ガブリエル・コールマン転位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガブリエル・コールマン転位(ガブリエル・コールマンてんい、Gabriel-Colman rearrangement)は、フタルイミド酢酸エステル(2)と強塩基から置換イソキノリン(3)を形成する化学反応である[1][2][3][4]

ガブリエル・コールマン転位

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Gabriel, S.; Colman, J. Ber. 1900, 33, 980 & 996 & 2630.
  2. ^ Gabriel, S.; Colman, J. Ber. 1902, 35, 2421.
  3. ^ Allen, C. F. H. Chem. Rev. 1950, 47, 275. (Review)
  4. ^ Hill, J. H. M. J. Org. Chem. 1965, 30, 620.

関連項目[編集]