ガールパワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガールパワー英語: Girl Power)とは少女同士の結束、少女と若い女性の中の独立独歩の態度などを表す言葉。フェミニズムの一環としても使われる。

語源[編集]

世界中を席巻した女性5人組みグループ「スパイス・ガールズ」がガールパワーを提唱し、主に1990年代の米英の大衆文化における女性の表現に影響を与えた。

女性教育とガールパワー[編集]

イギリスでは、近年女子の学力優位が成果を挙げている。毎年6月に義務教育修了資格試験(GCSE)を受け(日本におけるセンター試験に相当)、結果順にABCDEFGまでの成績がつけられる。この試験においてAクラスの女子は5.9%、男子は4.1%。ABCまでの合計は女子62.4%、男子53.4%で、その差は両方とも開いていく傾向にある。男子の学業不振は社会問題にまで発展し、ブレア政権が男子成績の奮起を促そうと様々な面から対策を行った。離婚率が高く5世帯のうち1世帯が母子家庭、多くの場合は父親が存在しない、学校の92%の教師が女性であることなどが浮かび上がり、主な原因として男の子にとってロールモデル(見本)がいないことが指摘された。そこで男性教師を増やす、男の子が興味を持つ教材などが取り入れられたが、効果は挙がらなかった。

関連項目[編集]