの『カンディード』を土台にしたもので、キャンディという少女の破瓜に至るまでの性的遍歴を、毒のあるユーモアを交えながらスラップスティックコメディさながら冷笑的に描いている。出版社が悪名高いポルノ本の版元であるため、フランスで発行された英語の小説であるにもかかわらず、青少年に悪影響を与えるとして発禁処分を受けた(度重なる発禁処分をめぐってド・ゴール政府と抗争状態にあった発行者のモーリス・ジロディアスは、『ロリポップ』と改題して発売した)。

米国では1964年になって、大手出版社のパトナムからテリー・サザーン名義で出版され、ベストセラーになった。日本語版は1965年6月に稲葉明雄の翻訳で早川書房から出版されたが、早々に発禁絶版となり、入手し難い本のひとつである。また、1964年6月にオリンピア・プレス版の翻訳として浪速書房より清水正二郎または磯村謙(いずれも胡桃沢耕史の変名)訳によりマックスウェル・ケントン名義で発行されたものもあり、テリー・サザーン名義のものと内容が若干異なっている。現在はテリー・サザーン名義の高杉麟訳による角川書店版(1970年10月に角川文庫から発行されたものを改訳)が発行されている。

映画化[編集]

1968年に、クリスチャン・マルカン監督で『キャンディ』として映画化された。主演のキャンディ役は当時は無名新人のエヴァ・アウリン(エヴァ・オーリン)だが、脇役にはマーロン・ブランドリチャード・バートンリンゴ・スタージェームズ・コバーンウォルター・マッソーシャルル・アズナブールアニタ・パレンバーグなど豪華な顔ぶれが出演している。ただ、映画の方は公開当時、豪華キャストの共演で話題になりながらも「あまりにもセックスシーンが多すぎる」と評論家から酷評された。テリー・サザーンは映画化にあたり、初めは協力的だったが、キャンディ役がスウェーデン娘に決まってからは、手を引いたという(ジョン・ディ・セイント・ジョア「オリンピア・プレス物語」河出書房新社刊による) 。

なお、この映画は日本では1970年の初公開以来、長らく上映・ビデオ化されず、幻のカルト映画として語り継がれていたが、2003年にリバイバル上映され、角川書店版の改訳の刊行、DVD化などで話題になった。映画のサントラ盤レコードもカルト名盤として評価が高いが、未だCD化されず高値が付いたままである。