キア・エンタープライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キア・エンタープライズ
フロント
20100812 kia enterprise 01.jpg
リア
20100812 kia enterprise 02.jpg
乗車定員 5名
エンジン V6 2.5L
V6 3.0L
V6 3.6L
変速機 4AT
全長 5,020mm
全幅 1,810mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,850mm
-自動車のスペック表-

エンタープライズEnterprise )は大韓民国の自動車メーカー起亜自動車が生産していた準大型車であり、マツダ・ルーチェをベースとしたポテンジャと入れ替わる形で登場した。

マツダ・センティア(2代目、HE系)をベースにしているが、搭載されるエンジンはベース車とは異なり、3.0Lのほかに2.5Lと3.6Lも用意されていた。グレードは搭載されるエンジンに応じて「CEO」「SUMMIT」「SL」「デラックス」の4種が用意された。

外観は大部分においてセンティアのデザインを踏襲しているが、細部は異なり、キアオリジナルとなっている。とはいえ、後部がトヨタ・クラウンマジェスタ(初代)に酷似している。

2001年にフロント周りとCIマークを中心としたマイナーチェンジを図るも、2003年にオピラスが登場したことにより、廃止された。