ガス警報器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガス警報器(2センサタイプ 新コスモス電機製 XZ-193G型)

ガス警報器またはガス検知器: Gas detector)とは、漏れた燃料用ガス不完全燃焼によって生じた一酸化炭素(CO)を検知して警報を発する装置である。

概要[編集]

都市ガスLPガスといった燃料用ガスには、漏洩が人間にもわかるように意図的に臭い(タマネギが腐ったような臭い)を付けている。しかし、ガス漏れが起きた場所に人が居なかったり、就寝中などの場合、臭いに気づかない場合がある。また、近年の住宅は高気密化されているため、換気せずに室内でガス器具を使い続けると不完全燃焼を起こして一酸化炭素が発生する危険性が高い。そこでガス漏れや不完全燃焼の発生を警報音によって知らせることで事故を未然に防止する。

センサ数の違い[編集]

1センサタイプ[編集]

燃料ガスのみを検知するタイプ。都市ガス用とLPガス用がある(一酸化炭素のみを検出するタイプは不完全燃焼警報器と呼ばれる)。

2センサタイプ[編集]

燃料ガスと一酸化炭素を検知するタイプ。現在販売されているのは都市ガス用のみである。

3センサタイプ[編集]

燃料ガスと一酸化炭素に加え、火災も検知できるタイプ。対応する燃料ガスは都市ガス用とLPガス用があり、さらに火災検知方式は煙式と熱式がある。

警報方式[編集]

単体警報方式[編集]

ガス警報器本体から警報音が鳴るだけの方式。警報音は、単なるブザー音の他、最近では音声で警報するタイプも多い。警報音声はほとんどのメーカーの製品で以下のようになっている。

  • 燃料ガス検知時ピッピッピッピッ、ガスが漏れていませんか?
  • 一酸化炭素検知時ピッポッピッポッ、空気が汚れて危険です。窓を開けて換気してください。
  • 火災検知時警報音、火災警報器が作動しました。確認してください。警報音は機種によって様々である)

戸外ブザー方式[編集]

上記の単体警報方式の機能に加えて、建物の戸外にも警報ブザーを設置し、近所の人達にも異常を知らせることができる。

集中監視方式[編集]

ビルマンション等に採用される方式で、消防法の基準を満たすものはガス漏れ火災警報設備と呼ばれる。上記の単体警報方式の機能に加えて、管理人室などにガス漏れ受信機を設置し、建物のどの場所で異常が発生したかが分かるシステムである。
マンションの場合は、各住戸内のインターホン親機が受信機の機能を有し、住戸内、住戸玄関、管理室で警報を発する方式が一般的である。

検知方式[編集]

燃料ガスの検知方式[編集]

半導体式[編集]

半導体の表面にガスが吸着することによって半導体の電気抵抗が減少することで検知する。

接触燃焼式[編集]

電流を流している白金線にガスが接触すると微小な燃焼を起こし、白金線の電気抵抗が増加することで検知する。

気体熱伝導式[編集]

空気とガスはそれぞれ熱伝導度が異なるため、電流を流している白金線(普段は空気に触れている)にガスが接触するとその温度が変化する。その結果電気抵抗も変化することで検知する。

付加機能[編集]

ガス警報器には異常時に警報を発する他に、外部機器を接続することでガス会社警備会社に自動的に通報したり、ガスメーターに接続することで自動的にガスの供給を停止する機能を持ったものもある。

設置や維持管理・注意点[編集]

設置位置[編集]

空気より軽いガス(殆どの都市ガス)の場合、検知部が天井面から30cm以内かつ燃焼器具から4m以内になるように設置する。空気より重いガス(LPガスと一部の都市ガス)の場合、検知部が床面から30cm以内かつ燃焼器具から4m以内になるように設置する。なお、下記のような場所には設置してはならない。

空気より軽いガスの場合[編集]

  • ガス器具からの排気や湯気・油煙等が直接かかる場所
  • ドア付近など風通しの良い場所
  • 空気吹き出し口から1.5m以内の場所
  • 周囲温度が-10℃以下又は50℃以上になるおそれのある場所
  • 電源にAC100Vを使うものにあっては、浴室内や水しぶきのかかる場所

空気より重いガスの場合[編集]

  • 出入口付近や換気口の空気吹出し口から1.5m以内の外気が流通する場所
  • 床面に20cm以上の段差があり、低い方にガス器具がある場合、床の高い方の区域
  • 床面と棚板等で仕切られている壁面、又ガス器具と警報器との間に、間仕切があり漏洩ガスの流れを妨げる場所
  • 周囲温度が-10℃以下又は40℃以上になるおそれのある場所。
  • 電源にAC100Vを使うものにあっては浴室内及び水しぶきが散る場所

維持管理[編集]

ガス警報器には有効期限がある(警報器本体に有効期限が記載されたシールが貼ってある)ので、期限が切れたものは交換する必要がある(たいていのガス会社は有効期限をコンピュータに入力して一括管理するので、交換時期が近付くと連絡が入る)。 また、月に一度は点検口より付属の試験ガスを認識させ、正しく動作することを確認する。

その他注意点[編集]

  • ガス警報器が鳴り出した場合、うるさいからといって即座に電源プラグを抜く行為は危険である。もし本当にガス漏れであった場合、プラグを抜くことで発生した電気火花でガスに引火し爆発する恐れがあるためである。また、明らかに誤作動で鳴ったと分かった場合は抜いても特に危険はないが、抜いたまま放置しないように注意する必要がある。
  • ガス警報器は、ガス漏れや不完全燃焼以外の原因でも作動することがある。例えば、警報器付近で缶スプレーを使用した場合(噴射剤として可燃性ガスが使われている為)やみりんを使った調理の湯気が誤作動の原因として挙げられる。また、警報器の直近で放屁した場合も作動する(ABCテレビ探偵!ナイトスクープ』で行われた実験による)。

メーカー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ガス警報器工業会