ガザ政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガザ地区政府
ガザ政府の旗 Palestinian National Authority COA.svg
地域の旗 国章
地域の標語:不明
地域の歌:Biladi(祖国)
ガザ政府の位置
公用語 パレスチナ・アラビア語
主都 ガザ
最大の都市 ガザ
政府
立法評議会議長 アズィーズ・ドゥワイク
首相 イスマーイール・ハニーヤ
面積
総計 360km2N/A
水面積率 不明
人口
総計(2005年 1,376,289人(N/A
人口密度 3,823人/km2
実効支配
独自統治 2007年6月14日
通貨 新シェケルJOD, ILS
時間帯 UTC +2(DST:+3)
ISO 3166-1 不明
ccTLD 不明
国際電話番号 不明

ガザ政府(ガザせいふ)は、パレスチナ自治区ガザ地区実効支配しているイスラーム主義組織ハマース単独の政府である。

概要[編集]

2007年ガザの戦闘で、ファタハを駆逐してガザ地区の統治権を確立したハマースが、パレスチナ自治政府マフムード・アッバース大統領による内閣解散の命令を拒否してガザ地区で引き続き内閣を組織した。

これにより、パレスチナには二つの政府が存在することとなり、ヨルダン川西岸とガザに事実上分断した状態となった。

近年の動向[編集]

2012年9月、内閣改造が行われた[1]

2012年10月23日カタールハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニー首長が、2007年にハマースがガザを制圧して以来外国元首として初めてガザ地区を訪問し、ハニーヤ首相などと会談、ハマド首長はインフラ整備のための支援を表明した[2]

2013年1月、マレーシアの首相ナジブ・ラザクがガザ地区を訪問した[3]

2013年5月、著名ウラマーユースフ・アル=カラダーウィー率いる14カ国50人からなる使節団がガザを訪問した[4]

ファタハとハマースの対立、西岸政府との分裂状態が解消され、2014年6月2日、暫定統一政府が発足、首相には西岸側のラーミー・ハムダッラーが就任した[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]