キサイロナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キサイロナス山麓の位置

キサイロナス(現代ギリシャ語Κιθαιρώνας, Kitheronas, 古代ギリシャ語:Κιθαίρων, Kithairon, キタイローンキタイロン)は、ギリシャ中央にある全長16kmの山麓。北のボイオーティア、南のアッティカ北部との境である。石灰岩ででき、最高標高は1,409m。その最北端はPastra山である。

ギリシア神話の中で、キタイローン山麓はディオニューソスを祀る山であるばかりでなく、さまざまな事件の舞台となっている。この山にオイディプースは捨てられ、斜面ではアクタイオーンペンテウスがともにバラバラにされて殺された。

有史時代になると、紀元前479年プラタイアの戦いの舞台で、戦いの本番の前に多くの小競り合いが行われた。その後は、アテナイテーバイの国境争いが起こり、プラタイアとエリュトライ(現Erythres)に要塞が建てられた。プラタイアの人々はキタイローン山麓を最初の王として擬人化した。「プラタイア人は彼以前にアーソーポスとキタイローン以外の王を知らない。後者は後に山の名に、前者は河の名で伝えられている」[1]

脚注[編集]

  1. ^ パウサニアス、9.1.2。

参考文献[編集]