キャメルケース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャメルケースの例(シンガポールのマクドナルド店舗)

キャメルケース: camelcase)は、複合語をひと綴りとして、要素語の最初を大文字で書き表すことをいう。キャメルケースとは、大文字が「らくだのこぶ」のように見えることからの命名である。

別名、バイキャピタライゼーション[1]インターキャプス[2]ミックストケース[3]ともいう。一部、日本語訳してキャメル記法キャメル方式と表現されることもある。

キャメルケースの種類[編集]

名称 表記例 備考
アッパーキャメルケース(UCC[4])、またはパスカルケース[5] GetInputReader 複合語の先頭を、大文字で書き始める。
ローワーキャメルケース(LCC[6])、またはキャメルケース getInputReader 複合語の先頭を、小文字で書き始める。

用途[編集]

CamelCase

コンピュータープログラミングにおいて、識別子命名規則として用いられることがある。プログラミング言語の多くでは、ひとつづりをひとつの識別子として扱うため、ひとつの識別子がスペースを含んでいることはできない。

このため、複合語をひとつのプログラム要素としたいときには「getinputreader」のように直接連結することが考えられた。しかし、直接連結しては可読性を欠くため、後続の語の最初を大文字とすることが行われた[7]

初期のウィキにおいて、キャメルケースを用いた語をリンクとするという方法が用いられていた。現在では、たとえば MediaWiki が「[[」と「]]」を用いてリンクを表しているように、キャメルケースによるリンクを用いない方法が多く用いられている。

元を正せば、キャメルケースは複合語から成る人名に多く使われてきた。McDonaldマクドナルド[8]などは日本語話者にもなじみ深くなったものの内のひとつである。近年のキャメルケースで、日本語話者が日常生活の中で目にするものには、商品名が多い。PlayStationBlackBerry などがその例である。

その他の綴り方[編集]

名称 表記例 備考
スネークケース quoted_printable_encode[9] アンダースコア_)を区切記号として単語をつなげる。
チェインケース Get-Process[10]
call-with-current-continuation[11]
ハイフン-)を区切記号として単語をつなげる。

脚注[編集]

  1. ^ : bi-capitalization
  2. ^ : intercaps
  3. ^ : mixed-case
  4. ^ : upper-camelcase
  5. ^ : pascal-case
  6. ^ : lower-camelcase
  7. ^ ただし、キャメルケースも可読性を損うとして嫌う人も多い。例えばストロヴストルップI prefer to use underscores to separate words in an identifier (e.g, element_count) rather than alternatives, such as elementCount and ElementCount.
  8. ^ Mc」はゲール語で息子を意味する語であり、McDonald はドナルドの息子という意味の複合語である。
  9. ^ PHP 言語の関数。
  10. ^ Windows PowerShell のコマンド。
  11. ^ Scheme 言語の組み込み関数。

関連項目[編集]