ガレアッツォ・アレッシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミラノのマリーノ宮殿の立面図。アレッシが描いた計画段階のもので、実際はやや異なる。

ガレアッツォ・アレッシ(Galeazzo Alessi、1512年 - 1572年12月30日)は、ペルージャ出身のイタリアの建築家で、古代の建築へのこだわりに基づく際立った様式でヨーロッパ中で知られたていた。画家ジョヴァンニ・バッティスタ・カポラーリの下で建築図面の描き方を学んだ。

長年ジェノヴァに住み、都市の城壁の修復や通りの配置計画などに関与し、印象的なパラッツォの建設を行った。それらの一部は今では世界遺産に含まれている。彼の作品はフェラーラボローニャナポリミラノといった都市にもあり、例えばミラノではサンタ・マリア・プレッソ・サン・チェルソ教会ファサードを設計している。ヴィニョーラと共同でアッシジのサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会を設計している。これは当時7番目の大きさの教会だった。イタリア国外でも、フランスやドイツやフランドルで教会や宮殿を設計した。スペインエル・エスコリアル修道院のための設計も行ったが、高齢で健康に不安があったため建設には関わらなかった。

主な作品[編集]

ジェノヴァのシベリア門
ミラノのマリーノ宮殿

参考文献[編集]

  • Rossi, Di Galeazzo Alessi memorie (Perugia, 1873)
  • Emmina De Negri, Galeazzo Alessi : architetto a Genova, (Quaderni dell'Istituto di storia dell'arte dell'Università di Genova, number 1, (Genoa) 1957.
  • Galeazzo Alessi e l'architettura del Cinquecento, atti del convegno internazionale di studi : Genoa, 16-20 April 1974, (Genoa 1975)
  • R. L. Torrijos, "Un testamento dimenticato di Galeazzo Alessi", in Architettura, storia e documenti, 1 (1985:97-100)
  • Catholic Encyclopedia
  •  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press.