キバナアキギリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キバナアキギリ
Salvia nipponica 070924a.JPG
キバナアキギリ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: アキギリ属 Salvia
: キバナアキギリ S. nipponica[1][2]
学名
Salvia nipponica Miq.[1][2]
和名
キバナアキギリ

キバナアキギリは、シソ科アキギリ属に分類される多年生、草本の植物。学名はSalvia nipponica Miq.[1][2]

別名はコトジソウ[1]

本州から九州の山の木陰に生える[2]

茎は四角形の断面で、その根本はやや横に這い、高さ 20 - 40 cm になる[2]。茎や花序にはシナノアキギリ (S. koyamae Makino) と異なり腺毛がない[2]

葉の葉柄は長く、葉身は3角状ほこ形で基部が横に張り出す[2]

開花期は 8 - 10 月で、花穂は 10 - 20 cm の長さとなり、花冠は長さ 2.5 - 3.5 cm で淡黄色、唇形となる[2]。雄蕊は 2本で不完全(不稔)葯でつながる[2]。花筒の雄蕊にはもぐりこんだ昆虫の背に花粉を付ける構造がある[2]


脚注[編集]

  1. ^ a b c d 米倉浩司・梶田忠 (2003-) YList:キバナアキギリ
  2. ^ a b c d e f g h i j 『日本の野生植物』 (1999)、p.80
  3. ^ Flora of China

参考文献[編集]

外部リンク[編集]