ガンビア (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Gambia3c.jpg
「ガンビア」
艦歴
発注
起工 1938年7月24日
進水 1940年11月30日
就役 1942年2月21日
貸与 ニュージーランド海軍に貸与
(1943年9月22日 - 1946年3月27日)
退役 1960年12月
その後 1968年12月5日スクラップとして売却
除籍
性能諸元
排水量 基準:8,530トン、満載:10,450トン
全長 169.3 m (555.5 ft)
全幅 18.9 m (62 ft)
吃水 5.0 m (16.5 ft)
機関 アドミラリティ式重油専焼水管缶 4基
パーソンズ式ギアード・タービン 4基

4軸推進、72,500 shp

最大速力 33ノット(61 km/h)
航続距離 6,520海里/13ノット
乗員 730名
兵装 50口径6インチ3連装砲 4基
45口径4インチ連装砲 4基
ボフォース40mm連装対空機関砲 4基
20mm連装対空機関砲 6基
40口径2ポンド4連装ポムポム砲 3基
21インチ3連装魚雷発射管 2基
搭載機 スーパーマリン ウォーラス2機
(後に撤去)

ガンビア (HMS Gambia, 48/C48 HMNZS Gambia) は、イギリス海軍およびニュージーランド海軍軽巡洋艦フィジー級

艦歴[編集]

1942年8月、航海する同艦(イギリス海軍公認写真家撮影)

スワン・ハンター社で建造。1938年7月24日起工。1940年11月30日進水。1942年2月21日竣工。東洋艦隊所属となる。1942年9月にマダガスカルマジュンガへの上陸作戦(ストリーム作戦)に参加したほか、インド洋での船団護衛などに従事。1943年6月、イギリスに戻る。

ガンビアはニュージーランド海軍に移管され、1943年末にドイツの封鎖突破船阻止作戦(ストーンウォール作戦)に参加。

ニュージーランド海軍で、1944年5月18日

1944年になると再び東洋艦隊に加わり、コックピット作戦トランサム作戦などに空母の護衛として参加した。1944年7月のクリムズン作戦ではサバン砲撃を行った。1945年は太平洋艦隊所属で沖縄戦日本本土への攻撃に参加した。8月9日にはアメリカ海軍第34.8.1任務隊や軽巡洋艦ニューファンドランドなどと共に釜石砲撃を実施した。

1960年に退役。1968年12月5日に解体場所に到着。

外部リンク[編集]