キャッスルヴァニア (プレイステーション2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャッスルヴァニア
ジャンル アクション
対応機種 プレイステーション2
開発元 コナミコンピュータエンタテインメント東京
発売元 コナミ
人数 1人
メディア DVD-ROM
発売日 2003年11月27日
2006年3月2日(廉価版)
対象年齢 CERO: 15才以上
コンテンツ
アイコン
暴力
デバイス メモリーカード
テンプレートを表示

キャッスルヴァニア』(北米: Castlevania: Lament of Innocence、欧州: Castlevania)は、コナミから2003年11月27日に発売されたプレイステーション2用ソフトのアクションゲーム。

概要[編集]

プレイステーション2での悪魔城ドラキュラシリーズ1作目。『悪魔城ドラキュラ黙示録』『悪魔城ドラキュラ黙示録外伝 LEGEND OF CORNELL』に続くシリーズ3作目の3Dアクションとなっている。全7ステージであり、一度クリアしたステージにもまた戻って探索できるのでステージクリア型を基本とした探索型システムといえる。舞台は11世紀で、(2013年現在)年表上は最古の作品であり(シリーズ最古の時代の作品は「キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ」)、主人公はレオン・ベルモンドとなり、ヴァンパイアキラー誕生とヴァンパイアとの戦いの因縁が描かれる。

キャラクターデザイン・イラストレーションは小島文美。BGM作曲は山根ミチル。イメージキャラクターとしてタレントのソニンが起用され、プロモーションビデオやテレビCMなどで主人公レオンに扮して出演した。テレビCMなどでのキャッチコピーは「怒涛のムチ攻め」。鞭による多彩な攻撃アクションというのが本作の売りであった。限定版には複製原画、カレンダー、ゲーム中の楽曲を数曲収録したCDが付属している。

メイン武器は鞭だけで、オーブというアイテム組み合わせによるサブウェポンもあり、経験値によるレベル制ではないことや、ステージごとに攻略していくゲーム全体の構成により、クリアに必要最低限のアイテム取得や行動のみで進む場合、探索型に比べて同じ場所の反復往来や無駄な戦闘が少なく済み、かなり短時間でクリアできる。その点で本作は探索型よりも古来のステージクリア型に近い構成となっているのが特徴といえる。ステージ構成は、雑魚敵との戦闘の比重が大きく、トラップクリアの要素は控えめなため、地形のトラップ重視の初期悪魔城アクションよりも、敵を倒しつつ進んで行くいわゆるベルトスクロール形式のアクションゲームの感覚に近い。

ストーリー[編集]

11世紀後半、異教徒との戦いに力を注ぐ教会は騎士を強く信頼していた。そして騎士たちは神の平和を守る存在となった。そんな中、常勝とも言われる騎士団があった。レオン・ベルモンドという名の屈強な騎士の騎士団である。そしてその騎士団を支えた、教養が疎んじられる騎士社会において異彩を放つ天才戦術家マティアス・クロンクビスト。レオン、マティアスは互いに助け合い、騎士団の名を馳せていったのであった。

だが、突如として凱旋中のマティアスに悲報が届く。病床にあった最愛の妻エリザベータの死であった。悲しみに沈むマティアスは病床に伏せてしまう。しばらくして、レオンにも悲劇が襲った。領地に謎の怪物たちが出現するようになったのだ。教会に怪物退治の出兵を願い出て、許可を待ち続けていたレオンだったが、突如マティアスが現れ、謎の怪物たちは「永遠の夜」と呼ばれる森に居を構えるヴァンパイアの仕業であり、そのヴァンパイアがレオンの許婚であるサラを誘拐したと告げられる。それを聞いたレオンはサラを救うため、教会からの爵位を捨て「永遠の夜」に向かったのであった。

システム[編集]

  • 本作では従来のサイドビューから脱却した3人称視点となる。マップが切り替わる度にカメラ位置が変わる。
  • レベル制ではなく、敵を倒しても経験値はない。HPmaxアップやMPmaxアップなどでのステータス強化以外は、魔道器や武器でのみ強化できる。
  • 基本武器は鞭のみである。攻撃方法は鞭を使ったメイン攻撃と、サブウェポンやオーブなどの特殊武器とに分かれる。ゲームが進行すると鞭を使ったコンボや飛び蹴りなどの戦闘アクションも行え、移動操作にバリエーションが増える。
  • 本作でもサブウェポンや魔導器は引き続き登場する。MPやハートを消費する。サブウェポンにオーブを組み合わせる事で効果範囲や威力、消費コストが増減する。
  • 武器の属性やサブウェポンの相性などによって、敵に与えるダメージが増減する。敵に定められた弱点を突く事で攻略がより簡単になる。武器の属性は炎・氷・雷・聖。相性はサブウェポンの数だけある。
  • 敵の攻撃はガードで防げる。ただし、一部のボスが使う強力な攻撃はガード不可。敵の攻撃を直前にガードすると「パーフェクトガード」になり、これに成功すると全ての攻撃を防ぐ事ができ、MPが一定量回復するボーナスがつく。敵の特殊攻撃をガードする事でもMPは回復する。
  • アイテムの使用や装備の変更などは、メニュー画面を開かずアクション中に実行できる「リアルタイムウィンドウ」で行える。メニューを開いてアクションを静止する必要がないので、従来のアクションRPGと違ったリアルタイムの攻防が可能となる。また、オーブや魔導器の選択などを円滑に行うためのディスク状のカーソル「サークルウィンドウ」も用意されている。
  • ステージ上にある特定の障害物に向かって鞭を引っ掛けると、反動を利用してより遠くへジャンプする事が出来る。
  • アイテム類は城外でリナルドから買える。リナルドの元へはマジカルチケットを使えばいつでも戻れる。

武器[編集]

メインウェポン
  • 錬金術の鞭
  • 炎の鞭
  • 氷の鞭
  • 雷の鞭
  • ヴァンパイアキラー
サブウェポン
  • ナイフ
  • 十字架
  • 聖水
  • クリスタル

※オーブを組合せる事で攻撃が変化する

オーブ
  • レッドオーブ
  • ブルーオーブ
  • イエローオーブ
  • パープルオーブ
  • グリーンオーブ
  • ホワイトオーブ
  • ブラックオーブ


隠し要素・クリア後の追加要素[編集]

  • ヨアヒムモード
ヨアヒムを主人公にしたモード。自分の周囲に浮かぶ5本の剣とそれを用いた特殊攻撃を行う。レオンが鞭を使って移動したり特定の魔導器が必要な場所は普通の足場が用意されており、一部の敵の名称も変化する。
  • パンプキンモード
ヨアヒムモードをクリア後に使用できるモードで、謎のかぼちゃ型モンスターが主人公となる。基本的にはレオンと同じだが、メインウェポンはレオンが終盤にて手に入れるヴァンパイアキラー、サブウェポンは専用の武器であるかぼちゃ。
  • クレイジーモード
高難易度となったモード。

登場キャラクター[編集]

  • レオン・ベルモンド(声:神奈延年) - 本作の主人公。サラを救うため永遠の夜へ向かう。
  • サラ・トラントゥール(声:冬馬由美) - ヴァルターに捕えられた本作のヒロイン。
  • マティアス・クロンクビスト(声:風間信彦) - レオンにサラがヴァンパイアにさらわれたと告げる。
  • リナルド・ガンドルフィー(声:柴田秀勝) - 錬金術を用いた道具を生成する職人。ゲーム中でのアイテム屋。
  • ヴァルター・ベルンハルト(声:岸野幸正) - 戯れにサラを誘拐したヴァンパイア。永遠の夜の城(悪魔城)の主。
  • ヨアヒム・アルムスター(声:神谷浩史) - ヴァルターにヴァンパイアにされた人間。
  • サキュバス(声:北浜晴子) - ヴァルターの配下の夢魔。
  • メデューサ(声:北浜晴子) - ヴァルターの配下。永遠の夜の城(悪魔城)に棲む蛇頭の魔物。
  • 死神(声:佐藤正治) - あらゆる者の死を司る神。

ステージ[編集]

全7ステージで構成。最初に城入り口の冒頭チュートリアルをクリアし、その後5つのステージを順番は自由に選択して全てクリアすると、最終ステージ「魔天朧月宮」へと進む(下記表の選択制5ステージの順番は攻略本・サントラCDと同じ順で表記)。各ステージは最深部のボスを倒すことでクリアとなる。また「永久拷問牢獄」は強大なボスのみから成る短い自由攻略ステージである。

各ステージはフロア(部屋)構成になっており、ある程度の広さのフロア同士が扉や通路でつながっている。ステージ内で連動している仕掛けもあり、全てのスイッチを作動させたり、特定のアイテムを入手するなどの条件を揃えないと進めない場所も存在する。フロアによっては出入り口が防がれ、フロア内の全ての敵を倒さなければ進めない場所もある。ステージの最深部にはボスのいるドクロマークの赤い扉がある。

Stage BGM 中ボス ボス
城入り口 黒き深淵への序章 - -
反魂秘術研究棟 反魂秘術研究棟 フレイムエレメンタル ゴーレム
刻忘れし庭園 刻忘れし庭園 サンダーエレメンタル メディウサ
霧の夜景画
聖骸共鳴院 聖骸共鳴院 - アンデッドパラサイト
闇に魅せられし彫像
地下瀑布迷宮 地下瀑布迷宮 ドッペルゲンガー[1] ヨアヒム[2]
フロストエレメンタル
喝采なき奏楽堂 喝采なき奏楽堂 - サキュバス
夢魔のアリア
魔天朧月宮 魔天朧月宮 ドッペルゲンガー[1] ヴァルター
真実の嘆き 死神
永久拷問牢獄 - - 忘れ去られし者

関連商品[編集]

  • CD「キャッスルヴァニア オリジナルサウンドトラック」
  • 攻略本「キャッスルヴァニア 公式攻略ガイド」
  • 攻略本「キャッスルヴァニア 公式ガイドブック」
  • 攻略本「キャッスルヴァニア コナミ公式パーフェクトガイド」

コミック[編集]

本作のデジタルコミックが携帯電話にて『悪魔城ドラキュラ -ラメント オブ イノセンス-』というタイトルでコナミのサイトで配信された。毎週金曜日配信、2007年2月2日 - 6月29日第1部21話、11月9日 - 2008年4月11日第2部42話。原作:秋月弓、漫画:榊田紅尾。ゲーム版のストーリーを補完する内容であり、リーザというオリジナルキャラなども登場する。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b ヨアヒム、パンプキンモードでの名称はレオンフェイク。
  2. ^ ヨアヒムモードでの名称はドッペルゲンガー。

外部リンク[編集]