キャッシュキャブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cash Cab
フォーマット クイズ番組
製作者 アダム・ウッド
出演者 ジョン・ムーディー
ナレーター Annabel Raftery
イギリス
シリーズ数 2
製作
プロデューサー Lion TV
放送時間 30分
放送
放送局 ITV
映像 16:9
放送期間 2005年6月13日 – 2006年

キャッシュキャブ』(Cash Cab)は、ITVで放送されたクイズ番組。初回放送は2005年。制作はライオン・テレビジョン。

概要[編集]

とあるタクシーに乗りながらクイズに正解し目的地までたどり着けば賞金が獲得できる。ただし、3問不正解で強制下車させられる。

アメリカでは、ディスカバリーチャンネルで放送され、2008年にデイタイム・エミー賞クイズ番組作品賞を受賞した。

日本では2008年3月8日、7月5日、9月7日にフジテレビで放送され、12月2日に初のゴールデンタイムの番組として放送される。

その他、世界70カ国以上でフォーマット化し、放送されている。

日本版のルール[編集]

  • 司会進行はくりぃむしちゅー上田晋也有田哲平)(1~3は伊藤利尋(フジテレビアナウンサー))。
  • 賞金は1から3と4で異なる。
    • 1から3では最初は1問正解ごとに1,000円ずつ加算される。5,000円まで到達すればそこから先は1問ごとの賞金が5,000円にアップ。さらに3万円まで到達すればそこから先は1問正解ごとに1万円ずつ加算にアップ。
    • 4では以下のように賞金が決められている。
正解数 賞金
15 ¥500,000
14 ¥450,000
13 ¥400,000
12 ¥350,000
11 ¥300,000
10 ¥250,000
9 ¥200,000
8 ¥170,000
7 ¥140,000
6 ¥110,000
5 ¥80,000
4 ¥60,000
3 ¥40,000
2 ¥20,000
1 ¥10,000
  • 答えに詰まった場合、レスキューチャンスという形で助けを求めることができる(クイズ$ミリオネアのライフラインに当たる)。
    • 1から3では、通行人に1分間質問ができる「アスキングチャンス」、好きな相手に携帯電話で質問できる「テレフォンチャンス」、最寄りの本屋で5分間調べられる「ブックストアチャンス」の3種類があり、それぞれ1回ずつ使える。1つの問題で複数使うことも可能。
    • 4ではレスキューチャンスのルールが変わった。ブックストアチャンスは、書店で自腹で1冊だけ本を買ってそれで調べるという方式になった。ただし店内で本の中を見ることはできない。また、アスキングチャンスは3分間質問できるようになった。
  • 4では「チャンスクイズ」として、街ゆく一般人とクイズ対決を行い、先に3問正解すれば現時点での正解1回分の賞金が加算される。対戦相手に先に3問正解されてもペナルティにはならない。
  • 目的地に到着する前に3問不正解となると、いかなる場所でも強制下車(失格)となり、賞金も没収となる。
  • 目的地に到着したら1度だけダブルアップクイズに挑戦できる。(挑戦せずに現時点での賞金を受け取ることも可能)ダブルアップクイズはA・B・Cの3つの封筒にそれぞれ難易度の違う問題(どれが簡単かは分からない)が入っていてその中から1つを選び、出た問題に正解すれば賞金が2倍になる。もし間違えれば賞金は全額没収。

外部リンク[編集]

先代:
ザ・プライス・イズ・ライト
デイタイム・エミー賞クイズ番組部門作品賞
2008年・2009年・2010年
次代:
ジェパディ!&ホイール・オブ・フォーチュン