ガザリ・シャフィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガザリ・シャフィ
生年月日 1922年3月22日
出生地 パハン州クアラ・リピス
没年月日 2010年1月24日(87歳)
死没地 スランゴール州スバン・ジャヤ
所属政党 統一マレー国民組織 (UMNO)
配偶者 トー・プアン・カティジャー・アブドゥル・マジド

自治大臣
任期 1973年 - 1981年

外務大臣
任期 1981年 - 1984年
テンプレートを表示

トゥン・ムハンマド・ガザリ・シャフィマレー語: Muhammad Ghazali Shafie1922年3月22日 - 2010年1月24日)は、マレーシアの政治家。外務大臣や自治大臣を務めた。

パハン州クアラ・リピスに生まれた[1]第二次世界大戦の日本軍によるマレーシア占領時はウェールズ大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学び[2]、日本軍に対する秘密抵抗運動に加わった。その後、公務員勤めから政治家に転身[2]。1973年から81年まで住宅・情報大臣を、84年まで外務大臣を務めた。外相として彼はASEAN外交でカンボジア紛争に重点を置き[2]、「派手な政治家」[2]とか「キング・ガズ」(King Ghaz)とか呼ばれた[3]

1982年、ガザリは自身が操縦する飛行機で墜落事故を起こした[3]。これによりボディーガードと副操縦士は亡くなったものの、ガザリは一命を取り留めた。しかし、ガザリが亡くなったというような記事もニューヨークタイムズなどで出された[4][5]。後にガザリの検死を担当した検死官は非難を浴びた[6]。政界引退後は企業や国際機関の役職を歴任した[1]

2010年1月24日午後7時45分、ガザリはスバン・ジャヤの自宅で死去し[7]、遺体はクアラルンプールマスジッド・ネガラの墓地に埋葬された[8]。妻のトー・プアン・カティジャー・アブドゥル・マジドとは2008年4月に先立たれていた。夫妻の二人の息子は2010年現在も生きている[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b “'King Ghaz' Remembered As No-nonsense Man”. Bernama. (2010年1月25日). http://www.bernama.com/bernama/v5/newsindex.php?id=470778 2010年1月25日閲覧。 
  2. ^ a b c d Leifer, Michael (2001). Dictionary of the modern politics of South-East Asia (3rd ed.). Taylor & Francis. pp. 121. ISBN 0415238757. http://books.google.com.au/books?id=PeNmkSi54DQC&dq=%22ghazali+shafie%22&source=gbs_navlinks_s 2010年1月25日閲覧。. 
  3. ^ a b “Ghazali Shafie Dies”. Bernama. (2010年1月25日). http://www.bernama.com/bernama/v5/newsindex.php?id=470780 2010年1月25日閲覧。 
  4. ^ “Mohammad Ghazali bin Shafie, Malaysian official, dies in crash”. New York Times. (1982年1月11日). http://www.nytimes.com/1982/01/11/obituaries/mohammed-ghazali-bin-shafie-malaysian-official-dies-in-crash.html 2010年1月25日閲覧。 
  5. ^ “Envoy Survives”. The Pittsburgh Press (United Press International). (1982年1月11日). http://news.google.com.au/newspapers?id=XAsfAAAAIBAJ&sjid=FpYEAAAAIBAJ&pg=5700,4726343&dq=ghazali-shafie+obituary&hl=en 2010年1月25日閲覧。 
  6. ^ “Minister blamed”. The Montreal Gazette. (1983年6月23日). http://news.google.com.au/newspapers?id=80MwAAAAIBAJ&sjid=h6UFAAAAIBAJ&pg=6700,944426&dq=ghazali-shafie+crash&hl=en 2010年1月25日閲覧。 
  7. ^ “Ghazali Shafie dies”. The Star (Malaysia). (2010年1月24日). http://thestar.com.my/news/story.asp?file=/2010/1/24/nation/20100124235104&sec=nation 2010年1月25日閲覧。 
  8. ^ “"King Ghaz" buried at Warriors' Mausoleum”. mysinchew.com. (2010年1月25日). http://www.mysinchew.com/node/34477 2010年1月25日閲覧。 
  9. ^ “'King' Ghaz dies”. The Malaysian Insider. (2010年1月25日). http://www.themalaysianinsider.com/index.php/malaysia/50654-king-ghaz-dies 2010年1月25日閲覧。