ガラパゴスゾウガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガラパゴスゾウガメ
Galapagos Geochelone nigra porteri.jpg
亜種サンタクルスゾウガメ Geochelone nigra porteri
保全状況評価
VULNERABLE (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[1]
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: カメ目 Testudines
亜目 : 潜頸亜目 Cryptodira
上科 : リクガメ上科 Testudinidea
: リクガメ科 Testudinidae
: リクガメ属 Geochelone
亜属 : Chelonoides
: ガラパゴスゾウガメ G. nigra
学名
Geochelone nigra
(Quoy & Gaimard, 1824)
和名
ガラパゴスゾウガメ
英名
Galápagos giant tortoise
亜種ベックゾウガメ
G. n. becki
亜種サンクリストバルゾウガメ
G. n. chathamensis
亜種サンタクルスゾウガメ
G. n. porteri
絶滅亜種ピンタゾウガメ
G. n. abingdoni
ロンサム・ジョージ

ガラパゴスゾウガメGeochelone nigra)は、リクガメ科リクガメ属Chelonoides属に分類する説もあり)に分類されるカメ。もしくは複数種の総称。

分布[編集]

エクアドルガラパゴス諸島固有種。 なお、「ガラパゴス諸島」の名は、当初発見されたゾウガメの甲羅が馬の鞍に似ていたことから、スペイン語で馬の鞍を意味する galápago に由来する。

G. n. becki ベックゾウガメ イサベラ島(ウォルフ火山)
G. n. chathamensis サンクリストバルゾウガメ サン・クリストバル島
G. n. darwini サンサルバドルゾウガメ サンチャゴ島
G. n. ephippium ピンソンゾウガメ ピンソン島
G. n. guentheri ギュンターゾウガメ イサベラ島(シエラ・ネグラ火山)
G. n. hoodensis エスパニョラゾウガメ エスパニョラ島
G. n. microphyes ウスカワゾウガメ イサベラ島(ダーウィン火山)
G. n. porteri サンタクルスゾウガメ サンタ・クルス島
G. n. vandenburghi バンデルバーグゾウガメ イサベラ島(アルセド火山)
G. n. vinica セロアスルゾウガメ イサベラ島(セロ・アスル火山)

絶滅亜種[編集]

G. n. abingdoni ピンタゾウガメ ピンタ島
G. n. nigra フロレアナゾウガメ サンタ・マリーア島(フロレアーナ島)
G. n. phantastica フェルナンディナゾウガメ フェルナンディナ島

形態[編集]

最大甲長130cmとリクガメ科最大種。体重300kg。背甲に筋状の盛り上がり(キール)は見られない。

鼻孔は円形で、アルダブラゾウガメと区別できる。

島ごとにそれぞれ亜種が存在し、背甲にドーム型、鞍型、中間型の形状の違いが見られることが、チャールズ・ダーウィン進化論の着想を得るきっかけのひとつとなった。一般的に餌となる植物の多い場所にはドーム型が、少ないところには低木やサボテン等を食べるため背甲が反り返った鞍型が生息するとされる。しかし背甲の形態と生息環境の因果関係は未だ証明されていない(食用とされた経緯から人為分布による、亜種間雑種が含まれるとされる)。

G. n. abingdoni ピンタゾウガメ 背甲は鞍型。背甲前部の反り返りは顕著。
G. n. becki ベックゾウガメ 背甲は鞍型。
G. n. chathamensis サンクリストバルゾウガメ 背甲は鞍型。
G. n. darwini サンサルバドルゾウガメ 背甲は鞍型。
G. n. ephippium ピンソンゾウガメ 背甲は鞍型。
G. n. guentheri ギュンターゾウガメ 背甲は中間型。
G. n. hoodensis エスパニョラゾウガメ 背甲は鞍型。最大でも甲長80cm程の最小亜種。
G. n. microphyes ウスカワゾウガメ 背甲は中間型。
G. n. porteri サンタクルスゾウガメ 背甲はドーム型。最大亜種。
G. n. vandenburghi バンデルバーグゾウガメ 背甲はドーム型。
G. n. vicina セロアスルゾウガメ 背甲は中間型。

亜種[編集]

12-15亜種に分けられる。亜種を独立種とする説もある。

  • Geochelone nigra abingdoni Günther1877 ピンタゾウガメ Abingdon Island tortoise(2012年絶滅)
  • Geochelone nigra becki Rothschild1901 ベックゾウガメ Volcan Wolf tortoise
  • Geochelone nigra chathamensis Van Denburgh1907 サンクリストバルゾウガメ Chatham Island toroise
  • Geochelone nigra darwini Van Denburgh1907 サンサルバドルゾウガメ James Island tortoise
  • Geochelone nigra ephippium Günther1875 ピンソンゾウガメ Duncan Island tortoise
  • Geochelone nigra guentheri Baur, 1889 ギュンターゾウガメ Volcan Sierra Negra tortoise
  • Geochelone nigra hoodensis Van Denburgh1907 エスパニョラゾウガメ Hood Island tortoise
  • Geochelone nigra microphyes Günther1875 ウスカワゾウガメ Volcan Darwin tortoise
  • Geochelone nigra porteri Rothschild1903 サンタクルスゾウガメ Indefatigable island tortoise
  • Geochelone nigra vandenburghi DeSola, 1930 バンデルバーグゾウガメ Volcan Alcedo tortoise
  • Geochelone nigra vicina Günther1875 セロアスルゾウガメ Volcan Cerro Azul tortoise

絶滅亜種[編集]

  • Geochelone nigra nigra (Quoy & Gaimard1824) サンタマリアゾウガメ
  • Geochelone nigra phantastica  フェルナンディナゾウガメ
  • Geochelone nigra wallacei - ラビダ島 亜種かどうか疑問視する声もある。

生態[編集]

草原森林、岩場等の様々な環境に生息する。(生息する島の環境にもよると思われる。)成体に自然界で天敵はいないと思われるが、卵や幼体の天敵としてはガラパゴスノスリや人為的に持ちこまれたイヌやネコ、ブタ、ネズミ等が挙げられる。以前は食用として乱獲されていたため、人間も天敵の1つだったといえる。

食性は植物食で、樹木やウチワサボテン等の果実等を食べる。新陳代謝が低く、また体内に水分を大量に蓄えることができるため、飲まず食わずでも最長1年程度生きることもある。

繁殖形態は卵生で1回に3-30個前後の卵を数回に分けて産む。カメは声帯がなく、一般的に声を出さないが、本種のオスは交尾の際に呼吸する際の空気の摩擦で、うなり声のような声を発することが知られている。

小鳥フィンチ共生しており、フィンチが古い皮膚を食べることで皮膚にまとわりつく寄生虫の掃除をしている。

人間との関係[編集]

他のガラパゴス諸島の生物と同様に天敵が存在しなかったことから人間を警戒せず、捕鯨船の食用や燃料の油として大量に捕獲され、また家畜の移入で草木が減り生息地が破壊され、一時絶滅の危機に瀕した[3]

亜種ピンタゾウガメは長らく絶滅したと思われていたが、1972年に再発見され、ジョージと名づけられ、チャールズ・ダーウィン研究所で飼育されていた。事実上最後の一頭であり、ロンサム・ジョージ(孤独なジョージ)と呼ばれている。しかし、2012年6月24日に、ロンサム・ジョージの死亡が確認されたため、純粋なピンタゾウガメは絶滅した可能性が高い事になる[3][4]

亜種ピンソンゾウガメや亜種エスパニョラゾウガメは野生絶滅寸前まで減少したが、飼育下繁殖させた個体を野生に戻すプログラムが進められ、個体数は増加傾向にあるとされる。諸島全体で約2万頭が生息する[4][5]

G. n. nigra サンタマリアゾウガメ EXTINCT (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))[6]
Status iucn2.3 EX.svg
G. n. abingdoni ピンタゾウガメ
G. n. ephippium ピンソンゾウガメ EXTINCT IN THE WILD (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))[7][8]
Status iucn2.3 EW.svg
G. n. hoodensis エスパニョラゾウガメ CRITICALLY ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))[9]
Status iucn2.3 CR.svg
G. n. darwini サンサルバドルゾウガメ ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))[10][11][12][13]
Status iucn2.3 EN.svg
G. n. guentheri ギュンターゾウガメ
G. n. porteri サンタクルスゾウガメ
G. n. vicina セロアスルゾウガメ
G. n. becki ベックゾウガメ VULNERABLE (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))[14][15][16][17]
Status iucn2.3 VU.svg
G. n. chathamensis サンクリストバルゾウガメ
G. n. microphyes ウスカワゾウガメ
G. n. vandenburghi バンデルバーグゾウガメ

日本で飼育実績のある施設[編集]

日本では恩賜上野動物園iZoo(イズー)の2か所で飼育されている。上野は「タロウ」(1969年2月21日から飼育されており推定1930年以前産まれで上野動物園の最長寿動物)及び「カメ吉」(1939年以前産まれ)。iZooは「ラック」(1985年7月19日アメリカ合衆国より輸入。1886年以前産まれ)。「ラック」は日本で飼育されている最大のガラパゴスゾウガメである。

脚注[編集]

  1. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ ワシントン条約記載種、タクサリスト
  3. ^ a b ロンサム・ジョージ、仲間が生存か2012年11月19日 ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 2013-4-2閲覧
  4. ^ a b ゾウガメ「孤独なジョージ」死ぬ ガラパゴスの象徴-47NEWS(よんななニュース)2012/06/25 12:05 共同通信 2013-4-2閲覧
  5. ^ ガラパゴスのゾウガメ、絶滅の危機から脱却=調査
  6. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra ssp. nigra. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  7. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra ssp. abingdoni. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  8. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra ssp. duncanensis. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  9. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra ssp. hoodensis. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  10. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra ssp. darwini. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  11. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra ssp. guentheri. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  12. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra ssp. porteri. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  13. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra ssp. vicina. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  14. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra ssp. becki. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  15. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra ssp. chathamensis. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  16. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra ssp. microphyes. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  17. ^ Tortoise & Freshwater Turtle Specialist Group 1996. Chelonoidis nigra ssp. vandenburghi. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.

参考文献[編集]

  • 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社、1984年、137頁。
  • 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、195頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館、2004年、79頁。
  • 山田和久 『爬虫・両生類ビジュアルガイド リクガメ』、誠文堂新光社、2005年、18頁。

関連項目[編集]