キキョウラン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キキョウラン属
Dianella caerulea.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: ススキノキ科 Xanthorrhoeaceae
亜科 : キスゲ亜科 Hemerocallidaceae
: キキョウラン属 Dianella
学名
Dianella Lamarck ex. Juss.
タイプ種
Dianella ensata (Thunb.) R.J.F. Henderson
シノニム
英名
flax lilies

キキョウラン属(キキョウランぞく、学名 Dianella)はキスゲ亜科に属する単子葉植物の属のひとつ[2]

分布は日本からインドオーストラリアからニュージーランド太平洋諸島である。およそ半数の種がオーストラリアに固有である[3]。いくつかの種はその珍しい形の葉と青から紫の液果から、観賞用に栽培される[4]タイプ種Dianella ensata だが[5]、この名は現在キキョウラン Dianella ensifolia のシノニムとされている [6]

利用[編集]

果実については、非常に毒性が強いものもあるが[7][8]Dianella caerulea のような甘いナッツ様の味をもつものもあり[9]Dianella congesta は最も美味であると報告されている[10]

葉はアボリジニによってDillybagなどの籠を編むために用いられていた[10]

名称[編集]

属名Dianella は1786年、ジャン=バティスト・ラマルクEncyclopédie Méthodique. Botanique で提唱されたが[11]、属の記載文を欠いていたため有効な名とはならず[12]、1789年のアントワーヌ・ローラン・ド・ジュシューの著書、 Genera Plantarum第1版において正式にこの名で記載された[13][14]Umberto Quattrocchiは属名の語源について、森と狩猟の女神ディアーナの名に縮小辞をつけた形であるとしている[15]

分類[編集]

約40種が属する[1]

  • Dianella ensifolia (L.) DC. (syn. D. ensata) キキョウラン - アフリカ南部・マダガスカル・インド・中国・日本・東南アジア・ニューギニア・ソロモン諸島・インド洋諸島
  • Dianella dentata Schlittler - 中国南東部
  • Dianella javanica (Blume) Kunth - 東南アジア・ニューギニア
  • Dianella adenanthera (G.Forst.) R.J.F.Hend. - 多くの太平洋諸島
  • Dianella carolinensis Lauterb. - ミクロネシア
  • Dianella saffordiana Fosberg & Sachet - グアム
  • Dianella boliviana Schlittler - ボリビア
  • Dianella monophylla Hallier f. - ニューギニア
  • Dianella acutifolia Schlittler - ニューカレドニア
  • Dianella daenikeri Schlittler - ニューカレドニア
  • Dianella plicata Schlittler - ニューカレドニア
  • Dianella stipitata Schlittler - ニューカレドニア
  • Dianella pendula Schlittler - ロイヤルティ諸島
  • Dianella sandwicensis Hook. & Arn. - ニューカレドニア・ハワイ・マルケサス
  • Dianella odorata Blume - マルク諸島, スラウェシ島, スマトラ島, クイーンズランド州, ノーザンテリトリー
  • 主にオーストラリア産
    • Dianella atraxis R.J.F.Hend. - クイーンズランド州
    • Dianella brevipedunculata R.J.F.Hend. - クイーンズランド州、葉は60cm程度、花と実は葉に隠れる
    • Dianella crinoides R.J.F.Hend. - クイーンズランド州, ニューサウスウェールズ州
    • Dianella nervosa R.J.F.Hend. - クイーンズランド州, ニューサウスウェールズ州
    • Dianella fruticans R.J.F.Hend. - クイーンズランド州
    • Dianella incollata R.J.F.Hend. - クイーンズランド州
    • Dianella pavopennacea R.J.F.Hend. - クイーンズランド州、果実は可食[10]
    • Dianella bambusifolia Hallier f. - クイーンズランド州, ニューギニア、果実は可食[10]
    • Dianella serrulata Hallier f. - クイーンズランド州, ニューギニア
    • Dianella caerulea Sims - ニューギニア, オーストラリア東部、"Paroo lily"、葉は60cm、花茎は90cm程度
    • Dianella congesta R.Br. - クイーンズランド州, ニューサウスウェールズ州、"beach flax lily"、果実はまとまった房状で、非常に美味[10]
    • Dianella callicarpa G.W.Carr & P.F.Horsfall - ビクトリア州
    • Dianella brevicaulis (Ostenf.) G.W.Carr & P.F.Horsfall - オーストラリア南部、"coast flax-lily"[16]
    • Dianella longifolia R.Br. - オーストラリア広域、果実は可食[10]
    • Dianella revoluta R.Br. (syn. D. admixta)[1] - オーストラリア広域、果実は可食[10]
    • Dianella rara R.Br. - クイーンズランド州
    • Dianella porracea (R.J.F.Hend.) Horsfall & G.W.Carr - クイーンズランド州, ニューサウスウェールズ州, オーストラリア南部
    • Dianella prunina R.J.F.Hend. - ニューサウスウェールズ州
    • Dianella tarda Horsfall & G.W.Carr - ニューサウスウェールズ州, ビクトリア州
    • Dianella tenuissima G.W.Carr - ニューサウスウェールズ州ブルー・マウンテンズ
    • Dianella amoena G.W.Carr & P.F.Horsfall - タスマニア・ビクトリア州
    • Dianella tasmanica Hook.f. - タスマニア・ビクトリア州・ニューサウスウェールズ州、"Tasman flax lily"、葉は80cm、花茎は1.5m程度。果実は食用不可[10]
    • Dianella intermedia Endl. - ノーフォーク島ロード・ハウ島
  • ニュージーランド産
    • Dianella haematica Heenan & de Lange - ニュージーランド北島
    • Dianella latissima Heenan & de Lange - ニュージーランド北島
    • Dianella nigra Colenso - ニュージーランド北・南島 マオリ語turutu として知られる

脚注[編集]

  1. ^ a b c Search for "Dianella", World Checklist of Selected Plant Families, Royal Botanic Gardens, Kew, http://apps.kew.org/wcsp/ 2014年9月4日閲覧。 
  2. ^ H. Trevor Clifford, Rodney J.F. Henderson, and John G. Conran. 1998. "Hemerocallidaceae" pages 245-253. In: Klaus Kubitzki (editor). 1998. The Families and Genera of Vascular Plants volume III. Springer-Verlag: Berlin;Heidelberg, Germany. ISBN 978-3-540-64060-8
  3. ^ Starting out with Natives, John Wriggley & Murray Fagg
  4. ^ Anthony Huxley, Mark Griffiths, and Margot Levy (1992). The New Royal Horticultural Society Dictionary of Gardening. The Macmillan Press,Limited: London. The Stockton Press: New York. ISBN 978-0-333-47494-5 (set).
  5. ^ Dianella In: Index Nominum Genericorum. In: Regnum Vegetabile (see External links below).
  6. ^ Dianella ensata, World Checklist of Selected Plant Families, Royal Botanic Gardens, Kew, http://apps.kew.org/wcsp/namedetail.do?name_id=304104 2012年5月25日閲覧。 
  7. ^ http://www.dpi.nsw.gov.au/__data/assets/pdf_file/0008/112796/garden-plants-poisonous-to-people.pdf, page 8
  8. ^ http://www.alpaca.asn.au/docs/about/husbandry/poison_plants.pdf
  9. ^ http://www.rbgsyd.nsw.gov.au/plant_info/aboriginal_bush_foods
  10. ^ a b c d e f g h Wild food plants of Australia, Tim Low
  11. ^ Jean-Baptiste Lamarck. 1786. Encyclopédie Méthodique: Botanique. 2:176 (See External links below).
  12. ^ Rodney J.F. Henderson. 1977. Typification of Dianella Lam. ex Juss. (Liliaceae). Taxon 26(1):131-137.
  13. ^ Antoine Laurent de Jussieu (1789), Genera Plantarum, Paris: Herrisant and Barrois, p. 41, http://books.google.com/?id=qjUhAAAAYAAJ&dq=antonii+laurentii+genera+plantarum&printsec=frontcover&q=  (See External links" below)
  14. ^ Dianella in International Plant Names Index. (see External links below).
  15. ^ Umberto Quattrocchi. 2000. CRC World Dictionary of Plant Names volume II. CRC Press: Boca Raton; New York; Washington,DC;, USA. London, UK. ISBN 978-0-8493-2676-9 (vol. II). (see External links below).
  16. ^ Dianella brevicaulis in FloraBase”. 2015年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]