ガザロス・サリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガザロス・サリアン

ガザロス・サリアンアルメニア文字:Ղազարոս Սարյան, ラテン文字:Ghazaros Saryan, 1920年9月30日 - 1998年5月27日)は、アルメニア作曲家ロシア語風にラーザリ・サリアンキリル文字:Лазарь Мартиросович Сарьян)とも呼ばれる。

ロストフ・ナ・ドヌ出身。父のマルティロス・サリアンは画家、祖父のガザロス・アガヤンは作家だった。1934年から1938年までエレバン音楽院で学んだ後、モスクワに出てグネーシン音楽大学ヴィッサリオン・シェバリーン作曲を学んだ。

1941年独ソ戦が勃発すると、サリアンは徴兵されて1945年まで軍務についた。戦後、モスクワ音楽院に入学してドミトリー・カバレフスキードミートリイ・ショスタコーヴィチアナトーリー・アレクサンドロフに作曲を師事し、1950年に卒業した。

アルメニアに戻った後、エレバン音楽院の管弦楽法の教授となり、1955年から1956年にはアルメニア作曲家連盟の議長を務めた。1960年にエレバン音楽院の学長に就任し、1986年まで在職した。教え子にはティグラン・マンスリアンらがいる。

1983年にはアルメニア共和国人民芸術家、1991年にはソ連人民芸術家の称号を得るなど、多くの賞を獲得した。

作品には表面的な美しさと冒険的なリズム和声が同居している。

作品[編集]

管弦楽曲[編集]

  • 交響詩(1950)
  • 祝典序曲(1957)
  • 弦楽のためのアダージョと舞曲(1957)
  • セレナーデ(1959)
  • 交響的パネル「アルメニア」(1966)
  • ヴァイオリン協奏曲(1972)
  • 交響曲(1980)
  • パッサカリア(1994)
  • ファンファーレ(1996)
  • アンダンテとプレスト(1997)

声楽曲[編集]

  • 平和の歌(1951)
  • 平和の日(1953)

室内楽曲[編集]

  • 主題と変奏~ピアノのための(1947)
  • ソナタ第1番~チェロとピアノのための(1948)
  • 弦楽四重奏曲第1番(1949)
  • 舞曲~ピアノのための(1955)
  • コンサートピース~トランペットとピアノのための(1962)
  • アリアとトッカータ~ヴァイオリンとピアノのための(1966)
  • 弦楽四重奏曲第2番(1986)
  • ソナタ第2番~チェロとピアノのための(1989)

文献[編集]

  • Արաքսի Սարյան, Ղազարոս Սարյանը եվ նրա ժամանակը, Аракси Сарьян, Дазарь Сарьян и Его Время. «Արճեշ» հրատարակչություն, Yerevan 2001.