キャサリン・ホイール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャサリン・ホイール
Catherine Wheel
ボーカルのロブ・ディッキンソン。2006年のコーチェラ・フェスティバルにて}
ボーカルのロブ・ディッキンソン。2006年のコーチェラ・フェスティバルにて
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
グレート・ヤーマス
ジャンル オルタナティヴ・ロック
シューゲイザー
活動期間 1990年 - 2000年
レーベル ワイルド・クラブ
フォンタナ・レコード
マーキュリー・レコード
コロムビア・レコード
公式サイト Facebook
メンバー
ロブ・ディッキンソン (ボーカルギター
ブライアン・フッター (ギター)
デイヴ・ホーズ (ベース
ニール・シムス (ドラム
ベン・エリス(ベース)

キャサリン・ホイールCatherine Wheel)は、イギリスのロックバンド。1990年にロブとブライアンを中心にイングランド極東部の港町グレート・ヤーマスで結成され、2000年に解散。

概要[編集]

1992年にアルバム『Ferment』でデビューを飾る。バンドは当時のイギリスで隆盛だったシューゲイザーに分類されるが、バンド自身はラッシュブラック・サバスピンク・フロイドキング・クリムゾン(セカンドアルバム『Chrome』にギタリストであるロバート・フリップの名前を冠したFrippという曲が収録されている)といった'70年代のHR/HMプログレッシブ・ロック、当時アメリカを席巻していたグランジジョイ・ディヴィジョンザ・サイケデリック・ファーズなどのポストパンクニューウェーヴハウス・オブ・ラヴエコー&ザ・バニーメンなどのネオ・サイケまで様々な影響を受けており、他のシューゲイザーバンドとは一線を画す表情豊かなサウンドを提示した。デビュー当初は特にハウス・オブ・ラヴやエコー&ザ・バニーメンと比較されることが多く、ロブ自身'92年のインタヴューで「90年5月に、ハウス・オブ・ラヴのライヴを見てぶっ飛んだ。"Love in a Car"のような曲が書きたいと思って、3ヶ月の間曲作りに没頭したよ。それで出来たのが"I Want to Touch You"なんだ」と語っている。

1993年にセカンドアルバム『Chrome』、1995年にサードアルバム『Happy Days』を発表し、この2作でよりグランジ、HR/HMシーンに接近。イギリス本国よりもアメリカで熱烈な支持を受ける。4枚目のアルバムとなる1997年発表の『Adam and Eve』ではピンク・フロイドの『炎〜あなたがここにいてほしい』やトーク・トークの『スピリット・オブ・エデン』といったアルバムからのインスピレーションが垣間見える[1]、前2作とは異なる叙情的なロックを展開。2000年にバンドは新ベーシストであるベン・エリスを迎える。そして「The Catherine Wheel」名義でリリースされた5枚目のアルバム『Wishville』で以前のハードロック・グランジ路線に回帰したが、アルバム売り上げの低迷を受けバンドは解散している。

解散後、その他[編集]

ロブはバンド解散後の2005年にソロデビューアルバム『Fresh Wine for the Horses』を発表。ブライアンとニールは50ft Monsterというユニットで2007年にデビューアルバム『Life After Debt』を発表した。

ロブはポルシェの愛好家であり、解散後はロサンゼルスポルシェ・911のレストアを行う「シンガー・ビークル・デザイン(singer vehicle design)」を設立している。社名はロブが歌手(Singer)だったことにちなむ[2]。ちなみに彼はヘヴィメタルバンド、アイアン・メイデンのボーカリストであるブルース・ディッキンソン従弟として知られている。

作品[編集]

アルバム
  • Ferment(1992年)
  • Chrome(1993年)
  • Happy Days(1995年)
  • Like Cats and Dogs(1996年)※コンピレーション盤
  • Adam and Eve(1997年)
  • Wishville(2000年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]