ガンカメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホーカー ハンター の機首にあるG-10ガンカメラの撮影孔

ガンカメラ英語:gun camera)は、軍用機などに取り付けられ、偵察や攻撃の記録などを行うカメラのこと。

概要[編集]

主に戦闘機が敵を撃墜したことの記録のために使われたり、実射を伴わない訓練での命中判定に利用される。現代においては戦闘機や攻撃ヘリなどカメラ自体を利用して照準を合わせたりする。

ガンカメラが導入され始めたのは1920年代で、イギリス空軍第一次世界大戦で本格的に採用した。盛んに使われ始めたのは第二次世界大戦で、米軍機に取り付けられて、敵を機銃掃射などで攻撃している様子を写したガンカメラの映像は、史料映像として現在でもよく目にする。

大日本帝国軍においては、翼上につける訓練用のものが、「写真銃」として小西六によって製造された。