キジムナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥取県境港市水木しげるロードに設置されている「キジムナー」のブロンズ像。

キジムナーキジムン)は、沖縄諸島周辺で伝承されてきた伝説上の生物、妖怪で、樹木(一般的にガジュマルの古木であることが多い)の精霊。 沖縄県を代表する精霊ということで、これをデフォルメしたデザインの民芸品や衣類なども数多く販売されている。

概要[編集]

琉球村のキジムナーの看板

多くの妖怪伝承と異なり、極めて人間らしい生活スタイルを持ち、人間と共存するタイプの妖怪として伝えられることが多いのが特徴。

「体中が真っ赤な子ども」あるいは「赤髪の子ども」「赤い顔の子ども[1]」の姿で現れると言われることが多いが、また、手は木の枝のように伸びている、一見老人のようだがよく見ると木そのものである、などともいう。土地によっては、大きくて真っ黒いもの、大きな睾丸の持ち主などともいう[1]

跳びはねるように歩く。 男女の性別があり、大人になって結婚もすれば、子どもを生んで家族連れで現れる、あるいは人間の家に嫁ぐこともあるなどとされる。

魚介類を主食とする。とくに魚の目玉(左目)が大好きで、目玉だけがない魚の死骸があったら、それはキジムナーの食べ残しと伝えられる。 また、グルクンの頭が好物だともいう。 自ら海に潜って漁をする。

いっぽうで人間の船に同乗して共同で漁を行うと伝えられ、ほかにも作業の手伝いをして褒美にご馳走をいただく、夕食時にはかまどの火を借りに来る、年の瀬は一緒に過ごすなど、人間とは「ご近所」的な存在であるといった伝承が多い。キジムナーとともに漁をすると、たちどころに船が魚であふれるほど魚が捕れるが、前述のようにキジムナーは好物の魚の目玉を食べるので、捕れた魚は必ず片目がないという[1]

人間と敵対することはほとんどないが、住みかの古木を切ったり虐げたりすると、家畜を全滅させたり海で船を沈めて溺死させるなど、一たび恨みを買えば徹底的に祟られると伝えられる。赤土を赤飯に見せかけて食べさせる、木の洞など到底入り込めないような狭い場所に人間を閉じ込める、寝ている人を押さえつける、夜道で灯りを奪うなどの悪戯を働くともいう[1]。 東北地方の座敷わらしに近い伝承もあり、キジムナーに気に入られた家は栄え、反対に嫌われた家は滅びるとも伝えられる。

タコニワトリ、熱い鍋蓋、屁を嫌うので、キジムナーと縁を切るにはこれらのものを使うか、キジムナーの宿っている木を焼いたり、釘を打ち込んだりすると良いという[1]。ただし、ある老人がキジムナーと仲良くなった後、しばらくしてキジムナーを気味悪く思ったのでこのような方法で追い払ったところ、その老人は3日後に死んでしまったという話もある[2]

火に関連しているという説もあり、旧暦8月10日にはキジムナー火が出るといって見物人が出たという。また、原因不明の怪火もキジムナーの火によるものといわれ、家の屋根からキジムナーの火が上がると死の予兆とされた[1]

昭和以降も沖縄の子供たちの間では、キジムナーの足跡を見るという遊びがあった。それによれば、静かで薄暗い場所に円を描き、小麦粉などの白い粉を撒き、円の中心に線香を立てて火を灯し、呪文を唱えて隠れてから20数えてもとの場所に戻ると、粉の上にキジムナーの足跡がついているという[3]

キジムナーの故郷[編集]

沖縄県国頭郡大宜味村の喜如嘉(きじむか)が伝承の発祥の地と言われ、その地名を取って「きじむなー」の名で呼ばれることが多いが、沖縄本島でも地域によってこの類の精霊を全く別の呼称で呼ぶことも多い。なお、民俗学上、八重山諸島にはキジムナーの伝承は確認されないが、現在では沖縄県の妖怪・精霊として、全県的に定着している。

国頭郡今帰仁村羽地内海ヤガンナ島は死者を葬る島として一般人の立ち入りがタブー視されているが、この島ではキジムナーをセーマ(精魔)といって、島に立ち入った人間に対し、雄セーマは性器を、雌セーマは乳房をその者の口に突っ込んで窒息死させるといわれる[4]

類似する妖怪[編集]

  • 子供の様な姿や人間との関わりという共通点から、キジムナーは沖縄県版の河童とも言われる。
  • 沖縄では大木に宿る精霊をキーヌシーというが、これを擬人化したものがキジムナーだとする説もある[5]
  • アフリカのモシ族は巨樹にキンキルシなる人型の精霊が宿ると考え、アロンエウェ族はバオバブの樹にはフィティなる精霊が、イチジクの仲間の巨樹にはトロウォという水辺に住む精霊が宿ると考えている[6]
  • ケンムン

派生物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、131-132頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 千葉幹夫 『妖怪お化け雑学事典』 講談社1991年、272頁。ISBN 978-4-06-205172-9
  3. ^ 宮本幸枝・熊谷あづさ 『日本の妖怪の謎と不思議』 学習研究社〈GAKKEN MOOK〉、2007年、98頁。ISBN 978-4-05-604760-8
  4. ^ 『妖怪事典』、201頁。
  5. ^ 村上健司編著 『日本妖怪大事典』 角川書店〈Kwai books〉、2005年、113-114頁。ISBN 978-4-04-883926-6
  6. ^ 精霊の宿る植物 Plants with Spirit or Fairy”. 草と木と花の博物史 Plants in Culture. 2008年11月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]