キウィタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キウィタス: civitas)とは、ラテン語で「都市」「国家」といった市民政治共同体、あるいは、それによって付与される「市民権」(狭義には「ローマ市民権」)を意味する語[1]ギリシャ語で言うところの「ポリス」に相当する。

歴史[編集]

後世への影響[編集]

トーマス・ホッブズは、『リヴァイアサン』において論述した、社会契約的に形成された国家を英語で「コモンウェルス」と表現したが、それは「ラテン語ではキウィタスと呼ばれる」と付記しており[2]、ギリシャ・ローマの協約的な国家体制が自身の国家・社会思想の着想元であることを示唆している。

また、ジョン・ロックも同じように、その著書『統治二論』において、「私がコモンウェルスという言葉によって意味しているのは、ラテン人がキウィタスという言葉で表した独立の共同体のことである。」と述べている[3]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]