ガウデアムス国際現代音楽演奏コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガウデアムス国際現代音楽演奏コンクール International Gaudeamus Interpreters Competitionオランダで行われる演奏コンクール。

概要[編集]

現代音楽の演奏家の振興のためにオランダで開催され、程なくして国際化した。規約はかなり変動が大きかったが、直近25年間の現代音楽の既発表または未発表作品と「現代音楽の古典」と呼ばれた作曲家の中から60分程度のプログラムを作成し、審査員の選択によって演奏するシステムだった。オランダ人あるいはオランダ在住の作曲家の作品を一曲入れる事が「課題」であった。あとはすべて自由。都市もいくつか移動した。

このシステムのおかげで本選でシェーンベルクの組曲を演奏したピアニストが1位、オランダ人の作品が審査員判断で演奏されなかったフルーティストが入選といった事態が2009年に起こり、大問題となった。

オランダ音楽情報センターの「解散」により、2013年度以降の予定はまったく決まっておらず、無期限休会の可能性がうわさされている。ガウデアムス国際現代音楽作曲賞はISCMの本部ユトレヒトへ移転したため、依然継続が可能である。