ガスパール・ド・プロニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gaspard de Prony

ガスパール・ド・プロニー(Gaspard Clair Francois Marie Riche de Prony、1755年7月22日 - 1839年7月29日)はフランスの数学者工学者である。水力学の分野で、管の摩擦損失の式の導出や、動力計の発明、数学の分野では対数三角関数表の作成をおこなった。

ローヌ県のChameletに生まれた。国立土木学校の主任技術者を務めた。

1792年から、『台帳』(Cadastre)という名の対数表、三角関数表の作成を始めた。ルジャンドルら数学者の助けを得、70人から80人の助手を1年使って膨大な数表を製作した。大きすぎる表は、完全な形で出版されることはなく、その1部が出版されたのも数年たった後である。

水力学の分野では1812年に、『プロニー・プレーキ』と呼ばれる機械や発動機の性能を測定する装置を開発し、流体の管摩擦損失を見積もるプロニーの式を導いた。現在使われている、管摩擦損失のダルシー・ワイスバッハ(Darcy-Weisbach)の式に先駆けるものである。

流体の管摩擦損失に関するプロニーの式[編集]

流体の管摩擦損失h_f

h_f = \frac{L}{D} (aV + bV^2)

ここでL/Dは管の長さLと径Dの比 Vは流体の速度である。a,bは定数である。

外部リンク[編集]