ガブリエル・ガードナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガブリエル・ガードナー
Gabriel GARDNER
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1976年3月18日(38歳)
出身地 カリフォルニア州サンディエゴ
ラテン文字 Gabriel GARDNER
身長 209cm
体重 100kg
選手情報
愛称 ゲイブ(Gabe)
ポジション OP
利き手
スパイク 353cm
ブロック 335cm
 
獲得メダル
Flag of the United States.svg アメリカ合衆国
オリンピック
2008 男子バレーボール
テンプレートを表示

ガブリエル・ブライアン・ガードナー(Gabriel Bryan Gardner、1976年3月18日 - )は、アメリカ合衆国の元男子バレーボール選手[1][2]。ポジションはオポジット。元バレーボールアメリカ合衆国男子代表。愛称はゲイブ(Gabe)[2]

来歴[編集]

サンディエゴ生まれ、サン・クレメンテ英語版育ち[1]。オリンピック関連資料やイタリア・セリエA公式記録[3]ではサンディエゴを出身地としているが、自身のホームページ[1]アメリカオリンピック委員会資料[2]などではサン・クレメンテを出身地(: Hometown)としている。4人兄弟でその長男フィニー・ガードナーは元水球アメリカ代表選手[2]

サンクレメンテ高校英語版出身[1]。このころ、バレーボールと並行して水球のゴールキーパーとしてプレーし、1995年オレンジ郡年間最優秀アスリートに選ばれている[1][2]。その後、南カリフォルニア大学からスタンフォード大学へ転入する[2]。スタンフォードでは人間生物学を専攻、現在の妻とも出会い、2人は当時在学中だったセルゲイ・ブリン達とダブルデートをした経験がある[2]。バレーボールはUSCトロージャンズで2シーズン、スタンフォード・カーディナル(Stanford Cardinal)で1年間プレーし、1995年夏季ユニバーシアードアメリカ代表に選ばれ、1997年スタンフォード時代からアメリカ代表に選出されて以降代表選手として活躍した[2][4]

2000年、ギリシャA1EAパトラギリシャ語版スペイン・スーパーリガスペイン語版CVアグアス・デ・ウエルバ(Club Voleibol Aguas de Huelva)に所属するも、両チームともチーム財政の問題により短期で終わる[1]。2001年、ギリシャA1のEAPオリンピアスギリシャ語版に所属[1]

2002年、南米に移りアルゼンチン・セリエAスペイン語版クラブ・シウダー・デ・ボリバルスペイン語版に移籍すると、リーグ優勝に貢献する[1][4]。翌2003年、ブラジルECウニオン・スザノポルトガル語版に移籍する[1]。このシーズン終了後2004年、アテネ五輪アメリカ代表に選出され、4位入賞[2]

2004年五輪終了後、トルコ1部のエルデミルSK(Erdemir Spor Kulübü)へ移籍、このシーズンのリーグ戦31勝0敗と無敗優勝に貢献した[1][4]。2005年、VリーグJTサンダーズに在籍[1][4]、同シーズン得点王およびベスト6賞受賞。2006年からトルコに戻りイスタンブールBBトルコ語版に移籍、同シーズン得点王[1][3]2007年バレーボール・ワールドリーグで3位、同年北米選手権優勝[2]

2007年、イタリア・セリエA1のスパークリング・ミラノイタリア語版へ移籍するも[3]、財政的な問題により同シーズン終了後チーム解散となった[1]。このシーズン終了後の2008年北京五輪アメリカ代表に選出され、金メダルを獲得した[2]

2008年ロシア・スーパーリーグウラル・ウファ、2009年トルコのフェネルバフチェSKに移籍し[3]、フェネルバフチェではリーグ優勝に貢献する。2010年、再びイタリア・セリエA2のサー・セイフティ・ウンブリア・バレーイタリア語版に移籍するも、シーズン終了を待たずに登録抹消される[3]。一方でアメリカ代表としては、2012年バレーボール・ワールドリーグが最後の大会となり、準優勝で終わった[2]

現在は米国バレーボール協会理事のほか、不動産投資会社役員などビジネスマンとして活躍している[5]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m BIO” (英語). ガードナー公式HP. 2014年11月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l GABE GARDNER” (英語). アメリカオリンピック委員会 (2012年10月). 2014年11月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e Gabriel Gardner” (イタリア語). セリエA. 2014年11月12日閲覧。
  4. ^ a b c d JT、ガードナー獲得 米国代表のエース”. 中国新聞 (2005年7月13日). 2014年11月12日閲覧。
  5. ^ Gabriel Gardner”. Marcus & Millichap. 2014年11月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]