キノリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キノリン酸
識別情報
CAS登録番号 89-00-9 チェック
PubChem 1066
ChEMBL CHEMBL286204 ×
特性
化学式 C7H5NO4
モル質量 167.12 g/mol
融点

185–190 °C (dec.)

危険性
MSDS External MSDS
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

キノリン酸(キノリンさん、Quinolinic acid, QA, QUIN)は、トリプトファンの代謝経路であるキヌレニン経路における代謝物のひとつである。 NMDA受容体のアゴニストとしての作用がある。[1] 強い神経毒性があり、AIDS dementia complex(英)アルツハイマー型認知症ハンチントン病筋萎縮性側索硬化症多発性硬化症パーキンソン病などのの神経変性過程に関わっている。[2] 脳内でキノリン酸が生産されるのは小膠細胞マクロファージだけである。[3]

ノルハルマンは、キノリン酸と3-ヒドロキシキヌレニン(英)の産生および一酸化窒素合成酵素の活性を抑制することから神経保護因子として作用する。[4]

catechin hydrate(英)クルクミンEGCGなどの天然フェノールは、抗酸化とおそらくカルシウム流入機構によりキノリン酸の神経毒性を減少させると考えられる。[5] COX-2阻害薬(英)もまたキノリン酸の神経毒性に対して保護作用を示す。[6] これらCOX-2阻害薬は、大うつ病統合失調症などの精神障害に対して効果を示すエビデンスがいくつか示されている。 [7]

キノリン酸は185–190℃で脱炭酸によりニコチン酸に分解される。

Synthesis of nicotinic acid from Quinoline

脚注[編集]

  1. ^ Misztal M, Frankiewicz T, Parsons CG, Danysz W (January 1996). “Learning deficits induced by chronic intraventricular infusion of quinolinic acid--protection by MK-801 and memantine”. Eur. J. Pharmacol. 296 (1): 1–8. doi:10.1016/0014-2999(95)00682-6. PMID 8720470. 
  2. ^ Guillemin, G. (2005). “Quinolinic acid selectively induces apoptosis of human astocytes: Potential role in AIDS dementia complex”. J Neuroinflammation 2 (16). 
  3. ^ Guillemin, G. (2003). “Expression of the kynurenine pathway enzymes in human microglia and macrophages”. Adv Exp Med Biol 527. 
  4. ^ Chiarugi A, Dello Sbarba P, Paccagnini A, Donnini S, Filippi S, Moroni F (August 2000). “Combined inhibition of indoleamine 2,3-dioxygenase and nitric oxide synthase modulates neurotoxin release by interferon-gamma-activated macrophages”. J. Leukoc. Biol. 68 (2): 260–6. PMID 10947071. http://www.jleukbio.org/content/68/2/260.long. 
  5. ^ Braidy N, Grant R, Adams S, Guillemin GJ (January 2010). “Neuroprotective effects of naturally occurring polyphenols on quinolinic acid-induced excitotoxicity in human neurons”. FEBS J. 277 (2): 368–82. doi:10.1111/j.1742-4658.2009.07487.x. PMID 20015232. 
  6. ^ Kalonia H, Kumar P, Kumar A, Nehru B (March 2010). “Protective effect of rofecoxib and nimesulide against intra-striatal quinolinic acid-induced behavioral, oxidative stress and mitochondrial dysfunctions in rats”. Neurotoxicology 31 (2): 195–203. doi:10.1016/j.neuro.2009.12.008. PMID 20043943. 
  7. ^ Müller N (January 2010). “COX-2 inhibitors as antidepressants and antipsychotics: clinical evidence”. Curr Opin Investig Drugs 11 (1): 31–42. PMID 20047157.