キャサリン・ハムネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キャサリン・ハムネット1948年8月16日 - )はイギリスケント州出身のファッションデザイナーKATHARINE HAMNETTは彼女がデザインを手がけるファッションブランドイギリスのクラシカルなデザインをその独自の感性でアバンギャルドにアレンジしたスタイルが特徴。そのコレクションはロンドンを始めとしてパリミラノニューヨーク東京などで開催され国際的評価も高い。環境問題を始め人種問題や政治的問題にも積極的に取り組んでおり、それは彼女のデザインする作品にも顕著に現れている。彼女が社会派デザイナーと呼ばれる所以はそこにある。

経歴[編集]

コレクションに見る社会派傾向[編集]

  • 「世界平和を今」と題されたコレクションを展開。
  • 従来の綿栽培の危険に関する講演をニューヨークで行う。綿栽培に使われる農薬に関する研究と教育プログラムである 「Environmental Cotton 2000」を立ち上げる。
  • エイズのチャリティー・イベントである「愛のキルト」に参加。
  • 阪神大震災における住宅問題に対して「政府に訴えるのはあなた自身の責任」のメッセージと共に問題提起。
  • 1900年代の急激な進化の影響で、絶滅生物や汚染災害を受けた地球環境、文化に対しての愛を表現したコレクションを発表。
  • 2001年9月の米国同時多発テロ勃発を受けて「NO WAR」キャンペーンをイギリスイタリアスウェーデン日本で行い世界平和を呼びかける。
  • 「USE A CONDOM」をスローガンにコンドームの重要性を唱える。

著名な顧客[編集]

ショップ[編集]

日本では株式会社大賀によってライセンス展開されており、ショップはそのほとんどが丸井パルコ大丸等の百貨店や、アウトレット・ショッピングモールテナントである。