キティー・デイジー&ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キティー・デイジー&ルイス
KittyDaisy&Lewis.jpg
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
ロンドン
ジャンル ロックンロール
ブルース
ロカビリー
活動期間 2000–現在
レーベル Sunday Best
メンバー
Kitty
Daisy
Lewis

{{{Influences}}}

キティー・デイジー&ルイスKitty Daisy & Lewis) は、イングランドロンドン出身の3兄弟によるロックンロールバンドである。

概要[編集]

1940~1950年代の音楽やファッションに夢中の彼らは、10代前半の頃からノース・ロンドンにあるカントリーとロカビリー・ジャムのパブにてステージにあがった。地道なライブ活動や、フェスティバルへの出演がオーディエンスの間から口コミで評判となる。

マルチプレイヤーの彼らは、それぞれがギターピアノ、バンジョ、ラップ・スティール・ギターハーモニカダブル・ベースウクレレトロンボーンアコーディオンを演奏する。

2007年、インディ・レーベル「Sunday Best」から、彼らが選曲・監修したコンピレーション・アルバム『A-Z of Kitty, Daisy & Lewis: The Roots Of Rock 'n' Roll』をリリース。同年の英・ガーディアン誌「アルバム・オブ・ザ・イヤー」に選出される。[1]

2008年、徹底的にデジタルを排除、アナログ機材だけを使用した1stアルバム『Kitty, Daisy & Lewis 』をリリース。同年の朝霧JAMへの出演で初来日公演を果たす。

2009年にはコールドプレイ自らの指名でUSツアーをサポート。2010年フジロック・フェスティバルでは初日の深夜クリスタル・パレス・テント、2日目のフィールド・オブ・ヘブンと2ステージ、ライブを披露した。

メンバー[編集]

  • キティー Kity (Vo/G/Harmonica and more)
  • デイジー Daisy (Dr/Vo and more)
  • ルイス Lewis (G/Piano/Vo and more)

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • Honolulu Rock and Roll (2005)
  • Mean Son Of A Gun (2006)
  • Going Up The Country (2008)
  • (Baby) Hold Me Tight (2008)
  • I'm So Sorry / I'm Going Back (2011)
  • Messing with my Life (2011)
  • Don't Make a Fool out of Me (2011)

アルバム[編集]

  • A-Z of Kitty, Daisy & Lewis: The Roots Of Rock 'n' Roll (2007)- 3人が選曲・監修したコンピレーション・アルバム
  • Kitty, Daisy & Lewis (2008)
  • Smoking in Heaven (2011)

脚注[編集]

  1. ^ beatkart Kitty Daisy & Lewis

外部リンク[編集]