ガラス玉演戯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガラス玉演戯 Das Glasperlenspiel』は、、ドイツの作家ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)が、1946年ノーベル文学賞を受賞する直接の契機となった小説で、最も長編作品である。初刊は亡命生活にあったヘッセが、第2次世界大戦の最中(1943年)に小部数で出している。

訳書は、ヘッセと交流のあった高橋健二訳(「ヘッセ全集」ほか)が長年絶版で、古書以外では入手困難だったが、2004年にブッキングで復刊した。

近年「日本ヘルマン・ヘッセ友の会・研究会編」の新訳(「ヘッセ全集15 ガラス玉遊戯」、臨川書店)が出版された。

主人公は、様々な遍歴と彷徨を経て、学芸の精粋を究め高い地位に就くが、“常に新しく始める覚悟がなければならない”と考え、つつましい仕事に向かってゆく。本作以降のヘッセは、小説をほとんど書かず、詩や随想が主となった。

日本語訳[編集]

  • ガラス玉遊戯 井手賁夫訳 角川文庫(上下)、1955(復刊1989)
  • ガラス玉遊戯 登張正実訳 ヘルマン・ヘッセ全集 三笠書房、1958
  • ガラス玉演戯 高橋健二訳 ヘルマン・ヘッセ全集:新潮社、1958 のち新潮文庫(上下)
    • ほかに、新版「ヘルマン・ヘッセ全集9」、「新潮世界文学37 ヘッセⅡ」各新潮社
  • ガラス玉遊戯 日本ヘルマン・ヘッセ友の会・研究会 編訳 「ヘルマン・ヘッセ全集15」 臨川書店、2007