キャフタ条約 (1727年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キャフタ条約中国語: 布連斯奇條約ロシア語: Кяхтинский договор)は、1727年清朝ロシア帝国の間で締結された条約。それまで未確定だった外モンゴルにおける支配領域を画定した。

概要[編集]

既に清朝とロシアの間では、1689年ネルチンスク条約が締結され、スタノヴォイ山脈アルグン川を境として両国の支配領域を確認していた。

その後、雍正帝の時代に外モンゴルにまで勢力を伸張させたことで、再び条約を結び勢力範囲を確認する必要が生じた。そのため、キャフタ(現・ロシア連邦のブリヤート共和国に位置する都市)において、1727年にキャフタ条約が締結された。

この条約で勢力範囲の確認が行われたほか、通商・逃亡者の相互引き渡しなどについても定められた。公式な条文はロシア語満洲語ラテン語(キリスト教聖職者が通訳として交渉を助けたため)の3言語で作成され、公式な中国語版は作成されなかった。また、キャフタ条約やその後の対ロシア交渉は理藩院の管轄であり、清朝内部では伝統的な朝貢秩序の枠内で対ロシア関係が処理されていた。

この条約当時までは大清帝国がロシア帝国に優越していたが、後の嘉慶帝以降の時代には清朝も衰えが隠せず、アイグン条約によりほぼ現在の中露国境が確定している。

関連項目[編集]