キモン・ゲオルギエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キモン・ゲオルギエフ
Кимон Стоянов Георгиев
K.georgiev.jpg
生年月日 1882年8月11日
出生地 ブルガリアの旗ブルガリアパザルジク
没年月日 1969年9月28日(満87歳没)

任期 1934年5月19日 - 1935年1月22日
国王 ボリス3世

ブルガリアの旗ブルガリア首相
任期 1944年9月9日 - 1946年11月23日
国王 シメオン2世
テンプレートを表示

キモン・ゲオルギエフКимон Стоянов Георгиев1882年8月11日 - 1969年9月28日)は、ブルガリアの軍人、政治家。戦前(1934年5月 - 1935年1月)と第二次世界大戦末期(1944年9月 - 1946年11月)に首相を務める。

経歴[編集]

パザルジク出身。ソフィアの軍事学校を卒業後、バルカン戦争に中隊長、第一次世界大戦には大隊長として従軍し、1916年には戦傷により片目を失う。1920年には中佐の階級で退役した。

国民協定(1921年~1923年)、民主協定(1923年~1931年)、政治グループ「ズヴェノ」(1931年~1934年)に加入。1926年~1928年に運輸・郵便・電信相を歴任し、1934年5月にクーデターを起こして首相に就任した。ゲオルギエフ政権は、全政党を解散すると共にベニート・ムッソリーニに範を取った協同組合主義的独裁体制を確立した。また1935年7月23日にはソ連と外交関係を樹立した。

1935年1月に国王ボリス3世のクーデターで首相の座を追われ、亡命。1943年に「ズヴェノ」と共に反ファシスト勢力に加わり、祖国戦線のメンバーとなった。武装蜂起成功後、1944年9月9日、祖国戦線政府を組閣。

1944年~1949年、人民同盟「ズヴェノ」議長。1946年~1950年、1959年12月~1962年3月、閣僚会議副議長。1946年10月から1947年12月まで外務相、1947年12月から1959年3月まで電化・土地改良相。1962年3月からブルガリア共産党人民議会幹部会議員、祖国戦線国家会議副議長。

パーソナル[編集]

ブルガリア人民共和国社会主義労働英雄(2度)。

先代:
ニコラ・ムシャノフ
ブルガリア王国
閣僚評議会議長
1934年 - 1935年
次代:
ペンチョ・ズラテフ
先代:
コンスタンティン・ムラヴィエフ
ブルガリア王国
閣僚評議会議長
1944年 - 1946年
次代:
ゲオルギ・ディミトロフ