ガールフレンド(仮)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガールフレンド(仮)
ジャンル 学園恋愛
ゲーム
ゲームジャンル 耳で萌える学園恋愛ゲーム
対応機種 スマートフォン
必要環境 iOS 5.0以降・Android 2.3以降
Google Chrome
推奨環境 iOS 6.0以降・Android 4.0以降
開発元 サイバーエージェント
プロデューサー 横山祐果[1][2]
ディレクター 田中一馬[2]
キャラクターデザイン QP:flapper
シナリオ 南郷智行、松木亜砂子[注 1]
プレイ人数 1人
稼動時期 2012年10月29日 -
レイティング 17歳以上
キャラクターボイス あり
インターネットラジオ:ガルフレラジオ
〜エレナと木乃子の秘密の放課後〜
配信期間 2013年10月8日 -
配信サイト HiBiKi Radio Station
配信日 毎週火曜日
配信形式 ストリーミング
パーソナリティ 原田ひとみ水橋かおり
提供 Ameba響ミュージック
漫画
漫画:ガールフレンド(仮)椎名心実編
〜恋してマドンナ〜
原作・原案など サイバーエージェント(原作)
QP:flapper(キャラクター原案)
作画 秋奈つかこ
出版社 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
掲載誌 電撃マオウ
発表号 2014年9月号 -
その他 青木良(監修・協力)
漫画:ガールフレンド(仮)村上文緒編
〜Secret Smile〜
原作・原案など サイバーエージェント(原作)
QP:flapper(キャラクター原案)
作画 瀬口たかひろ
出版社 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
掲載誌 ガールフレンド(仮)マガジン
発表号 1号 -
その他 青木良(監修・協力)
漫画:ガールフレンド(仮)クロエ・ルメール編
〜クロエと日本と未来のトビラ〜
原作・原案など サイバーエージェント(原作)
QP:flapper(キャラクター原案)
作画 アズマサワヨシ
出版社 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
掲載誌 ガールフレンド(仮)マガジン
発表号 1号 -
その他 青木良(監修・協力)
漫画:ガールフレンド(仮)櫻井明音編
〜心を込めて、勇気のOn Airi〜
原作・原案など サイバーエージェント(原作)
QP:flapper(キャラクター原案)
作画 kakao
出版社 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
掲載誌 ガールフレンド(仮)マガジン
発表号 1号 -
その他 青木良(監修・協力)
漫画:があるふれんど(かり)
〜聖櫻学園 gil's diary〜
原作・原案など サイバーエージェント(原作)
QP:flapper(キャラクター原案)
作画 な!
出版社 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
掲載誌 ガールフレンド(仮)マガジン
発表号 1号 -
その他 青木良(監修・協力)
アニメ
原作 サイバーエージェント
監督 林直孝
シリーズ構成 横手美智子
脚本 横手美智子、下山健人
佐々木奈文、吉田玲子
高山カツヒコ
キャラクターデザイン 堤谷典子
音楽 川井憲次
アニメーション制作 SILVER LINK.
製作 ガールフレンド(仮)製作委員会
放送局 放送局及びネット配信参照
放送期間 2014年10月 -
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト ゲーム漫画アニメ
ポータル ゲーム漫画アニメ

ガールフレンド(仮)』(ガールフレンドかっこかり[注 2]:Girl Friend BETA)は、サイバーエージェントのネットサービス・Ameba上で運営されているスマートフォン向けソーシャルゲーム

概要[編集]

耳で萌える学園恋愛ゲーム」というキャッチコピー[4]で表されているように、本作品の最大の特徴は一定ランク以上のレアリティのカード全てにボイスが付いている点である。ただしボイスはカードごとに数種類に限られており、いわゆる「フルボイス」ではない。

ゲームにはブラウザ上でプレイするバージョンと、iOS・Android用アプリの3種類があるが、iOSアプリ版が課金システムの都合上仮想通貨が別立てになっていること、各アプリ版ではApple・Googleのアプリ審査に適合するため一部画像を非表示にしているなどの違いがある。なお2014年8月29日より、Google Chromeを使用することによりパソコンからの利用も可能となった。

2012年10月29日にサービス開始。登録会員数は開始半年後の2013年5月5日に200万人を[5]、開始1年弱の9月27日に300万人を[6]、2014年1月12日に400万人を突破した[7]。2014年3月のゲーム中での仮想通貨消費額は18億スペンドで、スマートフォン端末におけるAmeba全体の消費額(約40億スペンド)の4割強を占める[8]

キャラクター原案はQP:flapper[注 3][9][10]

2014年6月25日、テレビアニメ化が発表された[11]

ゲームシステム[編集]

本ゲームでは「イベント」と称される複数のゲームが用意されており、その大半がバトル要素を含むイベントである。プレイヤーは所持カードであるガールからの声援を受けながら、アイテム(有償、ただし一部はゲーム内の条件クリアなどにより無償で提供される)等を消費してイベントに登場してくる悪者などを退治したり、他の部活に所属するプレイヤーたちと部活の勧誘合戦を繰り広げたりする。イベントに参加したプレイヤーは成績に応じた報酬(イベント限定の高レアリティカードや各種アイテムなど)を受け取ることができ、デッキやアイテムの強化に活用することができる。毎月1 - 25日頃までの期間がこれらのバトル系イベントで占められており、残りの数日間だけが女子生徒と親密度を上げるタイプのイベントが用意されている(ただし、この期間もクラスランク戦といった1対1の対戦タイプのバトルイベントが平行して行われる)。これらのイベントが概ね1ヵ月周期で開催され、この際にプレイヤーが所有するカードの数値や属性が勝敗結果に左右される仕組みとなっている。

カード[編集]

レアリティ
下位から順に、ノーマル (N)・ハイノーマル (HN)・レア (R)・ハイレア (HR)・Sレア (SR)・SSレア (SSR)・Uレア(UR) の7種類のレアリティがある。トレーナーカードでなく、かつレア以上のレアリティであるカードにはボイスが付く。
パラメータ
  • レベル
    各レベルに設けられた経験値が上限に達するとレベルが1アップし、レベルアップ報酬として、体力値・攻撃コスト・守備コストに割り振ることができるパラメータが3与えられる[注 4]。また、レベルの上限は現在250となっている。
  • 攻・守
    それぞれ攻撃・守備の強さを示す。「エール」で強化できる。
  • コスト
    ユニットを組む際に消費する値。
  • 好感度
    カードごとにある数値。1段階ではハートは2つまでしか貯まらないが、1段階進展をすると3つになり、2段階進展すると、最大値である5つまで貯めることができる。なお、ハート1つ分の好感度の上限数値はカードのレアリティによって異なっており、Nでは20、HNでは40、Rでは80、HRでは150、SRでは250、SSRでは400となっている。
  • 声援
    バトル等で発揮する効果。レベルが1 - 10まで設定されている。

カード強化[編集]

エール
別のカードを消費することにより、カードのレベルを上げることができる。声援を持つカードを消費した場合には、声援のレベルも上昇する場合がある。また、声援レベルは、1つ上がる毎に徐々に上げにくくなる。
進展
名前が同じカードを合成してカードを強化する。進展は2段階まで可能である。進展後のカードには、進展前のカードの攻・守の数値が5%[注 5]加算される。
  • 1段階目の進展後のカードにはプラスが付く(例:「櫻井明音 (R)」のカードを進展させると「櫻井明音+ (R)」となる)
  • 2段階目の進展で消費するカードは、進展してないカード・1段階進展させたカードのどちらでもよい。進展後のカードはレアリティが1段階上がり、カードに二つ名が付くか、既に二つ名のあるカードは別の二つ名が付く。(例:「櫻井明音+ (R)」のカードを進展させると「[放送小町]櫻井明音 (HR)」となる)
アルバイト
カードを指定し、アルバイトの種類により異なる拘束時間(1 - 8時間)終了後にガル(ゲーム内通貨)以外にも一定の確率でボーナスとしてさらにガルやトレーナーカードの久保田が得られ、同時にカードの好感度が上昇する。

カードその他[編集]

  • 卒業・バッジ
全てのカードは、卒業させることができ、レアリティがハイレアとSレア、SSレアのカードを卒業させる、またはエールの素材として使うときは、ハイレアならハイレアバッジが、SレアならSレアバッジ、SSレアならSSレアバッジが貰える。貰える個数はカードそのものの獲得条件などにより異なり、多くは一桁だがカードによっては数十個手に入る場合もある。しかしトレーナーのカードからは卒業させてもバッジを得ることはできず、最終進展によってできたハイレア、Sレア、SSレアのカードからは進展前のバッジが与えられることとなる(最終進展Sレア=ハイレアバッジ、最終進展SSレア=Sレアバッジとなる)。
他にもバッジは、イベントの報酬として得ることもある。
それぞれのバッジは集めるとイベントのカードや普通のカード(※一部のみ)と交換できる。(ハイレアバッジならハイレアのカード、SレアバッジならSレアのカード、SSレアバッジならSSレアのカードと交換できる。 )

登場人物[編集]

登場するキャラクターは、一部の限定カードを除き聖櫻学園の生徒・関係者となっている。(プレイヤーキャラクターは2年生の設定)

名前 誕生日 学年 / 職員 所属 声優
SWEET
朝比奈桃子(あさひな ももこ) 7月19日 1年A組 軽音楽部 小倉唯
浅見景(あさみ けい) 4月12日 3年B組 バレー部 伊藤美来
天都かなた(あまつ かなた) 9月17日 3年A組 生徒会 井上喜久子
有栖川小枝子(ありすがわ さえこ) 2月14日 3年C組 合唱部 中原麻衣
伊勢崎郁歩(いせざき いくほ) 5月27日 2年C組 かるた部 宝木久美
一色愛瑠(いっしき あいる) 3月31日 3年C組 アイドル同好会 内田愛美
円城寺小菊(えんじょうじ こぎく) 3月3日 1年生 日本舞踊部 吉岡沙知
小倉愛(おぐら めぐみ) 9月23日 1年生 テニス部 タカオユキ
加賀美茉莉(かがみ まつり) 7月1日 2年B組 テニス部 釘宮理恵
風町陽歌(かぜまち はるか) 7月3日 2年A組 軽音楽部 早見沙織
川上瀬莉(かわかみ せり) 2月6日 2年B組 茶道部 楠浩子
クロエ・ルメール 3月8日 3年A組 日本文化研究会 丹下桜
小日向いちご(こひなた いちご) 1月5日 1年B組 美術部 竹達彩奈
佐伯鞠香(さえき まりか) 7月5日 2年B組 保健委員会 伊藤かな恵
笹原野々花(ささはら ののか) 9月13日 3年B組 陶芸部 戸松遥
島田泉(しまだ いずみ) 12月3日 1年生 手品研究会
白瀬つづり(しらせ つづり) 12月12日 2年A組 書道部 村川梨衣
白鳥詩織(しらとり しおり 12月11日 2年C組 合唱部 高橋美佳子
橘響子(たちばな きょうこ)[注 6] 7月20日 国語教師 弓道部 新谷良子
鍋島ちより(なべしま ちより) 1月21日 3年A組 料理部
成瀬まなみ(なるせ まなみ) 11月2日 1年生 バドミントン部 儀武ゆう子
新垣雛菜(にいがき ひな) 12月13日 2年A組 米澤円
西野彩音(にしの あやね) 3月18日 1年生 吹奏楽部 名塚佳織
新田萌香(にった もえか) 11月14日 1年A組 演劇部 村田知沙
長谷川美卯(はせがわ みう) 3月21日 1年生 飼育委員会 内田彩
林田たまき(はやしだ たまき) 10月10日 3年生 応援団
柊真琴(ひいらぎ まこと)[注 6] 11月22日 1年A組 荒川美穂
日野奏恵(ひの かなえ) 10月25日 3年生 吹奏楽部
三科果歩(みしな かほ) 12月1日 1年生 料理部 松井恵理子
三嶋ゆらら(みしま ゆらら) 8月13日 3年A組 オカルト研究会 福原香織
南田七星(みなみだ ななせ) 7月7日 2年C組 天文部 原紗友里
望月エレナ(もちづき えれな) 5月25日 3年A組 写真部 原田ひとみ
森園芽以(もりぞの めい) 4月22日 1年B組 三上枝織
山野こだま(やまの こだま) 11月11日 1年B組 ワンダーフォーゲル部 南里侑香
優木苗(ゆうき なえ) 3月31日 1年B組 手芸部 日高里菜
ユーリヤ・ヴャルコワ 2月12日 1年B組 バレエ部 上坂すみれ
夢前春瑚(ゆめさき はるこ) 4月24日 1年C組 園芸部 茅野愛衣
COOL
赤瀬川摩姫(あかせがわ まき) 6月16日 2年B組 オカルト研究会 桑門そら
伊勢谷里都(いせや りと) 11月25日 3年生 フェンシング部
岩本樹(いわもと たつる) 2月11日 2年A組 歴史研究会 世戸さおり
音羽ユリ(おとわ ゆり) 8月19日 1年生
皆藤蜜子(かいとう みつこ) 9月1日 3年生 書道部 たかはし智秋
神楽坂砂夜(かぐらざか さや) 9月3日 3年B組 新聞委員会 寿美菜子
上条るい(かみじょう るい)[注 6] 5月2日 2年A組 弓道部 渡部優衣
川淵一美(かわぶち かずみ) 5月15日 2年C組 サッカー部 井ノ上奈々
神崎ミコト(かんざき みこと)[注 6] 6月6日 養護教師 保健委員会 小林ゆう
君嶋里琉(きみしま さとる) 5月18日 1年C組 水泳部 田村睦心
霧生典子(きりゅう のりこ) 10月20日 2年C組 風紀委員会 白石涼子
黒川凪子(くろかわ なぎこ) 2月2日 2年B組 軽音楽部 後藤沙緒里
五代律(ごだい りつ) 10月1日 3年生 剣道部 羅弘美
椎名心実(しいな ここみ) 5月31日 2年B組 新体操部 佐藤聡美
鴫野睦(しぎの むつみ) 5月15日 1年C組 生徒会 津田美波
重藤秋穂(しげとう あきほ) 9月10日 3年B組 弓道部 豊口めぐみ
東雲レイ(しののめ れい) 9月28日 2年C組 喜多村英梨
不知火五十鈴(しらぬい いすず) 8月7日 2年A組 華道部 悠木碧
千代浦あやめ(ちようら あやめ) 11月11日 3年A組 美術部 小松未可子
月白陽子(つきしろ ようこ) 1月9日 英語教師 英語研究会 遠藤綾
遠山未涼(とおやま みすず) 7月23日 2年C組 数学研究会
夏目真尋(なつめ まひろ) 4月20日 2年A組 文芸部 茅原実里
南條クミコ(なんじょう くみこ) 9月9日 2年A組 新聞委員会 東城日沙子
飛原鋭子(ひばら えいこ) 4月6日 3年B組 将棋部 伊藤静
前田彩賀(まえだ さいか) 1月15日 2年A組 歴史研究会 石黒千尋
正岡真衣(まさおか まい) 9月9日 3年B組 斎藤桃子
水野楓夏(みずの ふうか) 7月26日 購買職員 購買部
ミス・モノクローム 2年C組 堀江由衣
見吉奈央(みよし なお) 1月16日 2年C組 内田真礼
村上文緒(むらかみ ふみお) 11月2日 3年A組 図書委員会 名塚佳織
八束由紀恵(やつか ゆきえ) 4月2日 2年C組 学級委員 今井麻美
雪風真弥(ゆきかぜ まや) 9月14日 2年B組 演劇部 斎藤楓子
竜ヶ崎珠里椏(りゅうがさき じゅりあ) 12月10日 1年生 森島亜梨紗
POP
甘利燈(あまり あかり) 4月13日 1年C組 オカルト研究会 赤﨑千夏
綾小路美麗(あやのこうじ みれい) 12月23日 1年C組 乗馬部 山口立花子
石田いすき(いしだ いすき)[注 7] 5月10日 2年B組 地学部 小見川千明
江藤くるみ(えとう くるみ) 2月20日 1年B組 軽音楽部 洲崎綾
大山真由里(おおやま まゆり) 10月25日 1年A組 空手部 大久保瑠美
緒川唯(おがわ ゆい) 8月19日 3年A組 ダンス部
押井知(おしい とも) 4月9日 2年A組 放送委員会 藤田咲
小野寺千鶴(おのでら ちづる) 12月21日 3年C組 マンガ研究部 儀武ゆう子
掛井園美(かけい そのみ) 8月1日 2年生 大坪由佳
栢嶋乙女(かやしま おとめ) 7月20日 3年A組 日本文化研究会 内山夕実
岸田稚慧(きしだ ちる) 8月22日 2年B組
桐山優月(きりやま ゆづき) 5月5日 2年C組 映画研究会 門脇舞以
熊田一葉(くまだ かずは) 12月9日 2年C組 柔道部 佐倉綾音
小泉由佳(こいずみ ゆか) 8月6日 1年生 ダンス部 豊田萌絵
九重忍(ここのえ しのぶ) 9月15日 3年C組 ビリヤード同好会 桑島法子
相楽エミ(さがら えみ) 11月8日 2年B組 大道芸研究会 東山奈央
櫻井明音(さくらい あかね) 11月20日 2年C組 放送委員会 佐藤利奈
篠宮りさ(しのみや りさ) 4月8日 2年生 生徒会 日笠陽子
鈴河凜乃(すずかわ りの) 8月10日 2年B組 水泳部 加藤英美里
高崎瑠依(たかさき るい) 3月19日 2年A組 英語研究会 田村奈央
武内未美(たけうち みみ) 6月30日 2年生 ヨガ同好会 辻美優
玉井麗巳(たまい れみ) 1月31日 3年C組 ゴルフ部 下屋則子
時谷小瑠璃(ときたに こるり) 11月29日 3年C組 手芸部 田村ゆかり
戸村美知留(とむら みちる) 6月26日 2年C組 阿澄佳奈
螺子川来夢(ねじかわ らいむ) 6月10日 2年A組 ロボット研究部 豊崎愛生
葉月柚子(はづき ゆずこ) 6月16日 1年A組 ラクロス部 石原夏織
羽鳥晶(はとり あきら) 2月17日 2年A組 バスケ部 後藤香織
林田希羅(はやしだ きら) 7月18日 1年C組 応援団 森嵜美穂
早見英子(はやみ えいこ) 10月23日 2年C組 サッカー部 加隈亜衣
春宮つぐみ(はるみや つぐみ) 5月5日 2年C組 陸上部 高垣彩陽
東野梓(ひがしの あずさ) 9月12日 2年B組 卓球部
姫島木乃子(ひめじま きのこ) 6月3日 2年C組 水橋かおり
芙来田伊吹(ふきた いぶき) 1月26日 1年生 囲碁部
古谷朱里(ふるや しゅり) 6月18日 2年C組 考古学研究会 小清水亜美
皆口英里(みなぐち えり) 8月14日 2年B組 ソフトボール部 楠田亜衣奈
宮内希(みやうち のぞみ) 1月1日 1年C組 映画研究会 広橋涼
山田はな(やまだ はな) 8月31日 2年B組 丸塚香奈
湯川基世(ゆかわ きせ) 1月23日 2年生 科学部 金元寿子
弓削楓(ゆげ かえで)[注 6] 2月14日 3年生
吉川繭子(よしかわ まゆこ) 7月22日 2年B組 大前愛華
蓬田菫(よもぎだ すみれ) 1月8日 2年A組 軽音楽部 五十嵐裕美
李春燕(り ちゅんいぇん) 10月11日 2年A組 中国拳法部 阿部玲子
その他(SWEET,COOL,POP)
荒井薫(あらい かおる) 4月11日 トレーナー 陸上部
久保田友季(くぼた ゆき) 7月12日 トレーナー 水泳部
畑山政子(はたやま まさこ) 11月6日 トレーナー 空手部

期間限定カード[編集]

属性 名前 学年 声優 備考
SWEET 芹那 1年生 芹那 [13]
SWEET 橋本環奈 1年生 橋本環奈 [14]
SWEET 吉野屋先生 松来未祐 ひだまりスケッチ×ハニカム』との
コラボレーション[15][16][17]
SWEET ゆの 2年生 阿澄佳奈
POP 宮子 2年生 水橋かおり
POP 乃莉 1年生 原田ひとみ
POP なずな 1年生 小見川千明

キャラクター設定[編集]

椎名 心実 (しいな ここみ)
新体操部に所属する2年生で、メインキャラクターの一人。5月31日生まれのふたご座。血液型はO型。常に敬語で話す。
文武両道、優等生でなんでもオールマイティーにこなすが、どこか天然気質で朝に弱い。世界各国のアロマキャンドルを集めており、いい香りが大好き。
"可愛い"の基準が他人と少々ずれており、微妙な見た目の動物や人形でも可愛いと反応する。3年生の笹原野々花に憧れている。
櫻井 明音 (さくらい あかね)
放送部に所属する2年生であり、メインキャラクターの一人。11月20に生まれのさそり座。血液型はA型
明るく機転が利いて、気配りも出来るクラスの頼れる人気者。マイクを持つとノリがよくなり、熱い実況者になる。
ポニーテールにはこだわりがあり、マイゴールデンポイントを日々研究している。シュシュをたくさん持っており、シュシュ収集は趣味の一つ。
村上 文緒 (むらかみ ふみお)
図書委員である3年生で、メインキャラクターの一人。11月2日生まれのさそり座。血液型はB型。常に敬語で話す。
無口でクールな図書室の華と思われているが、実際は感情表現で口下手。親切心で何かいっても、無愛想で端的な調子で誤解される自分に内心落ち込むことが多い。
なかなか上手く他人と打ち解けられないが、それでも図書室の常連や積極的にアプローチしてくれる打たれ強い人々とは、少し困ったり苦労しつつ、感謝して付き合っている。
クロエ・ルメール (Chloe Lemaire)
フランスからの留学生である3年生で、メインキャラクターの一人。日本文化研究会に所属している。3月8日生まれのうお座。血液型はO型。常に敬語で話す。
アニメ、歴史・文化など広く日本のことに興味を持ち、日々勉強している。留学中になるべく多くの土地を回ろうと旅行をし、特に寺社仏閣を好んで訪れる。
日常会話には充分な日本語力を持つが、妙な言葉に詳しかったり普通の単語を知らない時もあるが、その都度喜んで学習している模様。

ネットラジオ[編集]

2013年10月8日から、HiBiKi Radio Stationにて「ガルフレラジオ〜エレナと木乃子の秘密の放課後〜」が配信中[6]。 第3回以降は毎回ゲストが登場する形式になっている。更新は毎週火曜日正午。配信期限は配信日から1週間。

出演:原田ひとみ(望月エレナ役)、水橋かおり(姫島木乃子役)
コーナー
ガルフレ図鑑(第1~52回)
『ガールフレンド(仮)』の登場キャラクターを紹介するコーナー。
好感度アップ↑ダウン↓
女の子に対しての脳内シチュエーションを募集し、好感度が上がるか下がるか判定するコーナー。
聖櫻学園 応援団
応援して欲しい事柄を募集し、「スイート」、「クール」、「ポップ」の属性をランダムで選び応援するコーナー。
聖櫻学園 音楽室
エレナと木乃子の2人に言ってほしい台詞を募集し、毎回コーナーのジングルとして使用する。
エレナと木乃子の『女子部!』
萌える女子の言動・シチュエーションを募集して発表する。
聖櫻学園 秘密の放課後!
リスナーの秘密にしていることを募集して発表していく。
聖櫻学園 バトルロワイヤル
バーソナリティの2人に対決してほしい企画を募集し、実際に対決していく。
配信リスト
配信日 パーソナリティー
第1回 2013年
10月8日
原田ひとみ、水橋かおり
第2回 10月15日 原田ひとみ、水橋かおり
第3回 10月22日 原田ひとみ、水橋かおり、小見川千明(石田いすき役)
第4回 10月29日 水橋かおり、渡部優衣(上条るい役)
第5回 11月5日 原田ひとみ、田村睦心(君嶋里琉役)
第6回 11月12日 水橋かおり、津田美波(鴫野睦役)
第7回 11月19日 原田ひとみ、水橋かおり、内山夕実(栢嶋乙女役)
第8回 11月26日 原田ひとみ、水橋かおり、東山奈央(相楽エミ役)
第9回 12月3日 原田ひとみ、水橋かおり、斎藤楓子(雪風真弥役)
第10回 12月10日 原田ひとみ、水橋かおり、山口立花子(綾小路美麗役)
第11回 12月17日 水橋かおり、大坪由佳(掛井園美役)
第12回 12月24日 原田ひとみ、内田彩(長谷川美卯役)
第13回 12月31日 水橋かおり、広橋涼(宮内希役)
第14回 2014年
1月7日
原田ひとみ、高橋美佳子(白鳥詩織役)
第15回 1月14日 原田ひとみ、水橋かおり、丹下桜(クロエ・ルメール役)
第16回 1月21日 原田ひとみ、水橋かおり、森島亜梨紗(竜ヶ崎珠里椏役)
第17回 1月28日 原田ひとみ、三上枝織(森園芽以役)
第18回 2月4日 水橋かおり、村川梨衣(白瀬つづり役)
第19回 2月11日 原田ひとみ、茅原実里(夏目真尋役)
第20回 2月18日 水橋かおり、名塚佳織(村上文緒・西野彩音役)
第21回 2月25日 原田ひとみ、後藤香織(羽鳥晶役)
第22回 3月4日 原田ひとみ、水橋かおり、福原香織(三嶋ゆらら役)
第23回 3月11日 原田ひとみ、水橋かおり、羅弘美(五代律役)
第24回 3月18日 水橋かおり、米澤円(新垣雛菜役)
第25回 3月25日 原田ひとみ、水橋かおり、原紗友里(南田七星役)
第26回 4月1日 原田ひとみ、水橋かおり、荒川美穂(柊真琴役)
第27回 4月8日 原田ひとみ、楠田亜衣奈(皆口英里役)
第28回 4月15日 原田ひとみ、水橋かおり、田村奈央(高崎瑠依役)
第29回 4月22日 原田ひとみ、水橋かおり、東城日沙子(南條クミコ役)
第30回 4月29日 原田ひとみ、金元寿子(湯川基世役)
第31回 5月6日 水橋かおり、丸塚香奈(山田はな役)
第32回 5月13日 原田ひとみ、藤田咲(押井知役)
第33回 5月20日 水橋かおり、儀武ゆう子(小野寺千鶴・成瀬まなみ役)
第34回 5月27日 原田ひとみ、宝木久美(伊勢崎郁歩役)
第35回 6月3日 水橋かおり、阿部玲子(李春燕役)
第36回 6月10日 水橋かおり、楠浩子(川上瀬莉役)
第37回 6月17日 原田ひとみ、伊藤かな恵(佐伯鞠香役)
第38回 6月24日 水橋かおり、伊藤静(飛原鋭子役)
第39回 7月1日 原田ひとみ、水橋かおり、伊藤美来(浅見景役)
第40回 7月7日 原田ひとみ、たかはし智秋(皆藤蜜子役)
第41回 7月14日 水橋かおり、白石涼子(霧生典子役)
第42回 7月21日 原田ひとみ、悠木碧(不知火五十鈴役)
第43回 7月28日 原田ひとみ、水橋かおり、吉岡沙知(円城寺小菊役)
第44回 8月5日 原田ひとみ、水橋かおり、森嵜美穂(林田希羅役)
第45回 8月12日 原田ひとみ、水橋かおり、門脇舞以(桐山優月役)
第46回 8月19日 原田ひとみ、井上喜久子(天都かなた役)
第47回 8月26日 原田ひとみ、水橋かおり、日高里菜(優木苗役)
第48回 9月2日 原田ひとみ、豊田萌絵(小泉由佳役)
第49回 9月9日 水橋かおり、井ノ上奈々(川淵一美役)
第50回 9月16日 原田ひとみ、水橋かおり、佐藤利奈(櫻井明音役)
第51回 9月23日 原田ひとみ、小林ゆう(神崎ミコト役)
第52回 9月30日 水橋かおり、松井恵理子(三科果歩役)
第53回 10月7日 原田ひとみ、水橋かおり
第54回 10月14日 原田ひとみ、水橋かおり
第55回 10月21日 原田ひとみ、水橋かおり
第56回 10月28日 原田ひとみ、水橋かおり
第57回 11月4日 原田ひとみ、水橋かおり、丹下桜
第58回 11月11日 原田ひとみ、水橋かおり
第59回 11月18日 原田ひとみ、水橋かおり
第60回 11月25日 原田ひとみ、水橋かおり
第61回 12月2日 原田ひとみ、水橋かおり
第62回 12月9日 水橋かおり、名塚佳織
第63回 12月16日 水橋かおり、名塚佳織

漫画[編集]

ガールフレンド(仮)椎名心実編 〜恋してマドンナ〜』のタイトルで『電撃マオウ』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス)2014年9月号より連載中。作画は秋奈つかこ

また、『ガールフレンド(仮)マガジン』にも以下の漫画が連載されている。

  • ガールフレンド(仮) 村上文緒編 〜Secret Smile〜(作画:瀬口たかひろ
  • ガールフレンド(仮) クロエ・ルメール編 〜クロエと日本と未来のトビラ〜(作画:アズマサワヨシ
  • ガールフレンド(仮) 櫻井明音編 〜心をこめて、勇気のOn Airi〜(作画:kakao
  • があるふれんど(かり) 〜聖櫻学園 girl's diary〜(作画:な!

書籍[編集]

  • 『ガールフレンド(仮) 学園名簿』(コスミック出版)
    2013年3月28日発売。ローソン限定販売。内容は立ち絵、カード絵、プロフィールが掲載されている。特典としてゲーム内アイテムのシリアルコードが同梱された[18]
  • 『ガールフレンド(仮) 公式ビジュアルファンブック』(エンターブレイン
    2013年8月8日発売。キャラクター紹介、イラスト、インタビューが掲載されている[19]
  • 『ガールフレンド(仮)マガジン』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス)
    2014年8月22日創刊(電撃ホビーマガジン増刊)、月刊[20]

テレビアニメ[編集]

2014年10月より、テレビ東京ほかにて放送中。アニメ化はゲーム開発当初から構想されており[21]、2年の時を経てようやく実現した[21]。女性声優のオールスター・キャストで注目を集めている[21]

放送開始前週には事前特番が放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - ガールフレンド(仮)
  • キャラクター原案 - QP:flapper(小原トメ太、さくら小春)
  • 監修・チーフライター - 横手美智子
  • 監督 - 林直孝
  • ストーリー原案・キャラクター設定原案 - 南郷智行、松木亜砂子
  • キャラクターデザイン - 堤谷典子
  • コスチュームデザイン - 佐々木睦美
  • プロップデザイン - 井本美穂
  • 美術監督 - 江島浩一
  • 美術設定 - 工藤由美
  • 色彩設計 - 重冨英里
  • 撮影監督 - 佐藤敦
  • CG監督 - 濱村敏郎
  • 編集 - 三嶋章紀
  • 音響監督 - 山田陽
  • 音楽 - 川井憲次
  • 音楽制作 - バップ
  • プロデューサー - 細谷伸之、延山将和、加藤英治
  • プロデュース - Age Global Networks
  • アニメーションプロデューサー - 金子逸人、丸亮二
  • アニメーション制作 - SILVER LINK.
  • アニメーション制作協力 - C-station
  • 製作 - ガールフレンド(仮)製作委員会

主題歌[編集]

オープニングテーマ「楽しきトキメキ」
作詞・作曲・編曲 - 新屋豊
歌 - にゅーろん★くりぃむそふと[風町陽歌(早見沙織)、黒川凪子(後藤沙緒里)、蓬田菫(五十嵐裕美)、朝比奈桃子(小倉唯)、江藤くるみ(洲崎綾)]
第4話から映像を大幅に変更。ハイタッチでバトンをつなぐ映像となり、にゅーろん★くりぃむそふともBメロで登場する。
エンディングテーマ
「はれるかなぁ」
作詞・作曲・編曲 - 新屋豊 / 歌 - 椎名心実(佐藤聡美)
「進化系Girl」(第9話)
作詞・作曲・編曲 - 新屋豊
歌 - にゅーろん★くりぃむそふと[風町陽歌(早見沙織)、黒川凪子(後藤沙緒里)、蓬田菫(五十嵐裕美)、朝比奈桃子(小倉唯)、江藤くるみ(洲崎綾)]
  • 公式サイト、CDパッケージ発売についての補足
テレビアニメ公式サイトにて、オープニングCD・エンディングCDの発売日時が2014年10月10日に記載されているが発売していません。また、同関連サイトにも発売したなどの記載も無い。その後、通販サイトなどによりBD/DVD第1巻の特典に付いて来る事が記載されるも公式サイトの修正や変更が無いので注意。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
1話 はじめての約束 横手美智子 林直孝 笹原嘉文 平田和也、山吉一幸
澤入祐樹、佐藤香織
堤谷典子
堤谷典子
2話 ブルー・メロンパン 下山健人 岩畑剛一 立仙裕俊 佐々木睦美 -
3話 カメラとショートケーキ 佐々木奈文 二瓶勇一 榎本守 平田和也、山吉一幸
澤入祐樹、佐藤香織
北原章雄、水野隆宏
佐々木睦美
4話 猫と雨の夜 吉田玲子 林直孝 田村正文 遠藤大輔、森元温子 堤谷典子
5話 ダージリンをみんなと 高山カツヒコ 岩畑剛一 井上圭介 出野喜則、平田和也
古谷梨絵、澤入祐樹
野田めぐみ、秋山泰彦
佐藤香織、池津寿恵
佐々木睦美
6話 スイート・ビター・ポテト 下山健人 二瓶勇一 稲本隆史 渡邊亜彩美 堤谷典子
7話 ドギー&スクランブル 高山カツヒコ ワタナベシンイチ 小野田雄亮 古川英樹、古谷梨絵
藤原未来男、水野隆宏
佐々木睦美
8話 クリームソーダの向こう 佐々木なふみ 山村遥 田村正文 田村正文、遠藤大輔 堤谷典子
9話 進化系Girl 横手美智子 二瓶勇一 神保昌登 平田和也、山吉一幸
氏家嘉宏、佐藤香織
澤入祐樹、出野喜則
古谷梨絵、さのえり
佐々木睦美
10話 プリンセス&プライド 吉田玲子 川口敬一郎 稲本隆史 森元温子 堤谷典子
11話 さよならア・ラ・モード 横手美智子 小野学 玉村仁 秋山泰彦、氏家嘉宏
佐藤香織、手島典子
平田和也、古谷梨絵
藤原未来夫、澤入祐樹
池津寿恵、森川侑紀
佐々木睦美

放送局[編集]

日本国内 テレビ放送 / 放送期間および放送時間[22]
放送期間 放送時間 放送局 (放送系列) 対象地域・備考 [23]
2014年10月13日 - 月曜 1:35 - 2:05 (日曜深夜) テレビ東京テレビ東京系列 関東広域圏
2014年10月21日 - 火曜 1:15 - 1:45 (月曜深夜) テレビ大阪 (テレビ東京系列) 大阪府
火曜 2:35 - 3:05 (月曜深夜) テレビ愛知 (テレビ東京系列) 愛知県
2014年10月23日 - 木曜 22:30 - 23:00 AT-X (テレビ東京系列CS放送 日本全域 / リピート放送あり
2014年10月25日 - 土曜 1:35 - 2:05 (金曜深夜) 奈良テレビ独立局[24] 奈良県
なお、地上波での提供読みは(前述の事前特番も含め)クロエ・ルメール役の丹下が担当している。

ネット配信[編集]

日本国内 ネット配信 / 放送期間および放送時間[25]
放送・更新期間 放送・更新時間 サイト (ネット事業者) 備考
2014年10月14日 - 火曜 22:30 - 23:00 放送 ニコニコ生放送ニワンゴ
2014年10月21日 - 火曜 12:00 更新 ニコニコチャンネル (ニワンゴ)
dアニメストア (ドコモ・アニメストア) 見放題サービス利用者は全話見放題
2014年10月28日 - バンダイチャンネルバンダイ 第1話・第2話を同時配信

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2015年1月21日予定 第1話 - 第3話 VPXY-71364 VPBY-14377
2 2015年2月25日予定 第4話 - 第6話 VPXY-71365 VPBY-14378
3 2015年3月25日予定 第7話 - 第9話 VPXY-71366 VPBY-14379
4 2015年4月22日予定 第10話 - 第12話 VPXY-71367 VPBY-14380

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ シナリオ制作/監修・キャラクター設定制作。
  2. ^ タイトルに「(仮)」とあるが、これが正式な名称である。元は仮題だったのであるが、チーム内で「運命の子を探しにいくまでの“(仮)”」という意味づけがなされ、そのまま正式採用となった[3]
  3. ^ サービス開始前はキャラクターデザイン担当とアナウンスされていた。
  4. ^ レベルが100を超えると与えられるパラメータは2に下がる。この他、登校を進めたりともだちを作ることでもパラメータが与えられる。
  5. ^ レベル上限のカードでは10%。
  6. ^ a b c d e 同社のiPhoneアプリ「萌えガチャ」からのキャラクター。
  7. ^ ミュ〜コミ+プラス』とのコラボレーション[12]

出典[編集]

  1. ^ 豪華すぎる声優陣が出演するAmeba『ガールフレンド(仮)』の魅力とは? あまりにも美しすぎるプロデューサーに聞く!”. ファミ通app. エンターブレイン (2012年10月26日). 2014年9月5日閲覧。
  2. ^ a b 「開発スタッフに聞く! GFアルファトーク」、『ガールフレンド(仮)マガジン』#01、KADOKAWA アスキー・メディアワークス、2014年8月22日、 83頁、2014年9月5日閲覧。
  3. ^ 『ガールフレンド(仮)』を未経験の女性Pがつくれた秘訣に迫る(前編):召喚★アプリ神”. 週アスPLUS. アスキー・メディアワークス (2014年8月21日). 2014年11月6日閲覧。
  4. ^ 【まとめ】『ガールフレンド(仮)』青春のまとめページ”. ファミ通App (2013年3月22日). 2013年9月10日閲覧。
  5. ^ サイバーエージェントの『ガールフレンド(仮)』が会員数200万人突破 増加ペースが加速!”. Social Game Info (2013年5月10日). 2013年9月10日閲覧。
  6. ^ a b Amebaスマホ「ガールフレンド(仮)」の会員数が300万人--ネットラジオでPR展開CNET Japan, 2013年9月27日)
  7. ^ 『ガールフレンド(仮)』の会員数が400万人を突破! 豪華アイテムがもらえる記念キャンペーン実施”. 電撃ONLINE (2014年1月29日). 2014年5月6日閲覧。
  8. ^ サイバーエージェント 2014年9月期 第2四半期決算説明会資料 (PDF)”. サイバーエージェント. 2014年5月6日閲覧。
  9. ^ 学園カードゲーム「ガールフレンド(仮)」にて、 「ガールフレンド(仮)公式ビジュアルファンブック」発売決定”. サイバーエージェント (2013年6月27日). 2013年9月10日閲覧。
  10. ^ 「Ameba」のスマートフォン向けプラットフォームにて総勢60名以上の声優が出演する学園カードゲーム「ガールフレンド(仮)」を提供 事前登録を10月4日より開始”. サイバーエージェント (2012年10月4日). 2013年9月10日閲覧。
  11. ^ 『ガールフレンド(仮)』のアニメ化が決定!コミック連載もスタート”. ファミ通App (2014年6月25日). 2014年6月27日閲覧。
  12. ^ いよいよ来週、石田いすきの配信スタート!!”. ニッポン放送 (2013年7月27日). 2013年9月10日閲覧。
  13. ^ 芹那が『ガールフレンド(仮)』のコスプレ姿で記者会見に登場!! 芹那の限定カードがもらえるキャンペーンが開始”. ファミ通App (2013年1月28日). 2013年9月10日閲覧。
  14. ^ 「ガールフレンド(仮)」、橋本環奈さん起用の新テレビCMを放送開始”. GAME Watch (2014年4月28日). 2014年4月28日閲覧。
  15. ^ 『ひだまりスケッチ』のあのキャラが限定ボイスとともに『ガールフレンド(仮)』に!”. ファミ通App (2013年3月1日). 2013年9月10日閲覧。
  16. ^ 期間限定「ひだまりスケッチ×ハニカム」コラボキャンペーン開催中♪”. ガールフレンド(仮)公式ブログ (2013年5月15日). 2013年9月10日閲覧。
  17. ^ 期間限定「ひだまりスケッチ×ハニカム」コラボキャンペーン開催中♪”. ガールフレンド(仮)公式ブログ (2013年7月30日). 2013年9月10日閲覧。
  18. ^ Ameba『ガールフレンド(仮)』のイラストブック「ガールフレンド(仮) 学園名簿」が発売!”. アプリパーティ (2013年3月28日). 2013年10月9日閲覧。
  19. ^ 学園カードゲーム「ガールフレンド(仮)」にて、「ガールフレンド(仮)公式ビジュアルファンブック」発売決定”. 株式会社サイバーエージェント (2013年6月27日). 2013年10月9日閲覧。
  20. ^ “『ガールフレンド(仮)マガジン』が8月22日より刊行開始! 『ガールフレンド(仮)』のSRカード2枚が手に入るシリアルコードつき”. 電撃ONLINE. (2014年8月22日). http://dengekionline.com/elem/000/000/911/911134/ 2014年9月2日閲覧。 
  21. ^ a b c 声優の「オールスター大感謝祭」的作品に?佐藤聡美ら登壇、ガールフレンド(仮)アニメ製作発表会レポ”. アニメ!アニメ!. イード (2014年7月19日). 2014年7月21日閲覧。
  22. ^ ガールフレンド(仮) アニメ公式ホームページ”. 2014年10月20日閲覧。
  23. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引員会. p. 2 (2009年10月9日). 2014年8月19日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2014年8月19日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会 (Dpa). 2014年8月19日閲覧。
  24. ^ 事前特番は放送せず
  25. ^ ガールフレンド(仮) アニメ公式ホームページ”. 2014年10月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京 月曜1:35枠(日曜深夜)
前番組 番組名 次番組
ガールフレンド(仮)