キャロル・キッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャロル・キッド
Carol Kidd
基本情報
出生 1945年10月19日(68歳)[1]
出身地 スコットランドの旗 スコットランド グラスゴー
ジャンル ジャズ
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
レーベル Linn Record
公式サイト www.carolkidd.com

キャロル・キッド英語: Carol Kidd MBE 1945年10月19日[1] - )は、スコットランド人ジャズ・シンガー

来歴[編集]

キッドは3人の子育てを行いながらホテル運営しており、その副業として歌手活動を始めている。1970年代にヴィブラフォン、ジャズサクソフォーン奏者であるジミー・フェイゲン率いるバンドのボーカリストとして目立つようになる[2]1990年にプロボーカリストとしての活動を始めており、フランク・シナトラの招待によりアイブロックス・スタジアムで行われたコンサートに登場している。その後、ロンドンにあるジャズ・クラブロニー・スコッツ・クラブ」やエディンバラでの国際ジャズフェスティバルなどへの出演が続いた。同年リンレコードと契約し、後に大賞を受賞する事となるデビューアルバム『The Night We Called It a Day』をリリースしている[3]

キッドはその後も精力的にパフォーマンスを行い、アルバムなどを発表した結果、ブリティッシュ・ジャズアワードにおいて数々の賞を受賞している[4]1998年にはその功績から大英帝国勲章「MBE」を授与されている[5]2003年には配偶者と死別している[1]

ディスコグラフィー[編集]

  • The Night we called it a day(1990年)
  • I'm glad we met(1991年)
  • When I dream(1992年)
  • Crazy for Gershwin(1994年)
  • That's me(1995年)
  • The Best of Carol Kidd Vol. 1(1995年)
  • The Best of Carol Kidd Vol. 2(1995年)
  • Carol Kidd(1998年)
  • Nice work(1998年)
  • All my tomorrows(1998年)
  • A Place in My Heart(1999年)
  • I'm glad we met(2000年)
  • The Night we called it a day(2000年)
  • A Place in my heart(2001年)
  • Debut(2004年)SACD
  • All my tomorrows(2004年)SACD
  • Nice work(2004年)SACD
  • Dreamsville(2008年)SACD
  • Tell Me Once Again(2011年)SACD

脚注[編集]

  1. ^ a b c “Biography for Carol Kidd”. IMDb. http://www.imdb.com/name/nm1535171/bio 2011年11月11日閲覧。 
  2. ^ Jimmy Feighan”. The Herald (1994年4月11日). 2011年3月5日閲覧。
  3. ^ Ditzel, Eleanor. “Carol Kidd: Biography”. Allmusic. 2012年7月15日閲覧。
  4. ^ Kerr, Alison (2010年6月14日). “Meeting Carol Kidd, the “best kept secret in British Jazz””. Herald Scotland. 2011年7月2日閲覧。
  5. ^ Kerr, Alison (1998年11月16日). “Face of the day”. The Herald. 2010年11月14日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]