キシメジ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キシメジ科
Tricholoma equestre.jpg
キシメジ Tricholoma equestre
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
亜門 : 菌蕈亜門 Hymenomycotina
: 真正担子菌綱 Homobasidiomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: キシメジ科 Tricholomataceae
下位分類(属)
本文参照

キシメジ科(Tricholomataceae)はハラタケ目キノコ分類名。多くの属を含んでおり、マツタケブナシメジしいたけ等、日本人になじみのあるキノコも含まれている。形は様々で、特に共通の特徴はない。

分類史[編集]

過去には"分類の墓場"(wastebasket taxon)とされており、すでに分類されていたテングタケ科ハラタケ科ヌメリガサ科ウラベニガサ科イッポンシメジ科に分類されておらず胞子の色が白色、黄色、桃色などのハラタケ目のキノコの属を含んでいた。

学名の"Tricholomataceae"はギリシャ語で毛を意味するtrichos(τριχος)と縁や境界を意味するloma (λωμα)からきているが、構成する種が全てこの特徴を持つわけではない[1]

Arnolds (1986)とBas (1990)はヌメリガサ科の属をこの科に置いたが、この分類は菌類分類学者の主流には採用されなかった。(Young, 2003)

分子系統学の登場はキシメジ科に属する単系統群の分類を大きく助けた。分子系統学からの証拠があってキシメジ科からの分離が提案された例がいくつかあったものの、これまではリンネの分類群というより分岐学で定義されていたが、2006年にキシメジ科からヒドナンギウム科(Hydnangiaceae)、シメジ科(Lyophyllaceae)、ホウライタケ科(Marasmiaceae)、クヌギタケ科(Mycenaceae)、ツキヨタケ科(Omphalotaceae)、タマバリタケ科(Physalacriaceae)、ヒラタケ科(Pleurotaceae)などを分離することが正式に公表された。

キシメジ科("Tricholomataceae")の名前は、将来下位分類が減らされ、キシメジ属(Tricholoma)とそれにごく近い属のみを含む単系統的な科に変わっていくとしても、キシメジ属とそれに近い関係を持つものを扱う際の名前として妥当性があると見られ維持されている。競合する名前からキシメジ科の名前を保持するために国際植物学会議は1988年と2006年の2度投票している。(Redhead 2003, McNeill, et al. 2006)この決定はキシメジ科からの新たな科の分離を無効にしてはおらず、単純にキシメジ科の名前を維持することを確認したものである。(Young, 2002)

ニュージャージー州チューロン期琥珀から発見された絶滅種であるArchaeomarasmius[2]化石記録によって知られるハラタケ目の4つの属のうちの1つである[3]

[編集]

おもな属にはカヤタケ属(Clitocybe)、ムラサキシメジ属(Lepista)、ザラミノシメジ属(Melanoleuca)、ヒダサカズキタケ属(Omphalina)、キシメジ属(Tricholoma)などが存在する。これらも含め78属1020種が存在している[4]


参考画像[編集]

[編集]

  1. ^ Nilson, Sven; Olle Persson (1977). Fungi of Northern Europe 2: Gill-Fungi. Penguin. p. 24. ISBN 0-14-063006-6. 
  2. ^ Hibbett, D.S.; Grimaldi, D.S. & Donoghue, M.J. (1997). “Fossil mushrooms from Miocene and Cretaceous ambers and the evolution of Homobasidiomycetes”. American Journal of Botany 84 (8): 981–991. http://www.amjbot.org/cgi/content/abstract/84/7/981. 
  3. ^ Hibbett, D.S.; et al (2003). “Another fossil agaric from Dominican Amber”. Mycologia 95 (4): 685–687. doi:10.2307/3761943. http://www.jstor.org/stable/3761943.  (要購読契約)
  4. ^ Kirk PM, Cannon PF, Minter DW, Stalpers JA. (2008). Dictionary of the Fungi. 10th ed. Wallingford: CABI. p. 700. ISBN 0-85199-826-7. 

参考文献[編集]