ガブリエル・フォン・ヴァイディッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガブリエル・フォン・ヴァイディッチGabriel von Wayditch, 1888年12月28日 - 1969年7月28日)はハンガリー出身のアメリカ合衆国作曲家。生前に14作のグランドオペラを作曲した。

略歴[編集]

父アロイジウス・ヴァイディッチ・フォン・ヴェルボヴァツ(Aloysius Wayditch von Verbovac)はペーチ大学の哲学教授で、母ヘレーナ・フォン・ドーンホーフ(Helena von Donhoff)はプロイセン貴族男爵)の娘であった。知的な家庭環境に育ち、ブダペスト王立音楽院に進んでハンス・ケスラーに作曲を、エミール・フォン・ザウアーピアノを学ぶ。1911年に渡米して劇場指揮者として活動を続ける間、人知れずブロンクスの自宅でオペラの作曲に勤しんだ[1]

存命中に舞台化されたオペラは、フリッツ・マーラーフィラデルフィア音楽院において指揮した《(Horus)》のみである。ヴァイディッチの手の込んだオペラは、たいてい百名あまりの楽団員と頻繁な舞台転換を必要としている。初期のオペラは後期ロマン主義様式に則っているのに対して、後年の作品は不協和になってはいるものの、決して無調を採用してはいない。台本は、ほとんどがマジャル語で書かれ、古い時代のはるか異国の地や、あるいはよその惑星を舞台に、込み入った歴史神話を描き出している。ヴァイディッチの驚異的な作品は、生前は知られてはいなかったが、歿後に関心が深まり、《カリフの魔術師スーとサー(The Caliph's Magician: Suh and Sah)》はブダペスト国立歌劇場附属管弦楽団によって、《ヘロデ王の眼前のイエス(Jesus Before Herod)》はサンディエゴ交響楽団によって商業的に録音された[2]

註記[編集]

  1. ^ http://www.newmusicbox.org/page.nmbx?id=28hf04
  2. ^ http://www.vaimusic.com/CD/1095.htm