キム・ビーズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kim Beazley

キム・ビーズリーKim Christian Beazley, 1948年12月14日 - )は、オーストラリアパース生まれの政治家オーストラリア労働党党首1996年-2001年2005年4月-2006年12月)。

ポール・キーティング政権では、副首相閣僚を務めた。

1998年2001年の連邦議会選挙でジョン・ハワード率いる保守連合に敗れ、党首を辞任。

2005年マーク・レイサムの政界引退後党首に再就任。

2006年12月、ケビン・ラッドからの党首挑戦を受諾、連邦議員総会での党首選挙に敗れて退任。

2007年11月24日投票の連邦下院選挙には立候補せず、政界を引退した。

2010年2月より駐米大使を務める。


先代:
オーストラリア労働党党首
1996年 - 2001年
次代:
先代:
マーク・レイサム
オーストラリア労働党党首
2005年 - 2006年
次代:
ケビン・ラッド
先代:
デニス・リチャードソン
駐米オーストラリア大使
2010年 -
次代:
-