ガオラン・カウイチット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガオラン・カウイチット
基本情報
通称 ムエタイの生ける伝説
階級 ミドル級K-1
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 1978年5月12日(36歳)
出身地 タイ王国の旗 タイ
身長 177cm
体重 68kg
スタイル ムエタイ
テンプレートを表示

ガオラン・カウイチットKaolan Koawichit、男性、1978年5月12日 - )は、タイ出身のナックモエ

来歴[編集]

1997年9月13日、ルンピニースタジアムのジュニアライト級2位にランクインしていたガオランは、同級7位のサームコー・チョー・ラチャタスパックと対戦。技量の差で圧倒され、判定負けした[1]

2002年5月11日K-1 WORLD MAX 2002のトーナメント1回戦では張加撥(ジャン・ジャポー)に判定勝ち、準決勝では小比類巻貴之にKO勝ち、決勝ではアルバート・クラウスに右フックでKO負け、準優勝に終わった。

戦績[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 石黒竜也 1R 2:33 KO(右肩脱臼) ニュージャパンキックボクシング連盟
「ADVANCE VI 〜前進〜 MUAYTHAI OPEN」
2006年7月2日
× 加藤督朗 2R KO ルンピニー・スタジアム
【WPMF世界ウェルター級王者決定戦】
2004年4月17日
× 佐藤嘉洋 3分5R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「HURRICANE BLOW」
【WKA世界ムエタイウェルター級タイトルマッチ】
2003年8月17日
清水貴彦 3分5R終了 判定1-0 全日本キックボクシング連盟「KICK OUT」 2003年7月20日
× アルバート・クラウス 1R 1:00 KO(右フック) K-1 WORLD MAX 2002 〜世界一決定戦〜
【決勝】
2002年5月11日
小比類巻貴之 2R 2:42 KO(右膝蹴り) K-1 WORLD MAX 2002 〜世界一決定戦〜
【準決勝】
2002年5月11日
張加撥(ジャン・ジャポー) 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2002 〜世界一決定戦〜
【準々決勝】
2002年5月11日

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 著・サヤン・チャンシリ、訳・吉川敬子「MUAY-THAI EXPRESS」、『ゴング格闘技』第30巻第12巻(通巻418号)、日本スポーツ出版社、東京都文京区、1997年12月23日、 88頁、2010年2月19日閲覧。

外部リンク[編集]