カー郡 (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス州カー郡
Kerr C IMG 0918.JPG
カービル市にあるカー郡庁舎側面
カー郡の位置を示したテキサス州の地図
郡のテキサス州内の位置
テキサス州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1856年
郡庁所在地 カービル
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,870 km2 (1,108 mi2)
2,865 km2 (1,106 mi2)
5 km2 (2 mi2), 0.14%
人口
 - (2010年)
 - 密度

49,625人
15人/km2 (39人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.co.kerr.tx.us

カー郡: Kerr County)は、アメリカ合衆国テキサス州の中央部、エドワーズ高原に位置するである。2010年国勢調査での人口は49,625人であり、2000年の43,653人から13.7%増加した[1]郡庁所在地カービル市(人口22,347人[2])であり[3]、同郡で人口最大の都市でもある。カー郡は1856年に設立され、郡名は、初期開拓者のジョシュア・D・ブラウンが、友人でテキサス共和国議員を務めたケンタッキー州生まれのジェイムズ・カーに因んで名付けた。カー郡設立の6年前にカーが死んでいたので、この領域に来たことは無かった。

カー郡は、その全体でカービル小都市圏を構成している。

年譜[編集]

  • 紀元前8000年、カー郡となった地域に最初に人類が住むようになった。古代には数多い文化を持った部族が住んでいた。ヨーロッパ人が遭遇したインディアン部族としては、カイオワ族、コマンチ族、リパン・アパッチ族などがいた [4]
  • 1842年、アーデルスフェラインの[5]フィッシャー・ミラー土地特許によって300万エーカー (12,000 km²) の土地が、ドイツ人、オランダ人、スイス人、デンマーク人、スウェーデン人、ノルウェー人の600家族と単身者のために確保された[6]
  • 1844年6月26日、ヘンリー・フランシス・フィッシャーがアーデルスフェラインに対する土地特許の利権を売却した
  • 1845年、ソルムス・ブラウンフェルスのプリンス・カールが、アーデルスフェラインのためにコマールスプリングスと川を含む、1,265エーカー (5 km²) の土地の所有権を確保した。多くのドイツ人移民がマタゴルダ湾インディアナオラの港で降り立って、立ち往生していた。食料や雨風を凌ぐものもなく、地面に穴を掘って暮らし、およそ半数が病気と飢えのために死んだ[7][8]
  • 1846年、ジョシュア・ブラウンが最初の開拓者になった[9]
  • 1854年5月14日-15日、ドイツ人移民によるテキサス州会議がサンアントニオで開催され、政治、社会、および宗教に関する次のような綱領を採択した。1) 平等な労働に対する平等な報酬 2) アメリカ合衆国大統領の直接選挙 3) 死刑の廃止 4) 奴隷制度は悪であり、その廃止は民主主義原則の要求である 5) 大学を含め、宗教の影響無しに州が支援する無料教育 6) 教会と政府の完全な分離[10]
  • 1855年7月8日、アメリカ陸軍のキャンプ・ベルデが設立された[11]
  • 1856年、カー郡がベア郡第2地区から設立された。ジョシュア・ブラウンがカービルの町となる土地を寄付し、友人のジェイムズ・カーに因んで名付けた。カービルが郡庁所在地になった[4]。アメリカ陸軍ラクダ軍団が、ベルデを本拠として作られた。これはアメリカ合衆国陸軍長官ジェファーソン・デイヴィスの考案だった[12]
  • 1859年、センターポイントの町が設立された[13]
  • 1860年-1861年、郡の人口は634人であり、このうち奴隷が49人だった。ドイツ系移民のためにサンズ・オブ・ハーマン支部が結成された。この支部はドイツの伝説上の英雄的族長ハーマン・ザ・チェルスカーに因む名前だった[4]
  • 1861年、テキサス州の連邦からの脱退について、カー郡の住民投票は賛成76票、反対57票と割れ、ドイツ系移民の大半が反対した。カー郡、ジルスピー郡ケンドール郡の北部支持者が、エイブラハム・リンカーン大統領の政策を支持する秘密組織、ユニオン・リーグの結成に参加した[14]
  • 1862年、ユニオン・リーグはフロンティアをインディアンから守り、その家族を南軍から守るために中隊を結成した。良心的兵役拒否者は主にテハーノやドイツ系移民に多かった。南軍指導部はテキサス州中央部に戒厳令を敷いた。キニー郡ではニュエセスの虐殺が起こった。ジェイコブ・クーフラーが良心的兵役拒否者61人をメキシコに逃がす案内役を務めた。スコットランド生まれの南軍非正規兵ジェイムズ・ダフとそのパルティザン・レンジャーが彼等を追跡し、ニュエセス川で追いついた。34人が殺され、捕虜になった後に処刑された者もいた。ジェイコブ・クーフラーは生き残った。この事件の残酷さがジルスピー郡民に衝撃を与えた。2,000人が岡に上ってダフの恐怖政治から逃れた。ジルスピー郡内ハーパーの町に近いスプリングクリーク墓地には、セバード・ヘンダーソン、ハイラム・ネルソン、ガス・テグナー、フランク・スコットの名前が記された1つの墓がある。その碑銘には「ジェイムズ・ダフ大佐の南軍連隊によって、絞首刑にされ、スプリングクリークに投げ込まれた」と記されている[15][16][17]
  • 1866年8月10日、ニュエセスの虐殺で犠牲になったテキサス人のために、トロイエ・デア・ユニオン(連邦への忠誠者)記念碑がコンフォートで除幕された。南軍の領内で国立墓地以外では唯一の北軍に対する記念碑だった。アメリカ合衆国国旗を永続的に半旗で掲揚することが認められている6か所の1つでもある[18][19]
  • 1880年、チャールズ・アーマンド・シュライナーがY・O・牧場を設立した[20]
  • 1887年、サンアントニオ・アンド・アランサスパス鉄道がカービルを通って建設された
  • 1919年、テキサス州のアメリカン・リージョンが、カービル市の退役兵医療センターとなった場所に設立された[21]
  • 1923年、カービル市にシュライナー大学が設立された[22]
  • 1926年、オーラ・ジョンソンが、ハントにキャンプ・ウォルドマー・キリスト教少女キャンプを設立した[23]
  • 1929年、カービル市でムーニー航空機が設立された[24]
  • 1930年、カービル市が「世界のモヘアの首都」と呼ばれるようになった"[4]
  • 1949年、しっど・ピーターソン記念病院が完成した[25]
  • 1951年、カービル州立病院が開設された[26]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,108平方マイル (2,870 km2)であり、このうち陸地1,106平方マイル (2,865 km2)、水域は2平方マイル (5 km2)で水域率は0.14%である[27]

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1860 634
1870 1,042 64.4%
1880 2,168 108.1%
1890 4,462 105.8%
1900 4,980 11.6%
1910 5,505 10.5%
1920 5,842 6.1%
1930 10,151 73.8%
1940 11,650 14.8%
1950 14,022 20.4%
1960 16,800 19.8%
1970 19,454 15.8%
1980 28,780 47.9%
1990 36,304 26.1%
2000 43,653 20.2%
2010 49,625 13.7%
U.S. Decennial Census[28]
Texas Almanac: 1850-2010[29]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 43,653人
  • 世帯数: 17,813 世帯
  • 家族数: 12,308 家族
  • 人口密度: 15人/km2(40人/mi2
  • 住居数: 20,228軒
  • 住居密度: 7軒/km2(18軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 22.7%
  • 18-24歳: 6.7%
  • 25-44歳: 22.2%
  • 45-64歳: 23.5%
  • 65歳以上: 24.9%
  • 年齢の中央値: 44歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 92.0
    • 18歳以上: 87.8

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 25.5%
  • 結婚・同居している夫婦: 56.8%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 9.2%
  • 非家族世帯: 30.9%
  • 単身世帯: 27.5%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 15.0%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.35人
    • 家族: 2.84人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 34,283米ドル
    • 家族: 40,713米ドル
    • 性別
      • 男性: 27,425米ドル
      • 女性: 21,149米ドル
  • 人口1人あたり収入: 19,767米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 14.5%
    • 対家族数: 10.3%
    • 18歳未満: 21.6%
    • 65歳以上: 8.4%

都市と町[編集]

未編入の町[編集]

  • センターポイント
  • ハント
  • マウンテンホーム

大衆文化の中で[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Kerr County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Kerrville, Texas - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ a b c d Odintz, Mark. “Kerr County”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  5. ^ Brister, Louis E.. “Adelsverein”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  6. ^ Ramos, Mary G. “The German Settlements in Central Texas”. Texas Almanac. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  7. ^ Indianola, Texas”. Blueprints For Travel, LLC. 2010年11月13日閲覧。
  8. ^ Block, W T. “The Story of our Texas' German Pilgrims”. Blueprints For Travel, LLC. 2010年11月27日閲覧。
  9. ^ History Kerr County”. Kerr County Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  10. ^ Biesele, R L; The Texas State Convention of Germans in 1854 (April 1930). The Southwestern Historical Quarterly XXXIII (24). 
  11. ^ Camp Verde”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  12. ^ Camel Corps”. Texas Escapes. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC. 2010年11月27日閲覧。
  13. ^ Center Point”. Texas Escapes. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC. 2010年11月27日閲覧。
  14. ^ Moneyhon, Charles H. “The Union League”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  15. ^ Shook, Robert W.. “Duff, James”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  16. ^ Spring Creek Cemetery”. Texas Gen Web. 2010年11月27日閲覧。
  17. ^ Tegener, Gus - Find a Grave(英語)
  18. ^ Treue der UnionMonument”. Blueprints For Travel, LLC. 2010年11月27日閲覧。
  19. ^ List of Dead-Treue Der Union Monument”. Texas Gen Web. 2010年11月27日閲覧。
  20. ^ Hollon, W Eugene. “Charles Schreiner”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  21. ^ Herring, Rebecca. “Veterans Affairs Center-Kerrville”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  22. ^ Baulch, Joe R. “Schreiner University”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  23. ^ Camp Waldemar”. Camp Waldemar. 2010年11月27日閲覧。
  24. ^ Mooney Aircraft”. Mooney Aviation Company, Inc. 2010年11月27日閲覧。
  25. ^ Peterson Regional Medical Center”. Peterson Regional Medical Center. 2010年11月27日閲覧。
  26. ^ Kerrville State Hospital”. State of Texas. 2010年11月27日閲覧。
  27. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  28. ^ U.S. Decennial Census
  29. ^ Texas Almanac: County Population History 1850-2010
  30. ^ Treat, Wesley. “StoneHenge II - A Megalithic Facsimile”. 2011年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯30度04分 西経99度21分 / 北緯30.06度 西経99.35度 / 30.06; -99.35