ガルベストン (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Galveston (CL-19).jpg
艦歴
発注
起工 1901年1月19日
進水 1903年7月23日
就役 1905年2月15日
退役 1930年9月2日
その後 1933年9月13日にスクラップとして売却
除籍 1930年11月1日
性能諸元
排水量 3,200 トン
全長 308 ft 10 in
全幅 44 ft
吃水 15 ft 9 in
機関
最大速 16ノット
乗員 士官、兵員339名
兵装 5インチ砲10門
6ポンド砲8門
1ポンド砲2門
機銃4基

ガルベストン (USS Galveston, PG-31/CL-19/C-17) は、アメリカ海軍防護巡洋艦デンバー級防護巡洋艦の1隻。艦名はテキサス州ガルベストンに因む。

艦歴[編集]

ガルベストンは1901年1月19日にバージニア州リッチモンドのウィリアム・R・トリッグ社で起工する。1903年7月23日にエラ・シーレイによって命名、進水し、1905年2月15日に艦長W・G・カトラー中佐の指揮下就役した。

ガルベストンは1905年4月10日にノーフォークを出航し、艦名の由来となったテキサス州ガルベストンを訪れる。ここで同市民より銀製食器一揃の贈呈を受ける。5月3日に東海岸に帰還、6月18日にニューヨークを出航しフランスシェルブールに向かい、6月30日に到着、アメリカ海軍士官学校へのジョン・ポール・ジョーンズの遺体を返還する記念式典に参加した。アナポリスには7月22日に帰還し、続いてドルフィン (Dolphin) 、メイフラワー (Mayflower) に合流し、ニューヨーク州オイスター・ベイロードアイランド州ニューポートニューハンプシャー州ポーツマスで行われた日露戦争の講和会議(8月4日 - 8日)のホスト艦としての役割を果たした。1905年8月13日から9月11日までガルベストンは、ノーフォークから西インド諸島サントドミンゴポルトープランスへオランダ全権公使を乗せて巡航を行い、その後ノーフォークとニューヨークで海外任務の準備を行った。



ガルベストンは1930年9月2日にフィラデルフィアで退役した。11月1日に除籍され、1933年9月13日にペンシルベニア州フィラデルフィアのノーザン・メタル社にスクラップとして売却された。

外部リンク[編集]