ガッサン・ハージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガッサン・ハージ(Ghassan Hage, 1957年 - )は、オーストラリアの人類学者、社会学者。専門は、精神分析人類学。ジャック・ラカンの精神分析を応用し、オーストラリアの多文化主義について研究。

レバノンベイルート生まれ。1976年にオーストラリアに移住。現在、メルボルン大学准教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • White Nation: Fantasies of White Supremacy in a Multicultural Society, (Pluto Press, 1998).
保苅実塩原良和訳『ホワイト・ネイション――ネオ・ナショナリズム批判』(平凡社, 2003年)
  • Against Paranoid Nationalism: Searching for Hope in a Shrinking Society, (Pluto Press, 2003).
塩原良和訳『希望の分配メカニズム――パラノイア・ナショナリズム批判』(御茶の水書房, 2008年)

編著[編集]

  • Arab-Australians Today: Citizenship and Belonging, (Melbourne University Press, 2002).