キャロル・スローン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャロル・スローン (Carol Sloane)
基本情報
出生名 Carol Sloane
出生 1937年3月5日(77歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 ロードアイランド州 プロビデンス
ジャンル ジャズ
職業 歌手
担当楽器 ボーカル

キャロル・スローン(Carol Sloane, 1937年3月5日 – )は、アメリカ合衆国の女性ジャズ歌手。1970年代に一時期ノースカロライナ州ローリーの法律事務所で秘書を務めた[1]

略歴[編集]

ロードアイランド州プロビデンスの出身で、14歳のときにエド・ドリュー楽団と地元で共演したのを機に、プロとして芸能活動に入る。1958年にはエルガート兄弟の楽団と共演した際、ラリー・エルガートの助言で芸名に変え、キャロル・モーヴァン(Carol Morvan)と名乗っている。1961年ランバート、ヘンドリックス&ロスニューヨークヴィレッジ・ヴァンガードコンサートを行なったとき、アニー・ロスの代役を務めた。同年のニューポート・ジャズ・フェスティバルにおける成功から、コロムビア・レコードと契約し、アルバムを出す[2]。しかしながら彼女は、巨大レーベルが自分の温かで心安らぐフレージングを認めようとせず、バーブラ・ストライザンドの亜流と見られていると悟った。1960年代の初頭に一連のアルバムが録音されたが、現在これらの音源は廃盤である。

1970年代にしばらく活動が低迷したが、1980年代に活動を再開させ、円熟したジャズ・シンガーに成長した。コンテンポラリー・レコードやコンコード・レコード、ハイ・ノートなどの弱小レーベルと契約して録音し、その後もアート・ファーマールーファス・リードケニー・バーロンフィル・ウッズスティーヴ・テュレーフランク・ウェスらのジャズ・ミュージシャンと共演した。最近は主に日本で演奏活動を行い安定したファン層を獲得し、さらに米国北東部やニューヨークでも活動を続けている。

1986年にバック・スパー(Buck Spurr)と結婚した[3]

註釈[編集]

  1. ^ Down Beat Artist's profile
  2. ^ All Music
  3. ^ All About Jazz

外部リンク[編集]