ガラパゴスヒタキモドキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガラパゴスヒタキモドキ
ガラパゴスヒタキモドキ前面
ガラパゴスヒタキモドキ Myiarchus magnirostris
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: タイランチョウ科 Tyrannidae
: オオヒタキモドキ属 Myiarchus
: ガラパゴスヒタキモドキ
M. magnirostris
学名
Myiarchus magnirostris
(Gould, 1838)
和名
ガラパゴスヒタキモドキ
英名
Galapagos Flycatcher
Large-billed Flycatcher

ガラパゴスヒタキモドキ (Myiarchus magnirostris) は、スズメ目タイランチョウ科鳥類の1種である。本種は、かつて「跗蹠が非常に長い」との考えに基づき、独立した属 Eribates に置かれた。英名ではGalapagos Flycatcher であるが、Large-billed Flycatcher の名でも知られる[1]

ガラパゴスヒタキモドキ背面

分布[編集]

ガラパゴス諸島の固有種であり、主な島々すべてに生息する。

生息地は、熱帯乾燥林およびサボテンの生える熱帯の乾燥低木地である。

形態[編集]

全長16cmで[1]ベニタイランチョウよりやや大きいが[2]、オオヒタキモドキ属のうち最も小型の種類となる。雌雄同色[2]。頭部および上面は灰褐色であり[1]、頸や喉は淡灰色で、胸から腹は淡黄色[2]。翼を閉じると淡色の翼帯が2本ある[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Swash, Andy; Still, Rob Birds, Mammals and Reptiles of the Galápagos Islands (2 nd ed.). London: Christopher Helm. (2005). p. 92. ISBN 978-0-7136-7551-1. 
  2. ^ a b c d Isabel Castro and Antonia Phillips, A Guide to The Birds of the Galápagos Islands, Prinston University Press, (1996) p. 119. ISBN 0-691-01225-3.

参考文献[編集]