キジハタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キジハタ
キジハタ
キジハタ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 魚上綱 Pischformes
: 硬骨魚綱 Osteichthyes
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: ハタ科 Serranidae
亜科 : ハタ亜科 Epinephelinae
: マハタ属 Epinephelus
: キジハタ E. akaara
学名
Epinephelus akaara
(Temminck et Schlegel, 1842)
和名
キジハタ(雉羽太)
本文参照
英名
Redspotted grouper
Hong Kong grouper

キジハタ(雉羽太、学名:Epinephelus akaara )は、スズキ目・スズキ亜目・ハタ科・ハタ亜科に分類される魚。日本から中国沿岸の温暖な海域に分布する魚で、高級食材として扱われる。

特徴[編集]

最大全長で60cm近くなる個体もいるが、30cmほどのものが比較的多く見られる。ハタとしては小型から中型の部類である。雌性先熟の性転換をおこない、自然環境では全長約40cmでメスからオスに転換する。

体色はオレンジ色で、朱色の斑点が全身に見られる。また、背中の中央に黒っぽい大きな斑点が1つある。ノミノクチ E. trimaculatus とよく似ているが、ノミノクチは斑点が暗赤色であることから区別出来る。

目は緑色で、キジハタの語源となったキジ色をしている。

青森県以南から朝鮮半島南部、中国台湾までの沿岸域に分布する。岩場に砂場が混じったような環境を好み、内湾の人工護岸周辺にも生息する。群れを作らず単独で生活し、昼は岩陰や洞窟の中にひそんでいるが、夜に泳ぎだして獲物を探す。小型の個体は甲殻類を主な餌とするが、成長に伴い魚中心となる。

繁殖期は初夏で、小さい卵を少しずつ産む。性転換サイズになるには10年前後かかると考えられる。

別名[編集]

主に関西瀬戸内海アコウ・アコ(赤魚、茂魚)、山陰アカミズ(赤水)、長崎県福岡県等でアカアラ(赤荒)、愛知県アズキマス(小豆鱒)と呼ばれる。なお、関東地方アコウ(赤魚)と呼ばれる魚はアコウダイという別の種である。

シーボルト長崎で採集した標本より学名が付けられたが、その時の地方名「アカアラ」がそのまま種名 "akaara" となっている。

利用[編集]

高級魚として珍重される。初夏で、日本では造り煮付けとして食べることが多い。鍋料理にも適する。身はややピンク色をした白身で、刺身ではさっぱりとしているが、熱を通すと弾力とうまみが出てくる。 細かい鱗をきれいに落として皮を煮付けると美味である。 50cmを超える個体になると、骨が非常に硬くなる。

香港では「紅斑」(広東語 ホンパーン)と呼ばれ、ハタ類の中ではサラサハタに次いで珍重されており、主に蒸し魚として食べられる。

関連項目[編集]