ガープス・ベーシック第4版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガープス・ベーシック第4版
デザイナー スティーブ・ジャクソンショーン・パンチDavid L. PulverグループSNE(訳)、安田均(訳)、黒田和人(訳)
販売元 スティーブ・ジャクソン・ゲームズ富士見書房(日本語版)
発売日 2004年(原書)、2005年12月(第1巻)、2006年3月(第2巻)
ジャンル ユニバーサル
基幹システム ガープス第4版

ガープス・ベーシック第4版』(ガープス・ベーシックだいよんはん、GURPS 4e Basic Set )はスティーブ・ジャクソンショーン・パンチDavid L. Pulverが書き上げたハードカバーの2冊セットのテーブルトークRPGのシステムガープス第4版の基本ルールブック。スティーブ・ジャクソン・ゲームズ2004年GURPS Basic Set: Characters[1](第1巻)とGURPS Basic Set: Campaigns[2](第2巻)を出版した。日本語版は第1巻の『ガープス・ベーシック【第4版】キャラクター』[3]2005年12月に、第2巻の『ガープス・ベーシック【第4版】キャンペーン』[4]2006年3月にグループSNEの翻訳により富士見書房から出版された。第1巻の『ガープス・ベーシック【第4版】キャラクター』は、ガープスのキャラクターを作ってプレイする方法を理解したいプレイヤーに焦点を当てている。8のサンプルキャラクターが含まれている。第2巻の『ガープス・ベーシック【第4版】キャンペーン』はゲーム世界を構築するゲームマスターのための知識に焦点を当てている。ガープスでキャンペーンを行うためのすべての基本的な知識は、他のルールブックやサプリメントに載っているジャンルや世界固有の知識を含めこの1冊にある。

概要[編集]

ガープスの以前の版(第3版)のルールは、道理にかなった環境で新しい拡張ルールを校合して後からリリースされた GURPS Compendium I [5]GURPS Compendium 2 [6] を含めたコアルールブックとして初めてベーシックセットとして成り立っていた。

以前の版からの変更で、ルールブックが日本語版を除き、フルカラーでハードカバーになった。プレイヤーからの様々な反響により、一連のガープス第4版の原書がそれに従う動きを見せている。

第3版から第4版への移行を容易にするために、フリーのPDFで配布されている GURPS Update [7] がリリースされた。 GURPS Update は、キャラクターやソースブック情報を新ルールに変更するための広範なガイドを紹介している。GURPS Updateの日本語版は公式には配布されていない。

日本語版[編集]

原書が重量や長さなどの単位にヤード・ポンド法を用いているのに対し、日本語版ではメートル法を用いている。 原書では、ヤード・ポンド法をメートル法に変換する表[8][脚注 1]が用意されており、数値は実際の正確な値とは異なりゲーム向けに簡素化されている。例えば、1ヤードは実際の値では0.914メートルだが、ガープスでは1メートルとみなしている。これによってヤード・ポンド法からメートル法への変換も容易になっている。この表には、長さ重量体積のほか温度の単位も定められている。

ヤード・ポンド法から簡素化されたメートル法への変換により、日本語版における荷重基本値(Basic Lift, BL)は、重量にポンド(pound, lb.)を用いているのに対し、メートル法に変換する表に従って、1lb. = 0.5kg[脚注 2]とみなし、kg重を基準に計算しているため、値が原書の半分になる。同様に日本語版における装備品の重量は単位をkgで表しているため、こちらの値も半分になる。

翻訳における問題[編集]

日本語版では端数切捨てを「繰り上げ」と訳す致命的な間違いや、Split Personalityを「多重人格」(解離性同一性障害)の代わりに「統合失調症」と訳す[脚注 3]などグループSNEによる誤訳が見られる。スティーブ・ジャクソン・ゲームズ公式サイトのエラッタには掲載されてグループSNEの公式サイトのエラッタにも掲載されないエラッタや、グループSNE自身の誤訳によるエラッタも見つかる。例えば、端数切捨ての誤訳はグループSNEのエラッタに掲載されているが、Split Personalityの誤訳のエラッタは掲載されていない。Thaumatology 技能の日本語訳に<魔法学>と<魔法理論>両方が現れ、Light machine gun の日本語訳に「ライトマシンガン」と「軽機関銃」両方が現れるなどの訳語不統一も見られる。

受賞とノミネーション[編集]

  • 2004年、GURPS 4e Basic set はBest RPGとして"Pen & Paper Fan Award"を受賞[9]し、RPG Hall of Fameに殿堂入りした[10]
  • 2005年、Best Role-playing Gameとしてオリジン賞にノミネートされた[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本語版ではこの変換表の箇所が削除されている。
  2. ^ 実際の値は1lb. = 0.454kg
  3. ^ 第3版の文庫版では「精神分裂」、第3版の完訳版では「多重人格」という訳が使われていた。

参考文献[編集]

  1. ^ スティーブ・ジャクソン; ショーン・パンチDavid L. Pulver (2004年) (英語). GURPS Basic Set: Characters. スティーブ・ジャクソン・ゲームズ. ISBN 1-55634-729-4. http://www.sjgames.com/gurps/books/basic/. 
  2. ^ スティーブ・ジャクソン; ショーン・パンチDavid L. Pulver (2004年) (英語). GURPS Basic Set: Campaigns. スティーブ・ジャクソン・ゲームズ. ISBN 978-1-55634-730-6. http://www.sjgames.com/gurps/books/basic/. 
  3. ^ スティーブ・ジャクソン; ショーン・パンチDavid L. PulverグループSNE(訳)、安田均(訳)、黒田和人(訳) (2005年) (日本語). ガープス・ベーシック【第4版】キャラクター. 富士見書房. ISBN 978-4-8291-7600-9. 
  4. ^ スティーブ・ジャクソン; ショーン・パンチDavid L. PulverグループSNE(訳)、安田均(訳) (2006年) (日本語). ガープス・ベーシック【第4版】キャンペーン. 富士見書房. ISBN 978-4-8291-7611-5. 
  5. ^ ショーン・パンチ. GURPS Compendium I. スティーブ・ジャクソン・ゲームズ. ISBN 1-55634-290-X. http://www.sjgames.com/gurps/books/Compendium/. 
  6. ^ ショーン・パンチ. GURPS Compendium II. スティーブ・ジャクソン・ゲームズ. ISBN 1-55634-327-2. http://www.sjgames.com/gurps/books/compendium2/. 
  7. ^ GURPS Update (PDF)”. スティーブ・ジャクソン・ゲームズ. 2010年1月23日閲覧。
  8. ^ スティーブ・ジャクソン; ショーン・パンチ, David Pulver (2004年). “Introduction” (英語). GURPS Basic Set: Characters. スティーブ・ジャクソン・ゲームズ. pp. 9ページ. ISBN 1-55634-729-4. http://www.sjgames.com/gurps/books/basic/. "Metric Conversions" 
  9. ^ Pen & Paper Fan Awards - 2004 Winners”. 2010年1月23日閲覧。
  10. ^ Pen & Paper Fan Awards - 2004 Winners (page 3)”. 2010年1月23日閲覧。
  11. ^ Origins Awards 2005 Announcement”. 2007年8月24日閲覧。

関連項目[編集]

  • List of GURPS books - ガープスの書籍一覧(英語)
  • GURPS Infinite Worlds - 英語、『ガープス・インフィニットワールド』。この世界設定は『ガープス・ベーシック【第4版】キャンペーン』で36ページにわたっての紹介されている。

外部リンク[編集]