ガブリエル・タフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイラー・レックス
タイラー・レックスの画像
プロフィール
リングネーム タイラー・レックス
ゲイブ・タフト
本名 ガブリエル・アレン・タフト
身長 196cm
体重 112kg
誕生日 1978年11月1日(36歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンフランシスコ
トレーナー マイク・ベル
デビュー 2007年
テンプレートを表示

ガブリエル・タフトGabriel Allen Tuft1978年11月1日 - )はアメリカ合衆国プロレスラータイラー・レックス(Tyler Reks)のリングネームでWWESmackDown!に所属していた。

経歴[編集]

2007年UPWでデビュー。2008年WWEとディベロップメント契約を結びFCWに送られる。

FCW所属当初は本名にちなんだゲイブ・タフトのリングネームで活動しているが、2009年からタイラー・レックスに改名している。改名後はFCWフロリダタッグチーム王座、FCWフロリダヘビー級王座を獲得するなど活躍した。

6月30日にWWEに昇格し、サーファーギミックでECWに登場。デビューから2週続けてザック・ライダーに連敗するが、7月21日のECWでポール・バーチルから初勝利を挙げる。

その後、同時に昇格したヨシ・タツとタッグを組んでウィリアム・リーガル、ポール・バーチルと短期間の抗争を組まれるがパッとせず徐々にフェードアウトしていく。

12月21日に開催されたRAWダーク・マッチで泣き言をまくしたてるギミックのヒールに転向する。[1]

しかし、ヒール転向後もハウス・ショーSmackdown!ダークマッチでの登場機会が中心であり、テレビ放送から姿を消している。2010年2月にECWが放送終了となったため、Smackdown!所属になるが、FCWでの再調整が続いた。2010年10月15日の放送において久々の登場。チームRAW対チームSmackDown!での選抜を賭けた試合でビッグショーとのシングルマッチに5分間耐えきったカヴァルに選抜として相応しくないと挑発。セオドア・ロングが査定試合をするよう提案し、手負いのカヴァルからフォールを奪い、選抜を勝ち取った。

カート・ホーキンス&タイラー・レックス

10月24日、PPVのブラッギング・ライツにチームSmackDown!の一員として登場。先発として出場し、サンティーノ・マレラからフォールを奪い、チームSmackDown!の勝利に貢献した。

2011年4月末に行われた追加ドラフトでRAWに移籍した。

RAW移籍後はしばらくの間本放送に登場できなかったが、9月8日のスーパースターズでカート・ホーキンスとのタッグで久々に本放送に登場、タイタス・オニールパーシー・ワトソン組と対戦し勝利した(なお、この放送から髪型をサーファーギミック時代のものに戻している)。その後ホーキンスと共にNXTに参戦しオニール、ワトソン組やウーソズと抗争。その後、NXTを取り仕切っているマット・ストライカーウィリアム・リーガルに反発する姿勢を取り始め、ストライカーを拉致監禁するという行動に出た。そのことでリーガルの怒りを買いホーキンスとの敗者追放戦を組まれてタッグは崩壊、試合には勝利したものの自身も追放処分となった(この脚本に伴ってWWEの公式ページからもプロフィールが一時期削除されている)。しかし、ホーキンスとすぐさま和解、共にチケットを購入しNXTの会場に潜入するなど裏工作を続け、ついには当時のRAW、スマックダウンの両GMだったジョン・ロウリネイティスの支持を得ることに成功しNXTに復帰した。 ローリネイティス失脚後も、ギミック上彼の復帰を信じているとし、ローリネイティスの現役時代のコスチュームを模したタイツを着用。

2012年8月に本人の意思により契約を解除した。理由は家族との時間を優先させるためとしている。

得意技[編集]

  • キルジョイ
相手をカナディアン・バックブリーカーで持ち上げた後、横須賀カッターのように回転させると同時に自身も180度左に旋回してDDTのように落とす技。2012年1月17日放送のNXTでトレント・バレッタ相手にフィニッシャーとして使用した。
  • バーニングハンマー(リバース・デスバレードライバー)
キルジョイの前のフィニッシャー。
スプリングボード式ムーンサルトである。
コーナーポスト際で仕掛けて、ポストの最下段に相手の頭を強打させる形で繰り出すこともある。

獲得タイトル[編集]

入場曲[編集]

  • Gasoline Upcharge
  • Hang Ten
  • One Two Three (Underscore Version)
  • Tyrannosaurus (One Two Threeのリミックス)
  • In The Middle Of It Now (ホーキンスとタッグを組む際に使用することがある)

脚注[編集]

  1. ^ RAWTV結果”. WWEスーパースターYoshi Tatsu公式ブログSanctuary. 2009年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]