キム・テヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キム・テヒ
김태희
김태희
(2011年4月22日)
生年月日 1980年3月29日(34歳)
出生地 韓国 蔚山(ウルサン)市[1][2]
身長 165cm[2], 162cm[3][4][5]
血液型 O型[3]
職業 俳優[1]
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2000年[3] -
著名な家族 弟:イ・ワン
公式サイト 김태희님의 미투데이(キム・テヒのme2day)
キム・テヒ
各種表記
ハングル 김태희
漢字 金泰希[6]
発音: キム・テヒ
ローマ字 Kim Tae-hee
英語
文化観光部2000年式
MR式
Kim Tae Hee[2]
Gim Tae-hui
Kim T'ae-hŭi
テンプレートを表示

キム・テヒ朝鮮語: 김태희1980年3月29日 - )は、韓国女優である。男1人女2人姉弟の次女で、姉と、俳優の弟イ・ワンがいる。蔚山(ウルサン)市出身で、ウルサンサムシン小学校、ウルサンテヒョン中等学校、ウルサン女子高等学校を経て、2005年、ソウル大学校生活科学大学 衣類学科を卒業した。カトリック教徒である[1]

連続ドラマ『天国の階段』(2003年、SBS)の悪女役や『アイリス』(2009年、KBS)のヒロイン役などで知られる。韓国では最も人気がある女優の一人である[1]

略歴[編集]

韓国での活動[編集]

2000年、キム・テヒは地下鉄で偶然会った広告代理店のデザイナーに勧められ[7]、テレビ・コマーシャルで芸能界にデビューした[8]。翌2001年、『ラスト・プレゼント』で主演イ・ヨンエの中学生時代役[9]で映画に出演し、2002年の短編映画「新都市人」[10]から本格的な演技活動を始め、その年シットコムと呼ばれるコミカルな連続テレビドラマ『レッツゴー』に出演した。

有名になったのは、2003年 SBS の人気ドラマ『天国の階段』で主人公の意地悪な義理の妹役ハン・ユリを演じてからである。翌2004年、テレビドラマでは朝鮮の伝説を現代化したKBS活劇[11]『九尾狐外伝』と、SBSの大学生の恋愛劇『ラブストーリー・イン・ハーバード』に出演した。両作品ともにキム・テヒの貢献が評価され、『九尾狐外伝』で最優秀新人賞を、『ラブストーリー・イン・ハーバード』で最高人気賞を受賞している。

2005年4月1日には、所属事務所ロゴスフィルムとの専属契約が満了し[12]、同年6月19日にナム・アクターズと専属契約を結んだ事が発表された[13]

テレビドラマでの成功のいっぽう、映画では2006年に『中天』で初めて主役を演じたが[14]、キム・テヒ自身の演技力不足もあって不人気に終わった[15]。翌2007年公開の『喧嘩』も人気がなかった[15]

2009年、4年ぶりにテレビドラマに出演した。このイ・ビョンホン主演のスパイ推理劇『アイリス』は、韓国ドラマ史上最大級の製作費[16]をかけたもので、批評家の称賛と商業的な成功を獲得し、平均視聴率30パーセントを記録[17]。放送開始から各週の最高人気作となった。キム・テヒに対しては演技力に対する批判がなおあったものの[15][18]、多くの視聴者から肯定的な評価を得、その年2009年のKBS演技大賞では優秀演技賞を受賞した[19][20]。しかし同じ年に公開された映画『グランプリ』では、主役の競馬騎手を演じたキム・テヒの努力は評価されたが、興行的には主演映画3作品連続となる失敗作となった[15]

2010年、それまで所属していた事務所ナム・アクターズから、キム・テヒの姉夫婦が設立したルア・エンタテインメントに移籍した[21][22]

成功作『アイリス』の後、2011年1月、MBCの恋愛喜劇ドラマ『マイ・プリンセス』で主役を務め、ソン・スンホンと共演した。キム・テヒの演じた大学生イ・ソル役は、今までのキム・テヒの役どころと異なる喜劇的性格で、キム・テヒの遊び心あふれる演技が好評を得た[23]

日本での活動[編集]

冬のソナタ』で有名になったチェ・ジウの主演作として『天国の階段』が日本でも2004年から2005年にかけて放映され、このドラマの出演者としてキム・テヒも日本の韓国ドラマファンに知られるようになり、翌年2006年1月31日から3月11日まで放送された日本コカ・コーラの「新・爽健美茶」のテレビコマーシャルにも起用された[24]

2007年には韓国の国際文化産業交流財団が韓国文化産業に対する正しい理解と韓国のイメージ向上を目指すため、日本の毎日新聞などのメディアを招き、キムへのインタビューの場を設けた。[25]

2010年末、日本での活動を本格化させるため、日本の芸能企画会社『S・P International (エス・ピーインターナショナル)[26]とマネジメント契約を結び[27]、日本語を学ぶなどして日本での活動に備えた。ファッション雑誌『25ans (ヴァンサンカン)』の2011年表紙モデルに起用され、1月発売の2011年3月号から登場している[28]

2011年10月、日本での本格的活動のスタートとなる主演作『僕とスターの99日』がフジテレビ系列で放映開始された。この連続テレビドラマでは、ダブル主演となる「さえない男」役の西島秀俊を相手に韓国の人気女優役を演じる[29]

スイス親善文化大使と独島愛キャンペーン[編集]

2005年、キム・テヒは弟のイ・ワンとともにスイス政府観光局からスイスフレンズ(スイス親善文化大使)に選ばれ2月17日に任命式が行われた[30][31]。5月3日から5月10日にはスイス各地を旅行し多彩な伝統文化体験プログラムに参加した。その様子はスイス政府観光局[32][33][34]やマスメディアから写真[35][36][37][38][39]や動画映像付き[40][41]で報じられた。

キムは上記のスイス親善文化大使としての活動に伴い、韓国が一方的に領有権を主張している竹島について、これを韓国の領土とアピールする「独島愛キャンペーン」を弟のイ・ワンとともに展開し、"独島は我らの領土"と書かれたTシャツを着たり配ったりしながら竹島の韓国領宣伝を行う予定であると韓国の複数メディアが報じた[42]。また韓国のインターネットメディア、マイデイリーによると、キャンペーンを実施する事に関してキム周辺は竹島問題は敏感な問題であるだけに引き止めたが、キムが側近を通じて「ファンたちの愛を受ける芸能人として報いることができる道は、演技だけではなく、ファンが期待することに参加するのも重要なことだと思う」と明らかにしたという[43]。 マイデイリーは、スイス訪問後の同年5月11日に、スイスから韓国に帰国したキム・テヒの空港取材として「4月30日から十日間、"独島は我らの領土"と書かれたTシャツを着て、さまざまなキャンペーンへの参加とインタビューを行い"竹島は我らの領土"だとアピールした。」と報道[1]した。また英字紙のコリア・ヘラルドもキムが「独島主権」をテーマにした音楽CDと 「独島は我々の土地」と書いてあるTシャツをスイスで配ったと報じた[44]

その後日本のネット上でキム・テヒが「スイスで独島だけでは無く対馬や台湾も韓国の領土だ。日本メディアのインタビューも受けたくない」と主張したとの話しが広がり、反日女優は日本に来るなと反発を受けたが、経済紙のマネートゥデイは同年の7月11日に、キムの所属事務所の関係者の言として「スイス親善文化大使として活動した際に独島愛キャンペーンを展開したのは事実だが、対馬や台湾、インタビューの話などは主張しておらず、誤解のようだ。また、キャンペーン自体は領土取得をアピールしただけだった」との主張を伝えている[45]。 キム・テヒが2011年にドラマの日本進出する際に、韓国では、ほぼ全てのメディアが2005年にキムが独島愛キャンペーンを行った事に触れながらドラマ日本進出の報道をした。日本のインターネットメディア、J-CASTは2011年10月26日に、キム・テヒがスイスでTシャツを配ろうとした際にスイス政府観光局の韓国支局員に制止され、またキム・テヒが同意なしにTシャツを着たため、観光局が強く抗議をしたとの在日スイス大使館の文化部からの情報を伝えた[46]

また、韓国KBSによると、キムが独島キャンペーンを行ったことにより、日本の一部のネット利用者の間では「キムが日本が嫌いと言った」という噂が広がるなど、キムに対する反感が見られ、2011年の花王抗議デモにおいても参加者がキムを「反日俳優」として糾弾するビラを配布した[45][47]。2011年11月参議院総務委員会において参議院議員片山さつきが、民放テレビ局の韓流偏重問題の一環として「キム・テヒさんと言う女優がおり、独島愛キャンペーンのキャンペーン女優である。韓国には沢山良い女優がおられるが、このキャンペーンをやっている女優は一人だけで有る。その女優が日本の民放のドラマに主役として出演している。」と疑義を表明した[48]。2011年9月に自身が主演するドラマの宣伝のため来日したキムは、産経新聞によるインタビューで過去に政治的発言が報道されたことに話を向けられると、「私は理数系の人間で、歴史や政治のニュースにはウトいので。もっと勉強しなくてはいけないと思います」とはぐらかした[49]

さらに、2012年2月にロート製薬が自社製品の「雪ごこち」のCMに過去に独島キャンペ-ンを行ったキムを起用したことが日本に伝えられると、ネット上でロート製薬への批判が殺到し、キムが来日して行う予定だったCM発表記者会見が中止された[50][51]。この件については2012年3月10日に韓国SBSの「それが知りたい『誰がキム・テヒを追い出したか?』」でも放送された[52][53]産経新聞黒田勝弘は、韓国芸能人には韓国での「人気管理」のためか、このような反日・愛国パフォーマンスをやる者がいるとし、このCM発表会が中止された件を挙げて、「反日をやりながら日本のテレビ広告に出るというキム・テヒは大胆?それとも甘え?」と述べた[54]

人物[編集]

キム・テヒ(2011年9月7日)

中学では全科目100点を3年間にわたって獲得したとされ[55]、高校卒業後、国立ソウル大学校に入学して2005年に卒業した。大学では、スキー部[56]のキャプテンを務め[57]、芸能生活も行った。

作品出演よりコマーシャル出演を芸能活動の中心にしていると見られ、映画やドラマに出演するごとに役者としての演技力がしばしば批判対象となった[8][15][58]

2005年から広報大使に任命されているメイク・ア・ウィッシュ財団の事業の一環として、2006年に難病の子供たちを訪問[59]。2007年12月、ソウルで外国人労働者のための給食奉仕にボランティア参加[60]。2011年には難病の子供たちが歌うメイク・ア・ウィッシュ合唱団のアルバムに参加して「Make-A-Wish」を録音している[61]。2005年11月に開催された韓流スター愛蔵品オークションでは、寄贈した金の指輪が87万7690ウォン(当時の為替レートで約9万円)で落札された[62]。2011年東日本大震災の際には、日本赤十字社に700万円(1億ウォン)の義援金を寄付した[63]

カトリック信者であり、就寝前には聖書を開くのを習慣とする。本人は「必要な言葉が必ずそこにある。これが一番の力の源かもしれません」 と話している[1]

日本の調査に関するインタビューで、「時間を守るところ」「徹底した準備」が日本の長所だと答えている[64][65]。いっぽう、ネット上の「日本嫌い」が噂される一方、本人は「日本は好きな国」「今後も日本で活動したい」と発言がある[66]。日本で活動するために日本語を学んだため、日本語のインタビューでも質問を概ね聞き取ることができ、日本語を交えて会話が出来る[1]

中国でも出演ドラマが視聴されており、2010年に中国で選定された韓国女優美女10人ではキム・テヒが1位に選ばれた[67]

弟のイ・ワンは俳優で、キム・テヒを一躍有名にしたドラマ『天国の階段』では、テヒの兄役の少年期を演じた。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

韓国[編集]

日本[編集]

映画[編集]

CM[編集]

注:特記無きCMの出典は、キム・テヒ 日本公式サイト PROFILE[2] による

韓国[編集]

  • O HUI化粧品、Elastineシャンプー - LG生活健康
  • フレンチカフェ - ナムヤン乳業
  • CYON - LG電子
  • ISABAY - シンウォン
  • DIOS冷蔵庫 - LG
  • ブラックスミス - カフェベネット
  • Coupang
  • カムリ - トヨタ自動車韓国トヨタ
  • HERA化粧品
  • S-OIL
  • iriver
  • Maxwell House can coffee
  • Choco-heim
  • Samsung
  • KLASSE
  • Matiz - GM大宇
  • My root
  • Hana Bank
  • JINRO
  • Lotte Zec
  • プルジオ
  • パリ・バゲット
  • オリンパス韓国[69]
  • BCカード[69]

日本[編集]

  • 爽健美茶 - コカ・コーラ(2006年)
  • ロート製薬 - (2012年)

広報大使[編集]

受賞歴[編集]

  • 2003年 SBS演技大賞 ニュースター賞 (天国の階段)[2]
  • 2004年 SBS演技大賞 最高人気賞 (ラブストーリー・イン・ハーバード)[2]
  • 2004年 KBS演技大賞 新人賞 (九尾孤外伝)[2]
  • 2005年 百想芸術大賞 TV部門 人気賞 (ラブストーリー・イン・ハーバード)[2]
  • 2007年 青龍映画祭 人気スター賞 (中天)[2]
  • 2007年 大鐘賞映画祭 海外人気賞 (中天)[2]
  • 2007年 百想芸術大賞 映画部門 人気賞 (中天)[2]
  • 2007年 アンドレキム ベストスターアワード スター賞[2]
  • 2009年 KBS演技大賞 ベストカップル賞 (アイリス)[2]
  • 2009年 KBS演技大賞 ドラマ部門 優秀演技賞 (アイリス)[2]
  • 2009年 大韓民国 国会大賞 特別賞 (アイリス)[2]
  • 2010年 CMA & AIA スタイル賞[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 魚住ゆかり (2011年11月2日). “俳優・キム・テヒさん 眠る前には必ず聖書を - 元気のひみつ - アピタル(医療・健康)”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/health/himitsu/TKY201111010412.html 2011年12月8日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac プロフィール キム・テヒ 日本公式サイト 2011年9月19日閲覧。
  3. ^ a b c 人物情報 ネイバー (朝鮮語) 2011年9月19日閲覧。基本データほか。
  4. ^ プロフィール NATE (朝鮮語) 2011年9月19日閲覧。基本データほか。
  5. ^ 人物 ダウム (朝鮮語) 2011年9月19日閲覧。基本データほか。
  6. ^ インタビュー MK ニュース、2010年9月4日 (朝鮮語) 2011年11月17日閲覧。名前テヒの意味、映画 『グランプリ』について他。
  7. ^ キム・テヒ ネイバー 映画 (朝鮮語) 2011年11月17日閲覧。人物紹介。
  8. ^ a b キム・テヒ、韓国『最高の美女』、その恥じらいと美と拳銃と」 CNN Go.com (2010年9月7日、英語) 2011年11月17日閲覧。人柄と経歴を知ることが出来る英語によるインタビュー。
  9. ^ ラスト・プレゼント ネイバー 映画 (朝鮮語) 2011年11月17日閲覧。映画 『ラスト・プレゼント』 出演者ページ、端役。
  10. ^ Living in New Town SIFF アーカイブ (英語) 2011年11月17日閲覧。短編映画 『Living in New Town』 基本データ、あらすじ、監督の言葉ほか。
  11. ^ 九尾狐外伝 KBS ワールド (日本語) 2011年11月17日閲覧。テレビドラマ 『九尾狐外伝』 作品紹介。
  12. ^ ‘キム・テヒをつかまえろ!’…キム・テヒ現所属社と決別 BUNKAKOREA.COM 2005-04-05。 2011年12月7日閲覧。
  13. ^ キム・テヒ、ムン・グニョンの所属社に正式決定 innolife.net 2005/06/20。 2011年12月7日閲覧。
  14. ^ キム・テヒ ネイバー 映画 (朝鮮語) 2011年11月18日閲覧。映画およびテレビドラマ出演作品情報。
  15. ^ a b c d e ペ・グンナム(大衆文化専門記者) 「キム・テヒ、興行失敗が残した課題は?」 マイ・デイリー、2008年2月11日 (朝鮮語) 2011年11月18日閲覧。主演映画不評を評論。
  16. ^ イ・ビョンホン出演、大作スパイ連続ドラマ 『アイリス』 ビヨンド・ハリウッド・コム (英語) 2011年11月19日閲覧。テレビドラマ 『アイリス』について。
  17. ^ アイリス視聴率40%は無理か? stoo.com, 2009年12月9日 (朝鮮語) 2011年11月19日閲覧。『アイリス』の視聴率。
  18. ^ キム・テヒ、演技批判再燃 スターニュース、2009年10月29日 (朝鮮語) 2011年11月19日閲覧。『アイリス』での演技の評判を報道。
  19. ^ 受賞者一覧 2009年KBS演技大賞 (朝鮮語) 2011年11月19日閲覧。受賞者一覧。
  20. ^ キム・テヒとク・ヘソン、KBS演技大賞で中編ドラマ優秀演技賞受賞 ネイバー ニュース、2010年1月1日 (朝鮮語) 2011年11月19日閲覧。優秀演技賞受賞の報道。
  21. ^ キム・テヒ、家族会社設立 innolife.net 2010/01/11。 2011年12月7日閲覧。
  22. ^ キム・テヒ、個人企画事務所に移籍、前所属事務所との協力関係を維持 日刊スポーツ、2010年1月11日 (朝鮮語) 2011年11月19日閲覧。所属事務所移籍について。
  23. ^ 『マ・プ (マイ・プリンセス)』 キム・テヒ 演技力批判から脱出 全北道民日報、2010年1月6日 (朝鮮語) 2011年11月19日閲覧。テレビドラマ 『マイ・プリンセス』の好評を報道。
  24. ^ ニュースリリース 日本コカ・コーラ、2006年01月30日。楽曲は矢井田瞳、キャンペーンスローガンは「POWER MY BEAUTY」。
  25. ^ 「キム・テヒは実物のほうがずっときれい=日本のメディア」 朝鮮日報 2007年11月16日。
  26. ^ キム・テヒ日本進出、現地マネージメント社と契約 Innolife 2011年3月4日。
  27. ^ 25ans 3月号 No.378 2011年1月28日発売。2011年11月27日閲覧。既刊号、表紙写真。
  28. ^ フジ新ドラマでキム・テヒ&西島W主演 朝日新聞 2011年8月25日。
  29. ^ キム・テヒ、イ・ワン姉弟が05年スイス親善文化大使に (김태희-이완, 2005 스위스친선문화대사 위촉) 朝鮮日報オンライン朝鮮語版 [2005.02.15]
  30. ^ キムテヒ - イワン、2005年スイス親善文化大使の委嘱 (김태희-이완, 2005 스위스친선문화대사 위촉) 聯合ニュースTV(ネイバーニュース)(네이버 뉴스)、2005年2月17日)
  31. ^ スイス政府観光局の朝鮮語ホームページ > スイスフレンズ > 2005年スイスフレンズ より任命式(2005年2月17日)旅程表1日目(2005年5月3日)同2日目同3日目同4日目同5日目同6日目同7日目同8日目日記写真1同2同3動画任命式の記事切抜き1同2同3
  32. ^ www.myswitzerland.co.kr - Swiss Friendsキム・テヒ、イ・ワン スイス旅行日程::ネイバーブログ (김태희, 이완 스위스 여행일정 :: 네이버 블로그) *スイス政府観光局ホームページにある旅程表をテキスト化したもの
  33. ^ 旅行と人生...トゥレビ Travel+Vie(Life) スペシャルインタビュー キム・テヒのスイス旅行記 上 (여행과 인생...트래비 Travel+Vie(Life) special interview-김태희의 스위스 여행기 上)同下(2005-06-20、2005-06-27) *スイス政府観光局ホームページにある日記の5月3日~5月9日分をテキスト化したもの
  34. ^ キム・テヒ&イ・ワン姉弟、スイスホテル学校で特別修了証獲得 (김태희-이완 남매, 스위스호텔학교서 특별수료증 받아) 朝鮮日報オンライン朝鮮語版 [2005.05.19]
  35. ^ 「キム・テヒ」、「イワン」スイス旅行記(innolife.net、2005年5月21日)
  36. ^ キム・テヒ&イワン姉弟、スイス写真集出版へ(innolife.net、2005年8月31日)
  37. ^ キム・テヒ、イ・ワン`スイスへの招待`(김태희・이완 `스위스로의 초대`)(スポーツ東亜(스포츠동아)、2005年)写真をクリックすると次の写真に進みます。
  38. ^ 大韓航空 SkyNews(朝鮮語) 2005.06.05 -第131号-
  39. ^ キム・テヒ、イ・ワン、アルプスの国を歩き回る-1 (김태희ㆍ이완, 알프스의 나라를 누비다-1)同-2同-3(聯合ニュースTV、2005年6月)
  40. ^ キム・テヒ、イ・ワン姉弟のスイス旅行記 - 1弾 (김태희・이완 남매의 스위스 여행기 - 1탄)同-2弾(ネイバーニュース(네이버 뉴스)、2005年5月20日、28日)
  41. ^ 김태희-이완, 스위스서 "독도는 우리땅!" 마이데일리|입력 2005.04.20 03:28
  42. ^ 김태희-이완, 스위스서 "독도는 우리땅!" 마이데일리|입력 2005.04.20 03:28
  43. ^ Preview of Kim Tae-hee’s Japanese commercial axed コリアヘラルド 2012年2月22日
  44. ^ a b 네이트 지식 - 아는 사람의 믿을 수 있는 답변~!
  45. ^ 2011/10/26 J-CASTニュース 韓国女優ドラマで「竹島」「日本海」表記 フジテレビは再放送で削除を否定
  46. ^ http://news.kbs.co.kr/world/2011/09/21/2359446.html&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_chr=
  47. ^ 参議院会議録情報 第179回国会 総務委員会 第3号 平成23年11月17日
  48. ^ 産経新聞 2011.9.8 16:13 (3/4ページ)
  49. ^ キム・テヒ“竹島発言”でCM会見中止!批判の嵐 ZAKZAK 2012年2月21日
  50. ^ キム・テヒさんのCM降板要求 ロート製薬を強要容疑 元市民団体関係者逮捕「日本の領土に関わる」 産経新聞 2012年5月10日
  51. ^ 「キム・テヒ、日本から出て行け」はなぜか? 韓国の時事番組が嫌韓流を集中取材 中央日報 2012年3月8日
  52. ^ 【韓国BBS】日本のキム・テヒ批判、嫌韓の日本人は入国禁止に! サーチナ 2012年3月13日
  53. ^ 2012年2月25日 産経新聞【外信コラム】ソウルからヨボセヨ(黒田勝弘)
  54. ^ キム・テヒ、胸のうちを語る。批判に答えて オール kpop, 2011年3月29日 (英語) 2011年11月21日閲覧。「8年生(中学2年)のときの担任いわく、『24年間の教師生活でテヒは最高の生徒でした。中学3年間の全期間全科目で100点をとったのです。テヒの成績表をご覧になったら、だれにも出来ないすごいことだとお分かりになるでしょう。』」
  55. ^ キム・テヒの横に立つイ・ハヌィ… 中央日報日本語版 2011年11月17日。2011年11月28日閲覧。2人はともにソウル大のスキー同好会に所属していた。イ・ハヌィ(이하늬, 1983年 - )は、ミス・コリア(2006年)出身のタレント。
  56. ^ Tae Hee Kim S.P International (英語、日本語) 2011年11月27日閲覧。
  57. ^ CFトップ・スターたちに対する演技力批判はなぜ激しいのか? マイ・デイリー、2008年2月11日 (朝鮮語) 2011年11月18日閲覧。人気俳優の演技力について。
  58. ^ キム・テヒ、難病の子供たちを訪問 スポーテインメント、2006年5月16日 (朝鮮語) 2011年11月25日閲覧。
  59. ^ キム・テヒ、給食車の奉仕活動に参加 連合ニュース、2007年12月5日 (朝鮮語) 2011年11月25日閲覧。
  60. ^ キム・テヒ、メイク・ア・ウィッシュ合唱団の録音に参加 ガオン、2011年9月15日 (朝鮮語) 2011年11月25日閲覧。
  61. ^ 「韓流スターオークション」キム・レウォン&キム・テヒ、最高落札価格を記録 朝鮮日報、2005年11月18日 (archive)
  62. ^ キム・テヒも、日本赤十字社に1億ウォン(約700万円)を寄付。 asahi.com エンタメ、2011年3月19日、2011年11月25日閲覧。
  63. ^ 25ansの新ミューズをクローズアップ / キム・テヒへの30の質問 25ans(ヴァンサンカン) 2011年3月4日。2011年11月26日閲覧。
  64. ^ キム・テヒのビューティフル・ライフ 25ans(ヴァンサンカン) 2011年6月10日。2011年11月26日閲覧。インタビューに答えて、日本の印象や日本の女性・ファッション・食べ物などについて語る。
  65. ^ “最も美しい韓国女優”キム・テヒ 「反日」真相直撃+ MSN 産経ニュース (2/2ページ)。
  66. ^ 中国人、キム・テヒが最高 モーニング・ニュース、2010年12月24日 (朝鮮語) 2011年11月17日閲覧。中国での評価と人気。新華社のインターネット・サイトの報道を引用。
  67. ^ 日本では2010年にTBS系列で放送。
  68. ^ a b Profile ナム・アクターズ-キム・テヒサイト-プロフィール
  69. ^ チェ・スジョン、キム・テヒが第2期名誉検事に 中央日報オンライン日本語版、2005年06月17日
  70. ^ ピンクリボン愛の伝導師、キム・テヒ&パク・ヒョンビン innolifeTV、2007-04-28

外部リンク[編集]