キバシオナガガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キバシオナガガモ
キバシオナガガモ
キバシオナガガモ Anas georgica
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: マガモ属 Anas
: キバシオナガガモ A. georgica
学名
Anas georgica Gmelin, 1789
和名
キバシオナガガモ
英名
Brown pintail

キバシオナガガモAnas georgica)は、鳥綱カモ目カモ科マガモ属に分類される鳥類。

分布[編集]

A. g. georgica ヒメキバシオナガガモ
イギリスサウスジョージア島[1]
A. g. niceforoi ニセフォロキバシオナガガモ
コロンビア中部[1]
A. g. spinicauda キバシオナガガモ
アルゼンチンウルグアイエクアドル、コロンビア南部、チリパラグアイブラジルボリビア[1][a 1]

形態[編集]

翼長オス21-26センチメートル、メス19.5-24センチメートル[1]。頸部は細長い[1]。中央の尾羽が伸長する[1]。全身は外縁(羽縁)が淡褐色の羽毛で被われる[1]。次列風切の光沢(翼鏡)は緑黒色[1]

嘴は黄色で、先端は淡青色[1]。峰は黒い[1]

分類[編集]

  • Anas georgica georgica Gmelin, 1789 ヒメキバシオナガガモ South georgian brown pintail
  • Anas georgica niceforoi  ニセフォロキバシオナガガモ Niceforo brown pintail
  • Anas georgica spinicauda  キバシオナガガモ Chilican brown pintail

生態[編集]

沼地に生息するが、基亜種は沿岸部にも生息する[1]

食性は植物食だが、基亜種は雑食[1]

繁殖形態は卵生。裸出した地面、藪地や草原などに巣を作り、4-10個(平均7個)の卵を産む[1]。抱卵期間は26日[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育 (ガンカモ目)』、財団法人東京動物園協会、1980年、62頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2009. Anas georgica. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1.