キフォティラピア・フロントーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キフォティラピア・フロントーサ
キフォティラピア・フロントーサ
Cyphotilapia frontosa
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 棘鰭上目 Actihopterygii
: スズキ目 Perciformes
: カワスズメ科 Cichlidae
: Cyphotilapia
: C. frontosa
学名
Cyphotilapia frontosa
(Boulenger, 1906)

キフォティラピア・フロントーサCyphotilapia frontosa)は、スズキ目カワスズメ科に分類される魚。

分布[編集]

タンガニーカ湖固有種

形態[編集]

全長30cm。青または白の体色に5-7条のはっきりとした黒い縞が入る。地域によって縞の数や体色に変異がある。

オスの成魚は頭部にコブをもつ。

生態[編集]

稚魚は沿岸部でみられるが、成魚になると水深30-50mの岩陰などで過ごし、早朝や夕方に獲物を求めて沿岸付近へとやってくる。

食性は動物食で、小型の魚類、甲殻類昆虫類の幼虫などを食べる。

繁殖形態は卵生。メスは口中で卵を保護する。

人間との関係[編集]

観賞魚として飼育されることがある。東南アジア台湾で養殖されたものがさかんに輸入され安価で流通している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]