キャニオン・ディアブロ隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャニオン・ディアブロ隕石

キャニオン・ディアブロ隕石(キャニオン・ディアブロいんせき、Canyon Diablo meteorite)はアメリカ・アリゾナ州バリンジャー・クレーターを作った隕石の破片の1つと考えられている隕石で、1891年にクレーターから西に5~6km離れたディアブロ峡谷で発見された。

15万年前から500万年前の間に地球に衝突しバリンジャー・クレーターを作った元の隕石は25mから30mの大きさで重量は数十万トンあったと見積もられているが、発見されている隕石の総重量は30トンである。

隕石の化学成分は91.6%、ニッケル7.1%、炭素1%、微量の硫黄リンガリウムゲルマニウムが含まれ、オクタヘドライトに分類される。日本を含む各国の博物館サンプルを見ることができる。

キャニオン・ディアブロ隕石から初めて発見された鉱物に「ロンズデーライト」(Lonsdaleite C)、「モアッサン石」(Moissanite SiC)、「ハクソン鉱」(Haxonite (Fe,Ni)23C6)、「クリノフ石」(Krinovite Na2Mg4Cr3+2[O2|Si6O18])がある。

外部リンク[編集]