キプリング (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キプリング (HMS Kipling) はイギリス海軍駆逐艦K級

艦歴[編集]

1937年10月20日起工。1939年1月19日進水。1939年12月20日就役。

1940年4月、ノルウェーの飛行場攻撃(ダック作戦)をおこなう重巡洋艦サフォークを護衛。帰路、ドイツ軍機の攻撃を受け至近弾で損傷。

1942年2月、MF5作戦に参加。エジプトマルタ間で運航された船団の護衛に従事。

1942年3月10日、イタリア巡洋艦が雷撃で損傷したとも情報に基づき、軽巡洋艦ナイアドダイドーユーライアラスなどと共にアレクサンドリアから出撃。しかし何も発見できず、マルタから来た軽巡洋艦クレオパトラと駆逐艦キングストンと合流して帰投中の3月11日にナイアドがドイツ潜水艦によって撃沈され、キプリングは他の駆逐艦と共に生存者の救助にあたった。12日にアレクサンドリアに帰投し、翌日から今度は対潜掃討任務に従事した(MF9作戦)。3月22日、第2次シルテ湾海戦に参加。

1942年4月15日、海兵隊の部隊を載せた駆逐艦ケルヴィンを護衛してアレクサンドリアを出港した(ライター作戦)。翌日未明、ケルヴィンはKuphonisi島に部隊を上陸させ、通信施設を破壊した。同日、2隻はアレクサンドリアに帰投した。

1942年5月10日、キプリングは駆逐艦ジャーヴィスジャッカルライヴリーと共にアレクサンドリアから出撃した(MG2作戦)。目的は敵船団の攻撃であった。11日、敵機に発見されたため作戦を中止しアレクサンドリアへ引き返し始めたがドイツ軍機の攻撃でライヴリーが撃沈され、キプリングは117人を救助した。次いでジャッカルが被弾。さらにキプリングにも爆弾が命中した。被弾から約10分でキプリングは沈没した。