ガノデリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ganoderic acid A
識別情報
CAS登録番号 81907-62-2
PubChem 471002
ChemSpider 413668
特性
化学式 C30H44O7
モル質量 516.67
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ガノデリン酸(Ganoderic acid)は、マンネンタケ属(Ganoderma)のキノコで見られるラノステロール由来のトリテルペンである。数千年の間、マンネンタケ属の子実体は、東アジアで伝統医療に用いられてきた[1]。そのため、薬理作用を持つ化学物質の同定が行われてきた。単離、同定された中には、数十のガノデリン酸も含まれ、その中でガノデリン酸A及びガノデリン酸Bは最もよく特性が調べられた。いくつかのガノデリン酸は、肝臓防護、抗がん作用[2]3-オキソ-5α-ステロイド-4-デヒドロゲナーゼ阻害作用[3]を示すことが知られている。

出典[編集]

  1. ^ T. Mizuno, G. Wang, J. Zhang, H. Kawagishi, T. Nishitoba, J. Li. Ganoderma lucidum and Ganoderma tsugae: Bioactive substances and medicinal effects. Food Rev. Intern. (1995) 11: 151-166.
  2. ^ G. Wang, J. Zhao, J. Liu, Y. Huang, J.J. Zhong, W. Tang. Enhancement of IL-2 and IFN-gamma expression and NK cells activity involved in the anti-tumor effect of ganoderic acid Me in vivo. International Immunopharmacology (2007) 7: 864-870.
  3. ^ J. Liu, K. Kurashiki, K. Shimizu, R. Kondo. Structure-activity relationship for inhibition of 5alpha-reductase by triterpenoids isolated from Ganoderma lucidum. Bioorganic & Medicinal Chemistry (2006) 14: 8654-8660.